the Hour Series 1

TheHourPoster.jpg



The Hour (2011)

The newsreels are dead. We’ve bored the public for too long. Give me this opportunity and I’ll prove it.

But may I say one more thing… You haven’t seen my best yet.


英語字幕のみでの鑑賞なので、理解度は70%くらいという前提での感想です。たぶんところどころ誤解や間違いがあると思う。


1956年、ロンドン。BBCは新しいニュースTV番組、"the Hour"を立ち上げる。プロデューサーに、ベル・ローリー(ロモーラ・ガライ)を据え、アンカーマンは、今まではスポーツニュースを手掛けていたヘクター・マデン(ドミニク・ウェスト)を抜擢、ベルは、野心的で向こう見ず、でも誰よりも真実を追い求める同僚のフレディ(フレデリック)・ライオン(ベン・ウィショー)をその番組に引き抜いて、いざ番組は大海に漕ぎ出さん、というお話。

同時に進むのが、スエズ動乱とハンガリー動乱にからむイギリスの政治動向。さらに、ある大学教授の殺害を巡って、幼馴染のルースから頼まれた真犯人探しを進めるうちに、フレディも陰謀に巻き込まれ…という話が同時進行。


全部で6話。50年代のお話なので、雰囲気は映画「グッドナイト&グッドラック」(2005)に似てます。画面の半分は紫煙で占められてるわ。


1,2話は、割とのんびりした感じで話が進み、3話目あたりから、"the Hour"が政治的に圧力を受けたり、スエズ動乱によって、イギリスが全面戦争に突入するのではないかという危機感、そしてフレディの捜査がだんだんと深刻なものになっていき、シリアスな雰囲気を帯びていくんだけれど。

最終話で、ニュース番組とはなにか、真実を伝えることとは何か、自由に意見が言えるのが民主主義ではないのか?と、現代にも通じる、様々な問題提起が"the Hour"によってされるのだけど、政治的圧力で、生放送は突然の打ち切りになり、ベルはプロデューサーを首と言われる。
でも、そこに居合わせたスタッフたちは、真実を語ろうとしたエルムス卿に、番組内で本当のことを追求したフレディに、圧力に屈せず放送を流し続けたベルに、そしてこの番組を造り上げてきた皆に、お互いが拍手を送るんですね。これはとても心動かされたシーン。


それでも、大学教授のダレルや、フレディの幼馴染ルースを殺した犯人が新聞に載ることはなく、BBC内のスパイがクラランスだったり、ダレルやキッシュもまたMI6で働いていたスパイであることが、公になることはなく、真実は闇の中、なんですよ。

でもきっと、これからも、ベルもヘクターもフレディも、負けないんだろうな。そう思わせるラストでした。シーズン2はどうなるのかしら?英語字幕で集中した300分ちょっと。さすがに疲れたので、ちょっと間をおいてから続きを見ようかな。



さて、ここからは雑多な楽しい感想を。

当然ベン・ウィショー目当てで見たんだけれど、彼はとってもこの役合ってたし、若くして死なない、もちろん自殺もしない、ヘテロセクシャルってのがなんだか新鮮…!向こう見ずで、無鉄砲で、ちょっと性格も悪いんだけど、それがまた魅力的。ベルとは長い付き合いで、友達以上な関係なんだけど、お互い付き合うわけでもなく。ベルもちょっと弟的な感じでフレディを大事にしてるのがまたいいわぁ(実際のベルとフレディはほぼ同い年なんだけど)。

thehour_s1e2.jpg

アンニュイな雰囲気…


ヘクターが、最初まったく使えないアンカーマンで(ニュース番組に慣れてないから?)、ベル、フレディ、リックス、アイザックの、前番組からやってきた馴染みの4人で、ヘクターの見てないところで彼のことをからかってお酒飲んでるのねー。わー、ちょっとヘクター、かわいそう…。その時の、ブラインド越しの窓にベタっと張り付いて、お酒をねだりに来たフレディ、最高にラブリー!


でも、ヘクターがフレディに政治経済の本を貸してもらったり、インタビューのロールプレイングをフレディにしてもらったり(フレディいわく、「ベルのため」)と、だんだんニュースキャスターが板についてきて、魅力的になってきたと思ったら、ベルとヘクターが付き合いだしちゃって。ヘクターは既婚者。そしてベルは、いつも既婚者と付き合ってばかり。そのふたりの関係が、4、5、6話あたり、ずーっと続くので、おーい、番組(the Hour)の方は大丈夫かーい!?と声をかけたくなる。

確かにヘクターはとても男らしくて魅力的だから、惹かれるのもわかるけど、その人既婚者ですよー!ヘクターも、奥さんのマーニーとの愛はもう冷めちゃってるし。


特権階級に属するヘクターを嫌うフレディ。でも、彼らふたりは仕事の上ではなかなかに、お互いを助け合っているのよね。どちらかと言うと、人のいいヘクターが、何くれとなくフレディを手助けしてあげてるんだけど。

