スター・ウォーズ/フォースの覚醒

swforceawakens_poster.jpg


Star Wars: The Force Awakens (2015)


今年1本目はスター・ウォーズで幕を開けました。

これがもう、大大大傑作で、文句なしでした。もともと、クラシック三部作(エピソード4、5、6)が大好きで、もちろん公開当時の1978~1983年にリアルタイムで観には行けていないので、デジタルリマスター版が劇場公開された1997年前後は、狂ったように何度も映画館に足を運んだ思い出がありまして(4、5、6とも最低5回は観てるのです)。その後L.A.に飛んで、マンズチャイニーズシアターとか、その映画館のすぐ近くにある、ルーカスが公開時にお客さんの入りを眺めてたハンバーガーショップとか、今で言う聖地巡礼みたいな旅もしちゃったくらいなのですが。

ルーカスがディズニーにSWの権利を売って、SWの新作撮るよーってアナウンスされた時には、あーもうSW終わったな、とまで思ってました。だって、ねぇ…。


これはもう、監督のJ.J.エイブラムスの手腕以外何物でもないでしょう。だって、過去6作を観ていても観てなくても楽しめるし、もちろん観てたら楽しさは倍増だし、この1作だけでも面白いし、あの終わり方で次作も気になるし、あんな大作を引き継いで、かつ破たんしてない物語を紬ぎ、登場人物皆に見せ場を持ってくるなんて、いったいどうやったらそんな神業ができるの!?
最近のハリウッド大作や海外ドラマのあちこちに彼の名前を見るから、そんなにすごいん!?と思っていたけれど、もう完全に彼の才能を分かってなかったよ私。ごめんなさい。
今回のオープニングに、ディズニーはSWに敬意を払ってロゴタイトルは出さなかったんだけど、ラストはJ.J.のプロダクション名であるBAD ROBOTのロゴが出たのね。でもこれはもう出してもいいと思いました!!


さてさて、前置き長くなりましたが、感想をば。

最初の方は記憶がすっ飛んでるのですが、あ、20世紀フォックスのファンファーレがなかったのは寂しかったです。
オスカー・アイザックがこんな大作に出るまでに大躍進したのが驚きでした。そして彼のお供のBB-8は本当に可愛いね!

レイの強さと美しさ。あの衣装は、白っぽいようで汚れているんだけれど、肌の出し具合が絶妙なバランスで、セクシー過ぎず、かつさっぱりしすぎず、彼女とSWのあの世界観に合っていて、すっごく良かった。

そして、フィンとレイがファースト・オーダーから逃げるために選んだ宇宙船は…そう、ミレニアム・ファルコン号!もうここで私、大号泣。あの通路の隅でレイアとソロがキスしたな、とか、ルークとソロが協力して撃ちあったコックピットだな、とか、もう涙腺刺激されまくり。
そして真打登場の、ハン=ソロとチューバッカ。もうこの辺は、ずーっとずーっと泣いてました。さらに、クラシック三部作で流れてきたなじみのある曲が流れてくるものだから、これで泣くなって言うのが無理な話。

何もかもが、クラシック三部作を彷彿とさせる、対比になっているシーンがあまりにもたくさんで。きっと世界中でファンのみんなが「これが見たかったのこれが!」と叫んでいるのでは!?


今回の敵はカイロ=レン。ソロとレイアの息子。こいつがまた激しい中二病っぷりで、どうしてくれよう、と。あ、レイの前でマスクを取った時の顔が、ルー・ダイアモンド・フィリップスにめっちゃ似てました。ちょっと彼のキャラクター描写は幼すぎるように思えたな。これだけが唯一不満だった。

レイはどうやらフォースを使える力があるようで。
受け取ったライトセーバーを、本来の持ち主に返す旅に出たレイ。訪れた先に待っていた、マントの男性。被っていたフードを外し、振り向いたのはルーク。かつて、冒険に憧れた活発な青年の面影はなく、厳しい表情で、差し出された自分のライトセーバーを見て何を思ったのか。

このマーク・ハミルが、アレック・ギネス演じたオビ=ワン・ケノービに本当に雰囲気がそっくりで。こんなに渋くなって帰ってくるとは!


