オーロラの彼方へ

Frequency.jpg


Frequency (2000)


この映画の題名と一緒に思い出すのは、結婚前勤めていた書店で一緒に働いていた同い年の同僚が、公開時この映画を「とっても良かったよー、おすすめするよー」って言ってくれて。ずっとずっと気になってたので、15年経ってやっと見ることが出来た。お勧めしてくれた彼女は今も元気かな…。


原題は「周波数」と「たびたび起こること」を掛けてる。

30年前のお父さんとハム無線でつながった現代の息子。消防士として仕事中に殉職した30年前の父親を救うべく息子が奮闘するんだけど、過去を変えたら当然現在も変わってしまうわけで。さてどうする?というお話。
思った以上にサスペンスで、けっこうドキドキしましたよ!息子の職業が刑事ってことで、30年前の父親・フランクが巻き込まれる事件を現代の息子・ジョンが知恵を絞って助ける、というのが見どころ。

多分これは「バタフライ・エフェクト」と比較されるだろうなー。あっちはかなり厳しい終わり方で、けれど解決としてはあれが最善、というアンハッピーなハッピーエンドだったけれど、こちらは万事うまくいってめでたしめでたし、なので、まぁ安心して見られるというか、ほっとするし、最後はジョンにも息子がいて親子三代で野球を愛する男たち、という〆でほほえましいです。

父と子の無線でのやりとりは、父親がもうこの世にいない前提で行われるんだけれど、過去が変わった結果、お父さんは30年後の現代も生きているんだよね。それが最後、犯人を倒すミソにもなってました。変わった後の現代では、ジョンは別れた彼女ともやり直して結婚して子供もいるし、親友ゴードはちゃんとyahoo!株で儲けてリッチになってるし(いいか、"yahoo"だぞ。魔法の言葉だからな。絶対忘れるなよ、って念押しする無線越しの大人のジョンが可笑しい)。言うことなしの過去のいじり方でした♪

ジョンが父親と無線で話すシーンはどれも親子の絆が感じられて良いし、30年前の、まだ幼い友達のゴードに無線で話しかける時は、まるで自分もその年齢に戻ったみたいな子どもの表情でちょっとここは可愛い。ほのぼの。


デニス・クエイドのいいお父さんが良かった。30年後の息子からの無線をけっこうすぐに信じるんだけど(まぁ信じないとこの映画は話が進まないけどね)、でもそこが彼の素直なキャラクターなんだよね。野球が好きで、家族を愛して職を全うして。ほんとデニス・クエイドって、今思うと、すっごく華がある、とかではないけれど素敵な俳優だなぁ。

息子ジョン役にジム・カヴィーゼル。なんと若い頃のジムは、まさかのジョナサン・リース・マイヤーズ似だった!それが15年経つとあんな素敵な渋いおっさんになってるなんて…!時の流れってすごいわぁ。相変わらず目がきらきらしてて(目の水分が多いのかしら?)、まつ毛もバサバサ。

笑えるのは、役名が「ジョン」な上にNYPD殺人課の刑事なんですよ。15年後に今度はNYPD殺人課に追われるスーツの男ですよ!

2000年の映画なんだけど、今の映画に比べると全体的にのんびりしたストーリー展開で、それがダメ、という意味ではなく、いかに今の映画のストーリー展開がスピーディーかということにも気づかされました。歳取ったら今どきの早い展開の話はもうついていけないかも、私。


レンタルしたDVDには特典映像も入ってて、ジム・カヴィーゼルのインタビューも入ってるんだけど、なんでデニス・クエイドじゃなくてジム?と思ったら、プロモーションで来日してたんですね!
手にメガネを持って話をしているのでオフはメガネ必須の人かしら?なぜかプロモで来日した時の姿の方が映画より男前で、一緒に見てた夫はここで初めて、あっこれ「パーソン~」に出てくる奴だよな!と気づきました。




ほのぼの~♪
関連記事

コメント

非公開コメント

ほのぼの~♪(嬉)

「役名が「ジョン」な上に、NYPD殺人課の刑事なんですよ。15年後に今度はNYPD殺人課に追われるスーツの男ですよ!」
って、そうだったのか~~!!
私、この映画のどこで泣いたのかさえもぜんぜん覚えてない…。もうほんと脳細胞やばいです。
でも、そうですよね。デニス・クエイド(とんと見ないけれど)いい俳優さんでしたよね。
渋くなる前のカヴィーゼル、見直さなくちゃです。ほんと。

今晩は!1週間お疲れ様です。

これ、もう15年も前の映画っていうのに驚きです。そんなに時が経ってたのか!と。
あと、私自身は、デニス・クエイドの映画はこれと言って見てはいないのに、なんか印象に残る人で。なんでかなー。

殺人課にいるっていうことは優秀な刑事なので、この映画のジョン・サリバンも出来る人、なんですよね。

アメリカの刑事もの映画やドラマって、CIAやFBIはもちろん、NYPDとかSWATとかU.S.Marshalとか、知ってるのが前提で話が進むので、え、ちょっと待って、それ何?何?って慌てることがよくあります。


いい作品でした!

