POI S4 Ep12

しょっぱなから、いつもの"You are being watched"で始まるナレーションがコントロールの声で怖い!
えー、コントロールにはまだ低学年の娘がいたんだ
いつの間にかグリアの使い捨ての駒に成り下がってるしコントロール本人もまだそれに気付いてない
証券取引所の地下での銃撃戦のことも知らされてないって…うわ、グリア怖いなー。コントロール大丈夫なのか
デトロイトまで一緒に来てるファスコだけど、本来の刑事の仕事は大丈夫なのか
どんなにコントロールを尋問しても本人も本当に本当に知らないのだから、ショウの居所は分かんない
フィンチは怒りが高まれば高まるほど冷静で淡々となるのがまた怖い…
リースとグライスの一騎打ち。振り向きざまに速攻敵を2名撃つリースが超クール
エージェント・グライスが、今後仲間、若しくは味方になる…かな?ショウを見逃してくれたくらいだし
グライス役の俳優がめっちゃリーヴ・シュライバーに似てる
このドラマでいい人だといつか消されるんじゃないかとハラハラ
なんとかショウの消息をつかんだフィンチにルートが「ありがとう」って言ったよ!
ルートの弱点って間違いなくショウだよなー
ルートとリースが組んで銃撃戦な上に、怪我をしてるリースに肩を貸して2人で脱出、さらに、ルートとリースがショウを探しに一緒に車で北へ向かうんだけど、S1、2の頃を思うともうびっくりな組み合わせ。そして2人ともマシンへのアクセス権限と持ってるっていう
小さな子供がこまっしゃくれた態度の役って、役の上なんだけど私はこういうの大嫌いで大嫌いで
ふと思ったんだけど、S4での仮の身分って、マシンが与えたものなんだよね?じゃあリースを法を守らざるをえない刑事の身分に設定したのって、ずっとリースを見てきたマシンからの嫌がらせとしか思えない~。マシンはフィンチのことは大好きだから、フィンチには彼にぴったりな大学教授にしたんだろうし
今回コントロールによって殺されたイスラム系の4人は、白ではなかったかもしれないけれど、はっきり黒ってわけでもなく。それで殺しちゃうって、ほんとどうなの、と思わずにいられない

ピアノの旋律が美しいエンディングソングは、少しの希望を感じさせるラインでとても好き。この曲、Mobyなんですね!

Moby - The Violent Bear It Away

s4ep12-promo
関連記事

コメント

非公開コメント