あなた絶対アメコミ好きでしょう~

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」がちょっと観たい私。なぜなら…カール・アーバンが出てるから!彼、絶対アメコミ好きだよね。私としてはキリル@ボーン・スプレマシー や、ウィリアム・クーパー@RED みたいな役どころを希望してるのですが。だから「RED」の続編に彼が出てないことに大不満。

そういや「ミルクのお値段」も、奇跡的に家の近くのレンタル店でVHSで発見して観ることも出来たなぁ。


スタトレは前作観てから行くとより理解できる、面白い、という声も聴くので、本当は予習(復習?)して、それから今作も観て、と、正しい(笑)手順を踏みたいのですが。以前なら絶対前作を観ずして続編を見ることはありえなかったのですが。もう今は時間がなくて、無理だわ。


カールの作品は、前々から言ってるけど「Comanche Moon」(2008)が観たい。なんてったってこれは大好きだった「ロンサム・ダブ~モンタナへの夢~」の主役ふたりの若いころのお話なんですよー♪


Karl Urban




関連記事

コメント

非公開コメント

コーフンの一夜が明けて

こんばんは♪
ありがとうございます、ありがとうございます!
やっとやっと、ようやくボーン・スプレマシー見ることができましたぁ。

なんとまあ前作とは違って気合いの入っていることよ♪
こういうのが見たかってん!!と鼻息荒く雄叫びを上げてしまいましたヨ(心の中で)

いいですねえ。おすすめしていただいてほんと良かったです。(ずいぶん前からしていただいてたのに、我が不明を恥じます。行動遅すぎ)

マット・ボーンのかっこよさを今なら3時間は語れそうですが、おっかけてくるキリル(というのですね)のクールさも半端なくて惚れ惚れでした。
ええわあ♪
でもってこちらにお邪魔しました。

えー、彼はイントゥ・ダークネスにも出てたんですか~。さらに、ロンサムダブの主役二人の若かりし頃の話(!)にも??
借りなくちゃ借りなくちゃ~

色々と素晴らしい情報をありがとうございます☆

コメありがとうございます。「スプレマシー」は語りだしたらもうひたすら止まらないのですが、このブログでは検索で supremacy と入れるといくつも記事が出てきます。ちなみにこのブログの初めての映画レビューは「ボーン・スプレマシー」なのですよ。ふふふふふ。


カール・アーバンは、この秋もアメリカの新ドラマに主役で出ていて、けっこう頑張ってるんですねぇ。日本のメディアにあまり出てこないだけで。

ロンサム・ダヴの続編は、日本ではDVD化されてないんです…。ロンサムのファン、多いと思うんですけどねえ。ぜひぜひって感じです(誰に向かって言ってるんだ?)

追伸

自分でも記事が整理できない状態だったので、タグを付けました。

「エリジウム」の記事についているタグの matt をクリックすると、マット関連の記事がばーっと出てきて、その中にボーン3部作のもたくさん出てきます。アルティメイタムだけよけてもらえれば。お手数お掛けします。