さすがのポール・グリーングラス! (キャプテン・フィリップス)

captain-phillips-poster.jpg



Captain Phillips (2013)


ただ貨物船が出航するだけでドキドキ緊張するのは、ポール・グリーングラスの作品だけ!


…ってなんか、「この先生の作品が読めるのは週刊少年ジャンプだけ!」みたいなノリですが。


どうしてこの監督は、こうもテンションを最初から最高にして、そしてそれを最後まで持たせられるんだろう。前作の「グリーン・ゾーン」はストーリー的にはちょっと残念でしたが、でもやっぱり観賞中ずーっと緊張してたもんなぁ。

今回は珍しく上映時間が長めの134分。そして、前半:海賊が貨物船を乗っ取る、後半:船長が人質に取られて救出されるまで(&アメリカ海軍とネイビーシールズの活躍)、と、分かりやすい2部構成。

たった4人の、しかも少年のような若い男4人で、あんな大きな貨物船を乗っ取っちゃうなんて!あぁそうか、貨物船だから、武装してないのか。そして船の周りに近づけないように、ばんばん放水してても、ボロっちい梯子を掛けてしまえばもうこっちのもの。あっという間にすいすい乗船してきて、本当に乗っ取った…。びっくり。


船長っていうのは、船に関する知識や経験だけじゃないんですね。何でもそうだけど、上に立つ者は、人をまとめる能力がないと。いかにして海賊たちを追い払うか、だけじゃなく、乗務員を守らなければ。そのためには、自身が犠牲を払うことをも惜しんではならないのですね。

救命船に、人質としてそのまま一緒に乗せられてしまった船長に、副船長や他の乗務員が、船長!船長!!と叫ぶシーンが、すごく良かったのですよ。ずっと今まで、淡々と、かつ的確に、テキパキと指示を出してきたフィリップスを、あぁ皆彼に敬意を払って一緒に働いていたのだな、と思えて。


海賊たちも、お国事情が垣間見え、決して、船長たち=善人、海賊=悪人、と、紋切り型の描写ではないのも良い。

金を手に入れたら、俺はアメリカへ行くんだ。そして車を買う。

この海賊の言葉だけで、今置かれている彼の国と彼自身の状況が、はっきり目に見えてくる。そして海賊行為をしても、直接彼に大金が入ってくるわけでもないことを、フィリップス船長は指摘してたけど、その通りなんだろうな。


結局主犯格の海賊ミュゼは逮捕、後の3人は射殺、で事件は幕を下ろすんだけど。射殺を請け負ったシールズのメンバーは、仕事を終わらせて淡々と現場から引き揚げ、救出されたフィリップス船長は、すぐさま医務室に連れて行かれてメディカルチェックを受けるんだけど、ちょっとの間でいいからさ、彼をひとりにして泣かせてやれよ、と思った。あの辺アメリカ人ってあんな感じ?

特に船長は、一番年下の、ガラスで足の裏をケガした海賊には少し同情、というか、おそらく自分の息子と同じくらいの歳だったんだろうね、何かしら思う部分があったので。


この映画のトム・ハンクス。一言で言おう。最高。


いやー、いい映画観たわー!!と大満足。

関連記事

コメント

非公開コメント

あくまで現実的に

トリみどりさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございました。
この映画、ホントよかったですね。
実話、っていうのがビックリする。。あの、ネイビーシールズがボートの中の3人を撃つ場面、あんなことができるのか、と戦慄しました。
救出後の一連のシーンは、私もすごい違和感があった。。情緒も何もないというか、すごいビジネスライクでしたよね。
でも、現実はあんなものなのかもしれないですね。

ところでスケジュール帳ですが、今年は無印でカバーまで買ってしまいました。
チェックでね~、かわいいのよ♪ もちろん赤。
これで「スケジュール帳に書くときバッグの中でペンを探しまわる」問題は解決だわ。

私も、シールズが3人同時に照準合わせて一気に片づけるシーンには戦慄しました。思うに、アメリカは巨大な国になりすぎて、敵もいっぱいいるから国を守るための技術や人間は惜しみなく投資してるように感じました。

船長はあの後、乗り合わせた船員達から、自分たちの命を危険にさらした、職務怠慢だ、みたいなことで訴訟を起こされているそうです。さすがアメリカ…。


わ、素敵なスケジュール帳が見つかって何よりです。私も、出先で予定を確認するときなんかに、スケジュール帳が手元にあるとすぐにチェックできるので、あー買って良かったな、と思いました。


今年もあと少し。ここにきてなぜか急に映画熱再燃で、時間が足りない。うれしい悲鳴。一気に駆け抜けたいと思います!

真紅さんもご自愛下さい。

トラックバック

船長の責務~『キャプテン・フィリップス』

 CAPTAIN PHILLIPS  2009年の早春。リチャード・フィリップス(トム・ハンクス)はアフリカ難民に 援助物資を運ぶ貨物船の船長として、20人の乗組員とともに船上にあった。 しかし、彼の船はソマリア沖で4人の若い海賊に襲撃される。  う~ん、なんだろう、この臨場感と言うか、緊迫感と言うか。。。何とも言え ない重圧を感じる作品だっ...