デジャヴ 再見

Deja Vu (2006)

前に見たのはもう7年も前!もう一度楽しみました。借りたblu-rayには特典映像が入っていたので、本編見る前に先にそちらを見たんですけどね、これ、監督はトニー・スコットなのですね…。3年前に亡くなっているので。胸が痛みました。

1度目見た時は、矛盾があるストーリーなのでは?と思いましたが、ラストは、爆弾と共に海中に沈んだダグ(デンゼル・ワシントン)は4日と6時間後(未来)から来たダグで、その後クレア(ポーラ・パットン)の事情聴取に現れたダグは、現在進行形の話の中でのダグ。つまり、未来から来たダグはテロが起こることを知ってやってきたけど、現在進行のダグは、まだそのことを知らないので、矛盾はしてない。

で、実はダグのタイムトラベルは2回あって、冒頭で、現場に到着したダグが携帯を鳴らすと、死体袋の中から着信音が聞こえてくるので、これが1回目のタイムトラベル、かつ失敗して死んじゃってる。でもそれも4日と6時間後から来ているので、現在のダグに関わりはない。

じゃあ2回目のタイムトラベルのダグはどこから来たのか?てのがまだ分からない…。メモを送って同僚が殺されてから、2回目のタイムトラベルをするまでの間、というところまでは分かるのだけど。うーん、うーん。


「一生に一度くらい、悪いことが起こる前に犯人を挙げてみたい」ってダグが言ってたけれど、もうこれって永遠のテーマだね。犯罪が起こる前に阻止するっていう。そしたら平和な世の中になりそうなものだけど、ほんのちょっとした、些細なことで、またその先がコロッと変わっていくのが世の常なので、予知はできても阻止は難しいだろうな。予知にも幅があるだろうし。


1度目の感想で、犯人の動機が弱いって書いたけれど、彼はホームグロウン・テロリストって最近どこかで読んだような…。愛国者なのに精神的な問題で入隊を断られたことが直接の原因みたいで。この辺はその国に生まれ育っていないと外の人間には分からない感覚的なものかもね。でももうちょっと説明欲しかった。

わー、またこの人取り調べ中に涙が一筋流れてますよ。がっつり悪役のジム・カヴィーゼルでした。2007年の作品なので、容姿がだんだん今に近づいて来た。


ということで、7本連続で見まくって納得したので、まだ未見のもありますが、これにて一旦ジム・カヴィーゼル祭りは終了!年明けにPOIシーズン4を見始めたいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

お久しぶりです

poiの方でコメントさせて頂いた 瑠璃色カラスです。
あれからの私はと言うと、もう辛過ぎてs1~デリンジャー君までのリピートで逃避しています
(時々s420)
それと ネットで見つけた とってもpoi という見出しで出ていた シェパードとフクロウの写真を壁紙にしてニヤニヤしてるという……

ここに出没したのは この映画以前見たのですが 犯人役がジムさんだった事に驚いたからです。
すごく怖さが伝わってきて、丁度「たそがれ清兵衛」をレンタルで見たばかりだった事もあって、その犯人役の田中泯さんにかぶる迫力!この役者さんなんていう人なんだろう…とエンドロールで探したんですが、よく分からなかったんですよ。
(カビィーゼルなんて名前は英語が良く分からない私にとって読む事さえレベル高)

役も同じようにちょっといっちゃってる感じで闇が 似合ってたし 田中泯さんは舞踊家なので体幹がしっかりしていたのも似ている要素だったのかもしれません。

まさか その人が リース君で再会し その美しさに圧倒されちゃうだなんてね
人生 何があるか分かりませんね(大げさ?)

今 かおりんさんと語り合っているのが 参考になったり 共感したりでとても楽しく拝見させて頂いてます。
これからも大いに語り合っちゃって下さいませ

お久しぶりです!!

