愛は強し (フィリップ、きみを愛してる!)

PhillipMorris_poster


I Love You Phillip Morris (2009)


主人公ふたりがゲイ、というのはちょっと特殊かも知れないけれど、しかしまぁ、スティーヴン・ラッセルの口八丁手八丁、あの手この手での会社での詐欺や脱獄。頭のいい人なんだなぁ!と感心してたら、彼のIQは169だそうで。

頭の良さをいかしていたなら、それなりにリッチな人生を送っていただろうに、多分彼は虚言癖もあるのかな?きみは本当の自分が分かってないんだ、とフィリップに指摘されるまでもなく、嘘の多い人生なんだよなぁ。

それがフィリップという運命の人に出会っちゃって、もう大爆発!彼のためなら何でもするよ、という献身的な愛。しかしその方法が、詐欺だからなぁ…。フィリップに愛想尽かされても、何度捕まっても、スティーヴンにとっては、ただ一言、愛してる、とフィリップに伝えるためだけにやってることなんだよな。それの何がいけないの?と、全く疑ってないのがスティーヴンという人物なんだろう。


キャストのジム・キャリーとユアン・マクレガーがもうぴったり。ジム・キャリーは、「マスク」みたいなこってこてよか、少し力抜いたほうがこっちも気楽に見られることないか?特に日本人としては。

しかしこの映画のユアン・マクレガーが可憐過ぎて困る。めちゃめちゃかわい子ちゃんじゃんかー!目が、目がきらきらしてるのー。まごうことなき乙女だ。

phillip-morris-ewan-mcgregor.jpg


あとね、すごい理解あるスティーヴンの奥さん。なんだろ。自分の夫が、結婚して子どもまで持った後に、実はゲイです、という事実に打ちのめされはしなかったのかな。別れてもいい関係を築いてるんだよな。


全体的にユーモラスで、見てて明るくなりました。いやー、愛の力って、すごいね!

関連記事

コメント

非公開コメント