マーニーの実家(すっごい大きい屋敷。彼女もまた特権階級の人なんですね)に招かれたフレディとベル。ベルに充てがわれた部屋のベッドの上でぴょんぴょん飛び跳ねて、「ぼくんちのベッドよりふかふかだ!」とはしゃいでたかと思うと、ヘクターの言葉の端々に潜む上流階級の雰囲気に(別にヘクターは嫌味でもなんでもないことを2人に言ってるだけなんだけど)、イーッてする顔のフレディ。もう、もう、最高にキュート!

thehours1e3.jpg

とっても7歳児っぽい…。


ディナージャケットを持ってないフレディに、自分が昔着てたものだけど、と、貸してあげるヘクター。優しいなぁ。でも当然体型が違うから、誰がどう見ても、ぶっかぶか…(笑)。S1E3は、ウィショーくんの魅力大爆発ですなぁ。

アラビア語通訳に雇われたキッシュと、BBCのオフィス内で殺るか殺られるかの追いかけっこはかなりはらはらどきどき。「僕が死んでもまた誰かが真実を追い求めるさ…ていうか、職場で死にたくない!」のフレディにはウケた。


ラスト、エルムス卿が"the Hour"のインタビューの場に座り、質問をうまく切り出せないヘクターは、突然、この件は彼の方が状況に詳しいので、と、フレディを番組に出すことになり、フレディとエルムス卿のやり取りになるんだけど、このシーン、ウィショーくんの声がとても素晴らしい。彼のこの声が、舞台ではどんな感じに聞こえるんだろう、あの痩せっぽっちの体から、どんな力でもって、舞台を魅力的に見せてくれるんだろう。私の一番の関心はそこなのね。だから彼の舞台を見てみたいんだ。


ベル役ロモーラ・ガライ。「つぐない」の成人したブライオニー役だったね。先日見た「アメイジング・グレイス」にも出てました。ふくよかな体型や髪型、雰囲気が、ケイト・ウィンスレットやジリアン・アンダーソンに似てる。痩せすぎてないところがいいな。

romola_thehour_s1e5.jpg


あ!この番組、アンドリュー・スコットも出てました。「シャーロック」で、ヴィヴィアン・ウェストウッドのスーツをビシっと着こなし、天才犯罪者モリアーティ役だったので、この番組では俳優アダム・ルロイ役。踊るアンスコ、酔っぱらうアンスコ、ウィショーくんにひっぱたかれるアンスコ!色々新鮮でした。マーニーの実家でのランチで、「誰だぁ?俺の席をジャーナリスト(フレディのことね)の隣にしたのは?」の言い草が大好き。


DVDには特典映像もあって、こちらも興味深く見ました。特典映像にも字幕付いてて、非英語圏の人間には本当にありがたい…!そしてウィショーくんは、インタビューの時はいつものように、手をぱたぱたぱたぱた、ぱたぱたぱたぱた…(笑)。可愛い。


以上、感想おしまい。

始めは英語字幕が不安で、30分ごとに区切って見て、次の日、前回の30分を復習、新しく次の30分を見て、とやってたんだけど、ストーリーが面白くて、次はどうなるの!?と、後半3話は、1エピごとに一気に見て、翌日もう一度見て、と視聴しました。2話目の後半から勢いに乗れた感じ。でも政治的な話はやっぱり難しいです…。


しかしながら、このドラマを、理解して楽しめた、というのは私にはすごく自信になったよ。英語力は本当に、だいぶ錆びついていたので。次に買うウィショーくん英語字幕のみDVDを早くも検討中。
関連記事

コメント

非公開コメント

待ってました!!(出遅れましたが)

うわぁ、50年代のお話だったんですね。日本で放送してほしい~~~。
しかも、すごい理解されてて尊敬ですトリみどりさん!!
動乱の時代と殺人事件が絡んで…なんてすっごく面白そうですけど、難しそう…
特典にも英語字幕ありはありがたいですね☆

ブライオニーにモリアーティもご出演ですか。
7歳児(笑)ウィショー君ショットは貴重だわぁ。
「向こう見ずで、無鉄砲で、ちょっと性格も悪い」って、なんてすてきな人物像!!いいないいな。

続きも楽しみに待ってますね。

わぁ、こちらにもコメントありがとうございます。

ドラマなので、長々とうぃしょくんを見ていられるという…!もう本当に堪能しました。

私、視聴後に、the Hourを見た他の方の感想も読ませてもらってるので、あ、この解釈が間違ってた、とか、そういう意味だったのか!とか、色々知ったこともあったので、ほんとに、すべて自力で理解したわけではないんです。今はほんとにネット様様ですよぅ。


シーズン2も早く見たいです。でも見たらもう続きがないのがさみしくって。見たいような、見たくないような。まるでうろうろしてる犬みたいです。