ジェームズ・ボンドは来ない(松岡圭祐 著)



ジェームズ・ボンドは来ない 松岡圭祐 角川書店


映画ブログに読書感想文載せるなんてねー、ですが、「面白い&最後は切ない&分かる分かる!」がたくさん詰まったお話でした。
舞台は香川県直島だけれど、ここの現状は、多かれ少なかれ、どの田舎町でもおそらく似たようなもんだと思う。人口の減少、病院もない、もしくは少ない、コンビニ等新しいものが入って来ない、などなど。そしてTV番組や有名人が町に来る、となると、そりゃもう数か月前から住民の間の話題はそれで占められ、終わってもまだその話題はしばらく続く、という感じが非常によく描かれてて。私の実家もほぼそんな感じだから、もう、もう、分かる、分かるよ…!


そしてこのお話は、日本のTVどころか、世界的に有名なシリーズ映画のロケ地として直島に誘致しよう!というのがポイント。海外にだって行ったことのないおじちゃんたちを中心に、手弁当、ボランティアでなんとかして直島に!と奮闘するのと同時に、それをきっかけに町が発展すれば、潤えば、という気持ち以上に、町の現状が、今よりよいものであったら、と願う真剣さは、はたから見たら彼らの一途さはおかしいのかもしれないけれど、笑えることじゃあないと思うの。だって、出産する病院がないって、深刻だと思うもの。妊娠中もしなんかあったらどーするんだって、経験者なら強く思う。

でもね、魑魅魍魎のハリウッド。原作本の舞台になったからって、そう簡単に「じゃあロケもここで!」とならないのがハリウッド。そう、出来上がった作品は、美しいところだけを見せてくれてるのよ。裏じゃいったいいくつの、どんな取引や契約が交わされているのやら。恐ろしい世界なのよ~(と訳知り顔で脅してみる)。

ベネッセが昔は福武書店という名前だったのも懐かしいな!


話の内容は1987年~2013年が舞台なので、その間に公開された映画の題名が山ほど出てくるのと、当然ですが007ネタ、特に原作の映画権や映画会社の買収なんかのややこしい経緯が分かりやすく描かれてて、映画ファンにぜひおすすめ。
しっかしこの本の中でもダニクレボンドのひどい言われようったら。もう気の毒を超えてます。私もリアルタイムで色々ニュース読んでましたが、あそこまで叩く必要あったか?そのくせ公開されたら手のひらを返したような絶賛の嵐でさ。ある意味分かりやすいわ。

関連記事

コメント

非公開コメント