圧倒的な映像美 (ゼロ・グラビティ)

gravity-poster.jpg



Gravity (2012)

1991年のお正月、「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」を観に行った14歳の私は、その映像のすごさや映画そのものに、ただただ圧倒されて、それからずーっと洋画の魅力にとり付かれて23年経ったのだけど。この映画は、その時の衝撃を思い出す。ただただ、あまりにも美しく、存在感のある、宇宙や地球の描き方に、言葉なく圧倒されました。


主演はサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーのふたりのみ。90分という短さではあるものの、話の山場が何度でも押し寄せて、こっちも呼吸困難になりそうなストーリー。例えば、大自然の中で遭難してひとりぼっち、も辛いけれど、虫けらひとつ、なにも、そう、何も生物がいない世界。見渡せば、自分が住んでいた、還るべき地球が目の前にあるのに、生還するのに非常な困難な状況、というのは、いったいどんな気持ちになるのだろう。


「これで宇宙遊泳時間の記録が誰にも破れないな」と言って、遠ざかっていくマット・コワルスキー(ジョージ)。すでに映画開始20分くらいしか経過してないのに、号泣。

ライアンが4歳の娘を亡くしていること、偶然受信した地上の電波を通して、赤ちゃんの泣き声が聞こえること、もう泣けるシーンが連発。


無事地球に戻ることができ、砂浜で、やっとの思いで立ち上がったサンドラ・ブロックの姿の、なんて美しいこと!

気になったのは、ライアンがちょっと喋りすぎかな。日本人だから、そう思うのかも。


今年1本目の映画がとっても素晴らしかったので、嬉しいです。IMAXで見たかったなー!

この映画で3Dを初めて経験しました。



この映画のスピンオフ"Aningaaq"があります。



関連記事

コメント

非公開コメント

ご覧にになられたんですね♪
やっぱり大画面で見なくちゃだめですよね。
年末はこれはキャプテン~で〆るはずだったのに~。
3Dいかがでしたか?
私も未経験なんですけど、三半規管ヨワヨワなのでちょっと周囲に迷惑かけやしないかと心配で。

見たら、またお邪魔しますね~。
私も初めて一人で映画館に行った作品が「バック・トゥー・ザ・フューチャー」でした!!(2じゃないのがアレですが)
面白かったなぁ~♪

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今晩は。今日は東京は久しぶりの雨です。「ゼロ・グラビティ」、かなり期待して観に行きましたが、期待を裏切られなかったです!サンドラ・ブロックは、「スピード」の頃から好きな女優ですが、息の長い活躍をしていて本当に嬉しいです。オスカー女優になりましたしね。

私も酔いやすい体質ですが、3D大丈夫でしたよ!実は、途中からは、3Dということを忘れていました。


私は子どもの頃、洋画に全然馴染みがなくて、映画館に観に行くのも邦画ばっかりだったんです。
でも、「バック~」だけはすごく気になってて、2の封切前に、TVで1が放映されたのを見て面白かったので、母にねだってお正月に連れて行ってもらったのでした。


ちなみに初めてひとりで見に行った映画は、17歳の時の「フリー・ジャック」(1992)でした!エミリオ・エステべスとミック・ジャガーが主演だよ~。母には、気を付けて行きなさいよ、と、何度も言われましたが、娘を持った今の私には、その時の母の気持ちがよく分かります。今みたいなキレイなシネコンじゃなかったですしね。


そんな色々思い出のある岐阜市内の映画館は、郊外のシネコンに客を奪われ、ほとんど閉館してしまいました。さみしいです。

すいません、途中から違う話になっちゃいましたね。


今年もよろしくお願いします♪

こんばんは♪

ようやく見ることができました~。
やっぱり映画館はいいですねぇ。
(そうそう、私もかつて通った地元の映画館、ほとんどシネコンに押されて閉館してしまったようで寂しいです。昔は二本立てで思わぬ拾い物をしたり、気に入ると二度そのまま見たりしましたよね。古かったですけど、大好きな空間でした。いい思い出です)

サンドラ、肉体美に説得力ありました~。
ほんと、娘のエピは鼻の奥が…
あの偶然受信できた地球のどこぞの国の赤ちゃん、新生児みたいななき声でしたね(涙)

還る!という気持ち、生きる!という気持ちについていろいろ考えてしまった映画でした。

まだやってるキャプテン~も早く行ってきまーす♪

今晩は!ゼログラご覧になったのですね、良かった~。

NASAの司令塔の声はエド・ハリスってのをエンドロールで知ってびっくりですよ。どこまでも渋い作品だったなぁ。


サンドラのショートカットも新鮮でしたが、ラストのあの立ち姿の美しさ。生きていくぞ!という意思の強さに心打たれました。私はあんまり意思が強い方じゃないし、ブレまくりなのでね…。


「キャプテン・フィリップス」、年明けから始まるショーレースに、トム・ハンクスがいくつもノミネートされてます。ぜひぜひ観に行ってくださいませ。またお話しましょう。楽しみにしてます。