昨日スマホのグーグルマップで自分の位置が2kmくらいズレてました。やっぱり太陽フレアの影響だったのかしら?
というわけで、こんにちは!
実は本作、水曜日に見てまして正にタイムリーでした!NYでオーロラ見えたニュースもやらんかと真剣に思ったくらい(笑)
ツタヤカード再発行したので色々借りて来ました〜!

見ながら、最初はなんだバタフライ効果系?って思ったのですが、こちらの方がだいぶ早い。なぜバタフライの方はこれほど有名になってこちらは地味なのか、でもamazonのレビューで皆さんにすごく愛されていて誠実で良質な秀作というのがよく分かります。公開当時はどれくらいヒットしたのかな。バタフライエフェクトの様な話題性はないけど、こういう秀作もヒットして欲しいですよね。
カヴィーゼルはXメンのサイクロプス役を蹴ってこちらを選んだらしいですが、私としてはこちらに出てくれて本当に良かった。
こちらの方が彼に合ってるし、目を出せないカヴィーゼルなんてあり得ない(笑)
彼が演じた、良い家庭に育った素直な良き息子像はこの作品に大きく貢献してると思います。6歳でお父さん失って寂しかったんだなぁって自然に思えたし。まぁ、彼女と上手く行かない件は説明不足でしたが。

タイムパラドックスものは沢山ありますが、現在と過去で通信して過去が変わった時現在も瞬時に変わる、という表現はちょっと変わってていいですよね。父親の過去の一発が30年後の息子を救うとか、ほのぼの親子物とスリリングなエピソードを両方盛り込んでいて上手いなぁと。その瞬間の息子の記憶はどうなって?って思いますが(笑)
DVD買おうかしら♪

ところで若いジムくんの印象なんですが……黒い……。なんでこんなに黒いんだろう、アラブ系っぽい、と思ったんですが…
そうか、若いから髪もヒゲも白髪が混じってないんだっ!!と膝を叩き(?)ました。光量少な目のせいもありますが、彼の地毛色は東洋人並に黒いのかも。それなのに目がアンバーじゃなくてグレイなのが神秘的なんでしょうね。
(カヴィーゼルの眼はグレイらしいです。ソースはファンによる本人公認の私設サイトで
His eyes are actually grey, not blue.
と書いてありました。
Grey eyes are mistaken for blue often, depending on their shade,
ですって)

デニス・クエイドって見たことあるなぁと思いましたが、デイアフタートゥモロー出てはったんですね。なんか古風な風貌で60年代のお父さんにピッタリでした。
あの現代の両親は二人とも本人の老けメイクですよね?

エンジェルアイズとかunknownも見たのでまた話聞いてやってください〜

心温まるお話でした

こんばんは! TSUTAYAカード再発行おめでとうでございます。ちなみにかおりんさんがご利用なさっているTSUTAYAはカヴィさんの作品たくさん置いてありますか? 私が利用する店舗は規模がちっこいので、エンジェル・アイズ、unknown、モンテ・クリスト伯くらいしか常備してないんです。なのでこの作品も含め、何度も店に足を運んでは取り寄せをお願いしてました。

NYでオーロラ……のニュースはいまのところ流れてこないですね。残念。

公開当時の件ですが、あくまで当時私が受けた印象ではありますが思い出してみると、「バタフライ・エフェクト」は映画館で公開時はあまり話題にならなくて、のちに口コミで評価が高くなり、カルトっぽい作品に化けました。TSUTAYAでも、あまり知られてないけどこの作品がおすすめ!みたいなコーナーに置いてありました。
オーロラは、公開当時すごいファンタジー色を前面に押し出して宣伝してました。日本語版のちらしやジャケットを見ればまさしくそんな感じで、だからわたしは当時おすすめされたにも関わらず、どうにも食指が動かなくて映画館に観に行かなかったのです! 今思うと惜しいことをしたなぁ。
デニス・クエイドの知名度もあったし、単館じゃなく全国ロードショーで公開してたし、そこそこヒットしてました。TVCMも流れてたよ。
で、わたしも15年間その宣伝に騙されて(笑)、てっきりファンタジーだと思って見てみたら意外や意外、スリル溢れるサスペンス色が強いお話で、予想と全然違っててびっくりしました。謎解きの要素もあって誰が犯人か推測しながら見るのは面白かったし、サスペンスの中にも親子愛が溢れてるのがまた素敵で、最後もハッピーエンドで、心からあぁ良かった、と思えるお話でした。
現代の両親は仰る通り老けメイクだと思います。

