シン・レッド・ライン

thinredline_poster.jpg


The Thin Red Line (1998)


長いし(2:50)、戦争ものだし(どちらかというと苦手…)、テレンス・マリックだし(難解…)、と、避けて通っていたのですが、やっと見ました。

…うん、ごめん、こう、取り立てて書ける感想がなくて…。ほんとにもう、何年ブログやってるのか!という体たらくで。自然や風景の描写の美しさと戦争のむごさが対比して描かれていた、と思う。テレンス・マリックって、水中や海を描写するの好きですよね。


色んな人物のモノローグが入れ替わりで挿入されるので、戦争の意味や考えを色んな視点で見ることができる話の進み方は興味深かった。
あと、ウェルシュ曹長(ショーン・ペン。すごく良かった!)と部下のウィット二等兵(ジム・カヴィーゼル。当然だけど若い)の関係はなかなか良かったと思う。扱いに手を焼いているようで、実はウェルシュはウィットのことを大事にしていると思ったよ。「あなたにはまだ輝きがある」とウィットに言われたウェルシュの表情が複雑で、もう自分は色んなものを失くしてしまったと思っていたけれど、そうではないのだろうか?まだ大丈夫なのだろうか、と思いを巡らせるシーンは良かった。

わーほんともう、これ以上書けない。

キャストが豪華すぎて、え、この人が出てるの、うわー、この人もー!な3時間でした。だってさ、まだ売れる前のエイドリアン・ブロディやジャレッド・レトはもちろん、ジョージ・クルーニー、ジョン・トラボルタ、ニック・ノルティ、ジョン・C・ライリー、ジョン・キューザック、ウディ・ハレルソン、さらに、紅一点の女性はミランダ・オットーだもん!いったいどうやったらこんなすごいメンツが集まるんですか!?テレンス・マリックの20年ぶりの映画ってことで、みんなこぞって、はい!出たいです、出してください!な結果がこれなのかしら。すごい。


ちょうどタイミングよく、もうすぐ公開のテレンス・マリックの新作。クリスチャン・ベイルとケイト・ブランシェット。ほらまた海が出て来てますやん。

Knight of Cups  Official Trailer #1 (2015)

関連記事

コメント

非公開コメント

うわぁ、私、そこまでキャストに気が付かなかったです!!
凄い面子ですねぇ。で、そうか98年作品だったのか…

マリック監督のは監督の哲学というか、詩というか、独特ですよねぇ。新作情報まったく知らなかったので、ありがとうございます。

うわーん、ごめんなさい。こちらのコメントにお返事するのを忘れてしまっていました。恥ずかしい。

私は1998~2001年の映画の情報はすっぽり抜け落ちているので、この映画のことも全く知らずにいました。

作品には日本兵が出てくるのですが、ちゃんと日本人が当たり前にちゃんとした日本語を話すまっとうなキャストと演出で、それだけでも私は高く評価です。
ショーン・ペン、最近私の中で熱いです。

ジムさんはけっこう著名な監督達と仕事をしてるので、今更ながら驚きです。「パッション」も見ないとなー、と思いつつ、その内容と描写にかなり敬遠しています。てっきり「ブレイブ・ハート」の時みたいに、メルギブが主役も務めてると思ってたので、公開当時、色々物議を醸しだしているのを聞いて、こりゃ主役の俳優さん大変だな…と思ってましたが、それがジムさんだったのですねー、としみじみ思い返しております。