映画小ネタあれこれ

・2008年制作の、ジェニファー・ローレンスの初主演作「早熟のアイオワ」が日本でも公開。監督は、なんとロリ・ペティ!久しぶりに聞いたよ彼女の名前を。一線で活躍してなくても、ちゃんとどこかで、こつこつと映画に関わってきてたんだなぁって、なんか嬉しくなりました。


・2014年のサンダンス映画祭に参加された方の日本語レビュー。

サンダンス映画祭2014/その1 ユタ州のスキーリゾートに映画おたくが集う10日間。
サンダンス映画祭2014/その2 フレッシュな才能との予期せぬ出会い!

ウィショーの"Lilting"つながりで読みましたが、いいなぁ、この雰囲気。横浜フランス映画祭に行った時がそうだったけど、会場全体が、お祭りかつゆるーい雰囲気で、でも不思議なことにこぢんまりした規模。スタッフやキャストが普通に会場でお酒飲んで歓談してたり、上映後のティーチインやサイン会がとってもフランクな感じで。
あの雰囲気を味わっちゃうと、映画祭に行きたくなる。あれは病み付きになります!


トムヒ/トム・ヒドルストンってこんな人

ちょっと、ちょっと待って!うそでしょ、世の中にこんなハイスペックな人がほんとにいるの!?学校の成績は優秀、演技力ばっちり、スタイルもめちゃめちゃ良くて、礼儀正しくレディに優しく。何か国語も話せて歌もダンスも物まね(ウィル・スミスの物まねなんて最高に決まってる)もうまくて、ノリも良くってファンサービスは天下一品。それゆえ繰り広げられるイケメンパブリシストとの攻防戦。目の色は、私好みの「環境によって変化」(いや誰もあんたの好みは聞いてない)。

もう、もう、将来彼と結婚する女性が現れたら、それはいったいどんな人なんでしょうか…。すごい気になる。

ヴィゴもそうだけど、何か国語も話せる人って、たいへん耳が良いのと、言語処理能力が極めて高いんだろうなーって思います。
あと、女性への礼儀や態度とかファンサービスとかね。もうね、家族、特にお母さんの愛情や教育が、本当にきちんとされていたんだろうなぁと思います。
私の息子、将来女性に優しくあってほしいので、つまり母親である私の、彼への態度が今まさに試されているんだよね…(もう遠い目)。いや、別にトム・ヒドルストンには無理だけどさ、容姿的にも能力的にも。


・今朝の新聞に載ってた広告。


映画・ドラマで知る英国の魅力

も素敵だけど、その下のBritish Airwaysの広告もいいなぁ…(成田-ロンドン間エコノミーが往復45,000円)。





さて。最近小ネタ記事が多いけど、ブログ内でどのように記事をジャンル分けしたらいいですかね…。全部"cinema miscellaneous"カテゴリに突っ込んできた結果、記事数200以上となってしまってますね…(死)。
関連記事

コメント

非公開コメント

おはようございます~♪

あら!これまた楽しい情報をありがとうございます。
映画祭かぁ、行ったことないですよ~
そんなにゆるゆる楽しめる雰囲気なんだったら行っといたらよかった~。いいなぁ。

ロリ・ペティってひょっとして「プリティ・リーグ」とかの??「ハート・ブルー」の?
えー、ジェニローの初主演作の監督されてたんですか!わお♪

たれ眉トムヒったら、もう、そこまで行くと絶対胡散臭いわ!(笑)

行ってきまーす^^;

今晩は。早朝にコメントありがとうございます。お仕事お疲れ様でした。

そうなんですよ、あのロリ・ペティです。もう全然名前を聞かなくてだいぶ経った今に、ひょっこり出てきて。すごくびっくり&すごく嬉しい。
ジェニファー・ローレンスも今ノリに乗ってますよね!今日レンタル店に「ウィンターズ・ボーン」借りに行ったのに、ちょうど貸出し中で残念でした。

横浜フランス映画祭は、2回しか参加したことがないんだけれど、とっても楽しみました。数年前から六本木に場所を移して、名前も「フランス映画祭」に変わりましたが、あののんびりした雰囲気は今もあるのかしら?
カンヌやベルリンといった、国際的に名を知られてる映画祭ももちろん気にはなりますが。果たして上映作品のチケットは取れるのかなぁ…。


はい、トムヒ。もう、ちょっと、こんな人世の中にいるの!?信じられません。
まとめ記事の中で、頼んでもないのにトムヒにハッピーバースデーを歌ってもらって、顔を覆って恥ずかしがってるファンの女の子が可愛くって!あー、トムヒ、来日しないかなぁ。こんだけ英国俳優人気なんだから、どんどん来日しちゃって!しかし古代ギリシャ語って、生きてるうちに使う機会ってあるの!?

私の中で「プライベートも超いい人」1位はヒュー・ジャックマンですが、トムヒが並んで今やツートップです(笑)。