ホビット 3部作

THE-HOBBIT-AN-UNEXPECTED-JOURNEY-Poster-535x791.jpg The_Desolation_ of_Smaug the-hobbit-the-battle-of-the-five-armies-poster1.jpg


ホビット 思いがけない冒険 The Hobbit: An Unexpected Journey (2012)
ホビット 竜に奪われた王国 The Hobbit: The Desolation of Smaug (2013)
ホビット 決戦のゆくえ The Hobbit: The Battle of the Five Armies (2014)

「ロード・オブ・ザ・リング」の頃の情熱はもうないけれど。あの素晴らしい中つ国に再会できたことは嬉しかった。懐かしいあのテーマ曲。じーんときちゃいます。

「ホビット」は、正直2部作で良かったんじゃないかなー。戦闘シーン、多かったしね。原作を読んだときは、ビルボの冒険が主だったと思ってたんだけど、後半は、ほぼトーリン・オーケンシールドの描写になってた上、彼、最後死んじゃったよ!え、原作もそうだっけ!?

あの山のようにある金。その中に眠ってた大きな竜。金に埋もれて眠るってどんな感じなんでしょうね。

2作目の、樽に入って川をどんぶらこ。これ楽しそう。アトラクションにしてほしい。

ビルボ役、マーティン・フリーマンの表情や佇まいが良かった。もうね、当たり前なんだけどね、「シャーロック」のワトソンの時とは全然違うのね。

バルド役ルーク・エヴァンス。めちゃめちゃオーランド・ブルームに似てませんか?レゴラスとバルドが話してるシーンでは、同じ顔が2人いる!て思ったよ。バルドが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の時のオーランドに激似。

そして、ロード~からのキャストも多数。レゴラスは、ちょっとアクションシーンやりすぎでしょ!と思わなくもない。

原作には出てこない、タウリエル。うーん、あまり必要性を感じませんでしたが…。

今回は、旅の一行が、ドワーフとホビット、そして魔法使いなので、華がないというか(苦笑)。こうね、ロード~の時みたいに、人間、ホビット、ドワーフ、エルフ、魔法使いっていう団体が、色々あって面白かったので、今回は単調に思えたのかなぁ。

1、3作目のエンドクレジットに流れる曲が良かったのですが、3作目の曲は、またまたビリー・ボイドが歌ってます。相変わらずうまい、美声!


【追記】
な、なんと、3作目を見終わったちょうどその日の夜に、サルマン役クリストファー・リーの訃報が。
王の帰還では残念な扱いだったので、ホビットではサルマンの活躍が嬉しかった。


関連記事

コメント

非公開コメント