覚書小ネタ

・先日映画館で、予告「エージェント・ライアン」を見て、おっ面白そう、次はこれ見ようかな、と思ったけど、ジャック・ライアン役にクリス・パインって、若すぎやしない!?と思って調べたらさ。まだ未熟な新人CIAエージェントジャックが、いかにして一流になるか、な話なんだって。もー、この設定、散々使い古されてるんじゃないの?面白ければいいんですかね、ハリウッド的には。

共演がケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ。監督はケネス・ブラナー。こういう大作も撮るんだねー、と今更ながら驚き。

ジャック・ライアンって、アレック・ボールドウィン→ハリソン・フォード→ベン・アフレック→クリス・パイン、と来たけど、めったに、本当に、めったに映画館で寝ない私が寝たのがベンアフ演じる「トータル・フィアーズ」。どう見てもCIAエージェントじゃないでそ、とあの頃は思った。今だったら大丈夫かしら。



・「クラウド・アトラス」で、1936年のヴィヴィアン・エアズの家と、2012年のカベンディッシュが送られた老人ホームって、同じ建物だったの!詳しくは下記url。全然気づかなかった…。これは、エアズとカベンディッシュが同じ俳優(ジム・ブロードベンド)によって演じられてるから?

http://overtounhouse.com/cloud-atlas
関連記事

コメント

非公開コメント

おはようございます♪

>たとえ世間で、あの人は前ほど売れなくなった、とか、主役を張れなくなった、と言われても、好きになった俳優は長く応援したいものです~。

いいことおっしゃるわ。トリみどりさん♪
まったく同感です。

「エージェント・ライアン」、全く知らない映画だったので予告をチェックしてみました。
わおー、あのジャック・ライアンものでしたか!!
「レッド・オクトーバー」や「いまそこにある危機」「パトリオット・ゲーム」の、あのジャック・ライアンでしたか~。(ベンアフ>けっこう好きw のだけ未見なんですけど、わはは、寝ちゃいますか)

クリス・パインといえば、先日借りた「イントゥ・ダークネス」、25分くらいで寝ちゃいましたワ…
どうなんでしょう、トム・クランシー原作でもないようだし、あえてジャック・ライアンにしなくてもいいような。
それか、ケヴィン・コスナーかケネス・ブラナー(ほんとですね。こういう系統の監督もされるんですね)が主役でいいのに。なーんて^^;
でもチェックしときます。教えてくださってありがとうございます。

「クラウド・アトラス」のおっさんの家(すみません)と、あの老人ホームが同じ建物だったなんて(驚)
私もまったく気が付いてませんでした!!なんだかほかにもいろいろ気付いてないことが多そうです(笑)

英語字幕、いただいたアドバイスに従って頑張ります♪

今晩は!

そうです、「レッド・オクトーバー」や「いまそこにある危機」「パトリオット・ゲーム」の、あのジャック・ライアンであります!しかも監督がケネス・ブラナー。ケネス・ブラナーと言ったらシェイクスピアしか出てこない私の脳みそ。
監督作は小品でミニシアター系もののイメージがあったのに、前作では「マイティ・ソー」撮ってるので、わぁ、アメコミ作品も行けるんだ!とこれまた驚きです。


え!武田さん、「イントゥ・ダークネス」寝ちゃったんですか!?ベネ坊ちゃんも出てるのに?あやややや。クリパに魅力がなかったんでせうか。
クリパ、爽やか好青年ですよねー。やはりアメリカでは、整った白い歯、いつも輝く笑顔にマッチョな身体の男性が好まれるのかなー。


ケヴィン・コスナーはかつて大好きだった俳優なので、今でもやっぱり気になるし、応援してます。だからエージェントライアンが見たいのです。
おっさんになってからまた以前とは違った魅力が出てきていいと思うんだよなー、と思うのは惚れた欲目だからかしら?


クラアトのあの屋敷は、映画内の2012年ではガラス張りの部屋(イギリスでは「サンルーム」だったかな?)が増床されてるそうです。細かい設定だわ…。
この映画、他にも重箱の隅をつつけばいくらでも細かいネタが出てきそうで、もっと色々知りたくなります。中毒性のある映画化もしれません~。


イギリスは地震がないし、石造りの建物なので、何百年も前のお屋敷やお城がフツーに残ってるんですよね。

映画やドラマのロケ地に使われたことも宣伝して観光資源になってるみたいで、「ブライヅヘッド」(ドラマ、映画両方)のロケ地キャッスル・ハワードや、「日の名残り」で使われたディラム・パークなんかは、いつかぜひ訪れてみたいな、と思っています。