アップ、アップ、顔アップ (レ・ミゼラブル)

Les-Miserables-Poster.jpg



Les Misérables(2012)


大ヒット驀進中!しかし私は乗り切れなかったミュージカル。なんでかなー。話に「?」と思うところがたくさんあったから…かな。そんな細かいこと気にすんなよ!と言われてしまえばそれまでなんだけどね。

ジャン・バルジャンが市長さんになって、彼がオーナーの紡績工場で働くファンテーヌがクビなってしまったのを、「私の責任だ」と思ったのがまず疑問のきっかけで。確かにジャベールがいたから、ファンテーヌをかばえなかったのは事実だけど、死を看取り、彼女の子供を引き取る、までは理解できた。が!ジャン・バルジャンの死の間際にやってきたお迎えがファンテーヌってのはなぁ…ふたりはそんなに深いつながりだったのかなー。ここでふたりに感情移入出来てたら、すごく泣けたシーンなのかもしれないけれど(実際泣いてた観客はけっこういたが)。

他にも、あの革命の規模が、前夜あれだけすごく盛りあがって派手にいくのかと思ったら、学生のお遊び的感覚に描かれて、あっという間にいくつか作られてた(と思われる)バリケードも突破されて、マリウスたちのだけが残ってることになってるし。
そのマリウス、負傷した状態でジャン・バルジャンに助けられるけど、あんなばっちい下水道の中を連れまわされたら、絶対雑菌入って死ぬよ!

マリウスはあんだけ革命か、愛か、と悩んでたけど、コゼットにその葛藤が特になかったので、意識のずれが目立ったし。

と、いろいろ突っ込みたくなった。


エポニーヌのエピソードは良かったなぁ。演じるサマンサ・バークスがジュリア・スタイルズに似てた。

上映時間が長くて、最後の方はちょっと疲れたってのもある。

個人的にはヒュー・ジャックマンV.S.ラッセル・クロウのオージー俳優対決が見られたのは良かった。

ヒューは歌声がもう抜群の安定感。見ていて不安いっさいなし。こんだけ出ずっぱりの映画もないね。しかも歌を歌ってるから、常に顔がアップ、アップ、アップ。見終わった後も、ずーっとヒューの顔が脳裏にこびりついてます。

本編はともかく、歌いながら撮影した(歌を別録しなかった)というメイキングはぜひじっくり見てみたい。


しかしヒューがこんだけ全編出ずっぱりなのに、アカデミー賞は取れなかったのかぁ。アン・ハサウェイは受賞できたのに。ダニエル・デイ・ルイスなんてもう2回獲ってるんだから、他の人にあげてやってー!彼と同じ年にノミネートされた人は勝ち目なしね。

個人的には、アカデミー賞当日、受賞して壇上へ向かう階段でコケたジェニファー・ローレンスを手助けしようと、誰よりも早く駆け寄ったヒューに、紳士で賞を贈呈!
関連記事

コメント

非公開コメント