ロンドン街歩き ~本屋さん~

ロンドンで楽しみにしていた本屋めぐり。一番気に入ったのは"Foyles"(フォイルズ)。ここの店内は、各ジャンルごとにちゃんと専門レジとスタッフがいるんです。いいなぁこういうの!私の働いてた書店は、当然だけど集中レジだったので。がーっとお客さん捌くのが仕事みたいなもんだったから。

カウンターの後ろには、もちろん客注の本が、オーダーの紙が挟み込まれた状態で、ずらっと棚に並べられたりして、そうそう、こんな感じだよねー!と。あぁ、1週間くらい、ボランティアで働かせてください!!

ここは、SOHOの本屋さんなせいもあり、劇関連の本が、かなり充実。あと、後述のWaterstone'sでもそうだったけど、映画関連のコーナーに行くと、日本でも売っている有名俳優や監督のバイオグラフィ本や、映画関連本ももちろんあるんだけれど、それ以上に、演技の本、脚本の書き方、撮影の仕方、などなど、プロが読むと思われる本ばかりに棚の多くがとってあって!圧倒されました。
もちろん映画の隣の棚は演劇で、シェイクスピアとか演技メソッドとか、オーディションを受けるときに参考にする本とか、劇場案内本等。もう、すごい、すごいです。あぁやっぱり、シェイクスピアが根本から染み込んでいる国なんだなぁ。


Foyles 外観

foyles-2

子どもの本コーナーには、水槽まで!

foyles-1

こちらはピカデリーサーカス近くのWaterstone's。

俳優のバイオグラフィ本。昔の俳優が多い。

waterstones

これはヤングアダルトのコーナーだったかな?

reading


こちらはたまたま通りかかって見つけた本屋さん"Hatchards"(ハッチャーズ)。イギリス最古の書店で、ロイヤルワラントが3つも掛かってる、そうとうな老舗です。中もシックな作り。本自体の蔵書はそんなに多くない。映画のコーナーはなかった。

Hatchards-1


Hatchards-2


あと、これは通りかかったお店のディスプレイ。これ、本当は全部で4段飾ってあったのに、店の親父が他の雑誌に差し替えようと片づけ始めたので、慌てて写真を撮った次第。もっと真正面からたくさん撮りたかった!
ロンドンでヴィゴにも会えるなんて嬉しいわー。多分、新作"The Two Faces of January"のプロモで表紙を飾ってると思われます。

newsstand_viggo
関連記事

コメント

非公開コメント

おはようございます♪♪
く~、寒いですね~~~(T_T)

でも、連日upしてくださっている記事が興味深いものばかりで嬉しくって!(嬉しくてたまらないんですけど、コメント書き込もうとするとエラーになる我が家のPC、どうにかしてほしいです>泣  今日はいけるやろか…)

帰ったらまたストーカー気味にお邪魔させていただきますが、朝は取り急ぎこちらに。

この記事、すごく嬉しかったんです。
本屋さん!!
そうですよねぇ、私も15年前までは異国を訪れるとまず現地の本屋さんに入ってみるのが好きだったっけと思いだしました。
SOHOの本屋さん情報なんて、幸せすぎます♪
きれいなお写真も嬉しいな☆
(あ、ヴィゴ、こんにちは>笑)

>あぁやっぱり、シェイクスピアが根本から染み込んでいる国なんだなぁ。

なるほど~!!
やっぱりそうなんですね。英国だなぁ。

各ジャンルごとにちゃんと専門レジとスタッフがいるというFoylesですか、うわぁ、すごいですね。
専門レジと専門スタッフ!!
日本てそういう本屋さんはあるのでしょうか。
階ごとのレジはあっても、ジャンルごとってなかなかないような。
プロが常駐って、それぞ書店と思いますね。贅沢だなあ(憧)

お金と英語の勉強(わたし、もちろん文法ももはや怪しいです。この錆びついて弛緩した頭よ…)ほんとがんばらなくちゃ。。。
子どもを連れての旅、なるほどそうですよね。一緒にいけばいいんだわ(嬉)ウン年計画、楽しく立ててみま~す。

今晩は!東京は積雪で物流がストップして、スーパーに行くと、日配品やパンがありません!棚がガラガラです。そして娘がなぜか雪を見て号泣。普段と景色が違うのが怖いのでしょうか。ちょっと困ってます…。


コメントありがとう~。本屋さんって、落ち着きますよねぇ。わぁ、武田さんの異国での本屋さん体験もぜひお聞きしたいです。外国語だから読めへんのだけど、でも本屋のあの空間がいいんですよねぇ。うっとり。何時間でもいられます。

書店こそ、プロがいるべきだと思うんです。図書館と同じように。でも、勤務経験の長い書店員も、結局は毎日の品出しと返品、出版社の営業さんとのやりとり、レジ管理等に追われちゃって、本屋の本来の業務からかけ離れちゃってるんですよね。残念でなりません。


さて、今回はあまり写真を撮れませんでした。わざわざ一眼レフも持って行ったんだけれど、今ってみんなスマホで写真を撮るので(そしてスマホで撮った写真の質も大変に良いので)、昔みたいに、首からデカい黒いカメラ下げて、ばしゃばしゃ撮りまくる観光客って、ほとんど見ませんでした。それはそれでちょっと寂しい(と勝手なことばかり)。


次回は写真もいっぱい撮りたいです!て、次回って!(笑)