ハイ・クライムズ

high-crimes_poster.jpg


High Crimes (2002)


アシュレイ・ジャド出てるし、過去にもう見てると思ってましたが、「ダブル・ジョパティー」と間違えていました。だってポスターもそっくりなんだもん。

無実で釈放された夫が実は真犯人だったんだよーっていう、まぁありがちな展開のお話だったので、残念ながらこれといって印象に残らず。

軍法裁判なので陪審員も軍人って、それ絶対起訴した民間人が不利に決まってるんじゃないの?とか、フェルナンデスの目の治療記録が見つかっただけであっさり告訴取り下げ、釈放って、拍子抜けでした。

結局、トム/ロンは、9人殺したのは自分だけど、同じ部隊に所属してて証人になりえる仲間は消したし、フェルナンデスが殺したことにして、万が一過去の自分のことをほじくりかえされても必ず無罪になるようにしておいたってことで合ってる…かな?

職業が弁護士とはいえ、夫の弁護を妻がするって、私情入ってやりにくいんじゃないのかなー。


アシュレイ・ジャドの頭がちっさくて首長くって、スタイルの良さに驚愕。

あのおっきな目からぽろぽろこぼれる涙がきれいなジム・カヴィーゼルでした。

関連記事

コメント

非公開コメント