デニス・クエイドは80年代に活躍してたなーっていう印象。メグ・ライアンの夫だったなぁとか、夫婦ともども出る映画はどれもヒットしてたなぁって色々思い出して懐かしいです。


若いカヴィーゼルは髪が真っっ黒で重~い印象ですよね。肌の色もじゃっかん浅黒いようで、ほんとに東欧系の白人なんだろうか……と思うことはしばしあります。POIなんてシーズンプレミアの時はたいていしっかり日に焼けて焦げ焦げだし。
それが加齢とともに白髪が混じったことでかえって軽い印象になったのと、歳とって渋みが出たことで、若い時よりかっこよくなった奇跡の40代ですよね。そのタイミングで得たジョン・リース役は、神の采配としか思えない、これ以上ないキャスティングでした。


かおりんさん、次々とカヴィーゼルの出演作を攻略されててすごいです! のんびり順番にお話していきましょう。私も復習しないといけないですねー。
彼の作品の中には「これってどうなんだ!?」なB級品もありますが(笑)、それもまた楽しくおしゃべりできたら嬉しいです。

こんばんは!

オーロラが評価されてて良かったです。
いい作品でいい俳優さん達と共演して、いい演技して、一歩ずつ確実にキャリア積んで来たんですね。(ロのつく某作品だけはどうしたって思いますけどw)
ところで、カヴィさんのDVDは私が行く所は殆ど置いてなくて取り寄せでした。オーロラだけ借りてきました。取り寄せは高い…

年代順に言いますとこの1wで
オーロラの彼方(2000 )
エンジェルアイズ(2001)
ハイクライムズ(2002)
アイアムデビッド(2003)
unknown(2006)
déjà vu(2006)
アウトランダー(2007)
を見ました

déjà vu辺りから急に老けてリースに近づいて来たように思いますが(笑)
この人歳の割にシワ濃いですよねえ。ジェニファー・ロペスと同い年には見えないし、エマさんやデンゼル・ワシントンと一回り以上離れてるようにも見えない。紫外線浴び過ぎなんじゃ…(笑)

>神の采配

正しく正しく!POIの企画に間に合う様に早く老ける必要があったのかしら。若い時は顎が細過ぎて鹿っぽい?アルパカとかラクダとかなイメージ。本当にリースは見事なタイミングで回って来た奇跡の役ですよね。

立て続けに見て、今オーロラとハイクライムズとdéjà vuの3本は時間と殺人鬼がごっちゃなってます。
エンジェルアイズは見始めたら以前に見た気がして、実は聞いてみたらジェニファー・ロペス好きのダンナがDVD買ってました。(しかもレンタル落ちで特典も一緒w) でも相手役の綺麗なお兄ちゃんのことは何も覚えてなかったです……
ただ、ジェニファーがシン・レッド・ラインを見てこの目は正にエンジェルアイズだ、って思ったのも納得のキラキラお目目でした!

アルパカ……ラクダ……(笑)

こんばんは。今日はカラッと乾燥した気持ちの良い一日でした。
え、取り寄せは高くなってしまうのでしょうか? もしや手数料とか掛かるのかしら? 今は映画を見る方法はオンデマ等いろいろありますが、TSUTAYAの旧作だと190円なので、時間と手間暇をかけられるならTSUTAYAで借りるのがいちばん安上がりかなって。手持ちの資金が少ないわたしはとても助かっています。


ロのつく作品かぁー。わたしはトの付く作品がアレでしたなぁ~(かおりんさんがご覧になったとあげたリストには入ってない作品です)。吹替で見たのがダメだったのか……? などと悶々としております。こりゃ字幕で再挑戦かなぁ。

にしても1週間で7本ってすごい!一日一カヴィーゼル。何かの標語みたいですが、情熱を感じます。わたしは根が貧乏性で全部見てしまうのがもったいなくて、ちまちまと小分けして見てました(苦笑)。
デジャ・ヴから今の容姿にぐっと近づいたのは同意見です! 髪の色や体型がそう思わせるのかなって思ってます。