光と影の使い方が非常に秀逸で、特にレイとカイロ=レンがライトセーバーで戦うシーンは、雪の降る暗い森の中で、お互いの瞳に映るライトセーバーの美しさが際立ってた。
ソロが長い通路でカイロ=レンと対峙する場面も、太陽がほぼ隠れ、暗闇に一筋の光が2人を照らしている光景が、これぞまさに映画!と唸らせるシーンで。映画館の大きなスクリーンで観るに値する美を堪能させてもらいました。


キャストはもちろん文句なしで素敵だし、クラシック三部作の主要キャストが全員生存しているのが奇跡。
そして今回は女性が主人公なのは、すごく嬉しい。さらに、レイア・オーガナ率いる反乱軍の本部にいるメンバーに、なんとケン・レオンを発見!映画館で声にならない悲鳴を上げました。レオン、こんなところで再会できるとは!


そして、公開時に知った、ダニエル・クレイグがストームトルーパーとしてカメオ出演してるシーン。これ、私、分かりましたよ!台詞があったし、イギリス英語だったし、何よりあの声で気付きました。

次回作、楽しみです。


1本目がこんな素敵な作品で幸先いい。今年はいい年になりそうだ!!

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは♪
トリみどりさんのおかげで無事に見られました。ありがとうございます~。

え、ダニボン、わかりました?ぎゃー、ワタシったら、わからなかった!!ファン失格…
そして、ルー・ダイアモンド・フィリップスには爆笑です。似てる似てる~。そうなんですよ、なんすか、あの中に病っぷりは~。呆れて、呼び出しをかけたくなったわ。
20世紀フォックスのファンファーレには激しく同意です。
オスカー・アイザックが出ると、つい(ダーシーさん元気?)と聞きたくなる病はいまだ止まりません。

No title

わーい、SW仲間だー。おすすめしてよかった。

ルー・ダイアモンド・フィリップスを分かってもらえる人がなかなかいなくて、嬉しいわー!ね、似てるよね!もうちょっと落ち着こうよ君!なキャラでした、カイロ=レン。

ダニクレのカメオはストームトゥルーパー役っていうことだけは知ってたので、白い奴らが出てきたときは、もう目を皿にして探した甲斐がありました。

オスカー・アイザック、私も「W.E.」がデビューなので、その後「インサイド・ルーウィン・デイビス」、「ギリシャに消えた嘘」と、着々とスターへの階段を上っていることに驚きです。先日のGG賞では、ドラマ部門の男優賞も獲得してましたし、まさに飛ぶ鳥落とす勢いですね。俳優だけじゃなく、ジュリアード卒の音楽家ってのもすごいです!

No title

トリみどりさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございました。
思うよね~、セブンイレブンでおにぎり2個買って、SWの卓上カレンダーもらえばよかった、って!!
(上映前にやっていたキャンペーン。その時は醒め醒めだった)
BB-8関連のグッズが欲しいんだけど、なかなか無いよー(安いのが、爆)。
ポーがかっこよかった。。もう、オスカー・アイザック出てきたところでめっちゃテンション上がったわ♪
あと、ダニクレわかったのね、すごい~、すごい英語耳!!
彼が出てるのって相当有名だったらしいね。。全然知らんかった^^;;
2回目観たときも、「え、これってイギリス英語なん?」って全然わからんかった。
4DXで観た方からTBをいただいたのですが、楽しそう~。。観たーい。

えー知らなかった!

真紅さんこんにちは!えっ!「セブンイレブンでおにぎり2個買って、SWの卓上カレンダーもらえる」って、私今初めて知ったんですけど!!やだもう乗り遅れ感ありありです。私の映画アンテナにSWがどうしても引っかかって来なかったのはなぜっ!

オスカー・アイザック素敵ですよねぇ。セクシーな人たらし感もありますが、意外にも(!?)SWの世界にマッチしてました。

4DX、とっても興味ありますが、近くに該当映画館がなくて。いつか行ってみたいなー。

トラックバック

新たなるサーガ~『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 【2D・字幕版】

 STAR WARS:THE FORCE AWAKENS  A long time ago in a galaxy far, far  away....  帝国軍の流れを汲む邪悪なファースト・オーダーが銀河を支配しつつある 中、レイア将軍(キャリー・フィッシャー)率いるレジスタンスは共和国を支持 し、失踪したルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル...