悪いのはテンポとジョニデの顔色か?(チャーリーとチョコレート工場)

Charlie and the Chocolate Factory (2005)

3連休のまんなかを、相方が私の映画が見たいというリクエストに時間を割いてくれたので、「チャーリーとチョコレート工場」へ。
なんだかねー、上映時間が長すぎて間延びした話でした。90分くらいにしてさくさく話を進めてくれたほうが、工場の中に色んなものがあって、びっくり箱のように面白い!的な感じが出てよかったんじゃないかなー。原作はもっとわくわくした感じでしたので、見ててだるかったよ…。
ジョニデもねぇ、奇抜な髪型がとーっても似合ってたけど、いかんせん顔色が悪くて、あまり正視したくなかった…。というわけで、お薦めはリスのシーンかな。あ、あとサルマンが歯科医やってました(爆)。

予告で「エリザベスタウン」を見た相方が、「オーランドは稲垣吾郎に似てる」に爆笑。確かに似てる!ちなみに彼は、「チャーリー〜」のヘレナ・ボナム・カーターを大竹しのぶに似てるとのたもうた。何でも日本人に置き換えるヒトだな(笑)。
関連記事

コメント

非公開コメント