瑠璃色カラスさん、お久しぶりです! 2月にコメント頂いて以来、お元気かなと気になっておりました。そして辛すぎてとおっしゃるといことは、S5ラストまで完走なさったのでしょうか。もし違ってたらごめんなさい。
シェパードとフクロウの画像は私も見ました。あえ、ほんとにとってもPOIですよね。それが壁紙(PCの壁紙かな?それともスマホでしょうか?)だなんて素敵です。


田中泯さん! 私は国内のドラマや映画はほとんど見なくて、それゆえ日本の俳優さんをあまり、というかほとんど知らないのですが、10年ほど前(古くてすみません)に見たドラマ「ハゲタカ」に出てた田中泯の印象がすごく強かったのです。なんかこの人だけ演技や雰囲気が違う!って、そう多くない出番なのに目を奪われました。さらにプロフィールを拝見したらもともとは舞踏家と知り、さらにびっくりで。
私が田中泯さんに抱いた印象は、もしかしたら瑠璃色カラスさんが「デジャヴ」のカヴィーゼルに抱いた感想と同じかもしれませんね。「たそがれ清兵衛」、気になってきました。

過去に見た映画に実は今お気に入りの俳優が出てたって、ちょっとしたサプライズというか、えーそうだったの!?な驚きや嬉しさがあるし、数年後とかに別の作品で再び出会えたのなら、その俳優さんとは絶対ご縁があると思います。嬉しいことじゃありませんか! 瑠璃色カラスさんはまたジム・カヴィーゼルに会えることになってたんですよ。

この映画のカヴィーゼルは体にがっつりタトゥーも入れて悪役そのものではありますが、この人はもともとヴィランがうまいし合うと思います。なので個人的にはもっと悪い役やってくれーって思ってます。

また遊びにいらしてください♪ お待ちしてます。

カヴィーゼル でした

あはは〜 カビィーゼルなんて言ってる時点で英語のレベルが分かっちゃいますね。テヘッ
でもね トリさんのブログに出会い英語ネタを読んでるうちに少し興味が出て来たんですよ。

まず気になったのが 「gotcha」
これで「見つけた」って どういう事?って調べたり…(ネットでも、外人がよくガチャガチャ言ってるけど あれは何だ! ってのがあってウケました)
それから面白かったのは 「smashing」s207
突然 日本語で「素晴らしい」って聞こえてホント驚いた!それに意味も同じでしょ
あービックリ!(掘った芋イジるな系ですか⁈)

それから反対に日本語の訳で「おかえり フィンチ」はジーンと来ますね。

いろいろあげるとキリがないですが こんな私もそれなりに楽しんでいます。
これからも英語ネタよろしくでーす。

"V"

瑠璃色カラスさんこんにちは。"v"は日本語にはないから慣れるまでは入力がややこしいですよね。気にせず前に進んじゃいましょう。

"gotcha"の正しい文はなんだったかな。"I've got you."だっけな? 分かった、とか了解って意味の言い回しですよね確か。……ってほんと私の英語の知識はこんなレベルですよん。
私は仕事で英語が必要なわけでもなければ海外に行くこともないので(海外旅行自体は大好きですが、今の状況ではとてもじゃないけど行けそうにないので……)、結局は趣味の範囲を出ないままでレベルアップすることもなく細々と取り組んでいるだけです。
なので気に入ったり印象に残ったフレーズを書き留めているだけですが、何もしないよりはいいかなって。でももうちょっと向上心を持ちたいですね……。

ドラマに出てくる台詞はどれも口語表現なので、つまり教科書で習った英語はあんまり出てこなくて、早口だしみんなが明瞭な発音で話してくれるわけではないので何言ってるかほんっと全然分からないです。
特にこのドラマ、フィンチ役マイケル・エマソンはとーってもきれいな発音ですが(わたし、最初フィンチはイギリス人だと思ってたくらいです)いかんせんものすごい早口で、長いフレーズをワンブレスで一気に話すので、聞き取れない。そしてリースに至っては、もうこの人なんでこんなに囁くようにセクシーに話してくれるのかと腹が立つほど不明瞭でこれまた聞き取れません(笑)。
インタビューやドキュメンタリー映画ではカヴィーゼルはクリアに話してるので役の上なのは重々承知なんですが、もう毎回きーってなりながら聞き取ってます。それもまた楽しいんですけどね!