悲劇も過ぎると感動はなし (砂と霧の家)

House of Sand and Fog (2003)

一時期流行った「○○と××のなんたら」みたいな題名かと思ったら、原題がちゃんと House of Sand and Fog なんですね。雑誌で超お薦め!ていう記事を読んだのと、DVDのパッケージ見てよさそうだったので借りたのですが…うーん、あまりに悲劇性が強くて、涙も出なかったという。
色んなことが重なりに重なって起きてしまった事件、ということだったのですが、キャシーと愛し合うようになった警官がバカすぎ…。この人がいなきゃもーちょっとマシに事態は収まったんじゃないかと。
関連記事

コメント

非公開コメント