かおりんさんちは旦那様がJ.Loのファンでしたか!そして彼女とカヴィさんがと同い年!ぜんっぜんそう見えない! まじでびっくりしました。でも「エンジェル・アイズ」は見たら意外や意外、とても良い映画だったし、わたしはこれのJ.Loはすごく好きです。


>鹿っぽい?アルパカとかラクダとか

そういうたとえは初めて聞いたのでとても新鮮です! そして言われてみると確かに似てる……! 多分大きな目とバサバサのまつ毛でそんな印象を受けるのでしょうか。でもなんだかウケる。アルパカとかラクダって……(笑)。
若いころと比較すると、今のカヴィーゼルは劇中では眼光がものすごく鋭いですよね。


そしてそして。そうなんです、この人多分スポーツ大好き、アウトドア大好きなんだと思います。わたしとしては、プロの俳優なのでもうちょっとお肌のケアを入念に……と思わずにいられないんですが、本人まったく気にしてないんでしょうねぇ。ガンガン日に焼けてて、あぁもう、せっかくの美貌が! と見るたびに腹立たしく(笑)なります。こってり日焼け止めを塗りたくりたくなるというか。
エマさんはエマさんで奇跡の63歳だし、もう時空が歪んでいるとしか思えない。

1日1カヴィさんのわけは…

我が家は最寄りのTSUTAYAが電車で一駅なのですよー自転車があればいいんですけどね。なので片道だけ30分歩いたり、なるべく一度に沢山借りるなどして交通費を節約しています(笑)
私の行ってるTSUTAYAでは、新作¥388、旧作¥100 みたいな感じなのに、取り寄せだと¥388になるんですよ……
と言うわけでこんばんは!また台風が来ています。関西は週末が暴風雨だそうです。でも随分涼しくなりましたね、如何お過ごしですか?

>アルパカとラクダ

ずっと前、日本人俳優の玉木宏さんがファンの間でそう言われてたことがありました。カヴィさんとの共通点は、面長、小顔に比して目が大きい、鼻から下が長い?

エンジェルアイズは好きな作品です。シャロンが朝食誘っといて約束破ったってキャッチが乗り込んで来た時、コーヒーを巡っての二人のやり取りとか、ちょっとイタズラっぽいジェニファーの唇がとっても可愛いかった。
ただ、事故から1年で立ち直るのはちょっと早い気がしました。運転もできちゃうし。

シャロンには共感しました。私も親であっても冷徹に断罪しちゃうだろうって思うので。だからシャロンの境遇は切なくて、寄り添ってくれる人に出会えて(しかもあんなキラキラお目目のラクダ、もといイケメン)良かったと心から思いました。


トのつく作品ってジョエル・シルバーのヤツかな?あれも中々でしたが、ロのつくジュゴンのヤツが私的にはポカーンで……ジムくんどうしてこれに出たの?と襟ぐり掴んで問い質したかったです(笑)

カヴィさんはトライアスロンとかもするんですよね。紫外線てやっぱシワ増えるんですねぇ。気をつけなきゃw

ジョエル・シルバー!?

こんばんは。今日も湿度の低い過ごしやすい一日でした。明日からの3連休は残念ながら3日ともしっかり雨の予報です。
今日は金曜日ってことでお酒飲みながら楽しくPOI視聴してました♪ アマプラで好きなシーンだけどんどんザッピングするという、たまにしかやらないですが美味しい見方です。えへへへへ~楽しいです~~。

TSUTAYA、お店によって料金体系が違うのですね。お店にある旧作だけ見るなら100円は安いです! でも取り寄せが新作と同じ料金だと、取り寄せをお願いするのに躊躇してしまいますね。

エンジェル~のあの約束すっぽかされて寝てるシャロンの家のドアをずーっと叩き続けるシーン、あれいいですよね。今みたいに携帯がないから連絡が取れなくて行き違うのって、今見るとすごく新鮮……!


トの付く作品、あれってジョエル・シルバーが製作だったのですか! なのになんであんな映画になっちゃった? まぁどの俳優にも「どうしてそんな作品に出ちゃたの?」と言いたくなる映画が必ず1本はあるので(笑)、気にしない気にしない。
ロのつく作品はたしかに……(笑)。あれ、たしか元ネタの作品があってリメイクなのです。元映画がどんなのかは知らないのですが、カヴィ版はジュゴンが不気味だったな~って、それくらいしか覚えてません(ヒドイ)。

カヴィーゼルのトライアスロンの写真は数枚出回ってますね。向こう、というか西海岸は乾燥してて日本よりも紫外線がしっかり降り注いでるイメージ。わたしも気をつけなきゃです。