POI S4 Ep14

ジム・カヴィーゼルの目の虹彩が美しいオープニング。この人はもっと日の当たるところに出てその瞳の美しさを見せてほしい
「君と私だけに戻ろう」…Yes!この言葉を待ってた!!
フィンチが陪審員に選ばれたよ。今回は「十二人の怒れる男」ですね
久々にユーモアも織り込まれて、見てて楽しい回
陪審員に選ばれずに済み、やれやれと思ってたフィンチ。ところがその中のひとりの携帯が電源切ってたはずなのに鳴りだして(マシンの仕業でしょう)、そいつはクビ、判事が「では代わりはウィスラー教授、あなたにお願いします」ってお鉢が回ってきちゃったんだけど。その時の判事の台詞が"Your number is up."なんだよね。これ、毎回オープニングのナレーションで何度も聞いてきたおなじみのフレーズ。使い方がうまい
わぁああああ、久しぶりのゾーイ姉さん!嬉しい。リースとゾーイが並んで立つだけでいい男と女のオーラが上がりまくってて。大好きですこの2人。でも今回は、リースに気になる人が出来た、ていうのを表すためのゾーイ登場だったからなぁ…
リースのちょっと呆れたような、見下すまなざしも久しぶり
セイフハウスでゾーイと顔を合わせたフィンチが「ジョン、ちょーっといいかな?」って呼びかける言い方が…(笑)
リースはゾーイに甘いよな~
2人だけに戻るはずが、ゾーイを引き入れてるリースにフィンチは焼きもち妬いてるのかな、なんて。ちょっと穿った見方ですね、ふふふ
ゾーイにかかると天才フィンチも無敵のリースもなんだか上手に手のひらの上で転がされてて、笑える。2人のこと、"Boys"呼ばわりだしね
誤ってマヨネーズを口にして急に苦しくなるってネタは、身内に重篤な卵アレルギーがいる私には勘弁!早くエピペン打って!!
リースもフィンチもモールス信号のこと分かるってどんだけ優秀なの
でも銃のレーザーポインターで信号送られてもねぇ(笑)
「たのむから それを わたしに むけるのは やめてくれ」
「あんしんしろ フィンチ たまは はいって ない」
リースがなぜアイリスとのカウンセリングを続ける気になったのかそのターニングポイントが分からなくて、私の頭ん中は「???」
偽造パスポートにクリップで止められてたショウの写真を見てアイリスの元に行ったから、仲間を失った痛みをもう抱えきれない、とか、誰かに聞いてほしいってことなのかな
リースの私生活は恋愛面も含めて内緒にしておいてほしいです…お願いします…
失うのが怖いから今まで相手に深く踏み込んでこなかったリース
「その習慣を改める時かも」
じゃあリースにはいま生きててちゃんとそばにいるフィンチを大事にしてほしいよ私は!一度手を離しちゃってるんだし!!(物語的にはもうそっちの方向じゃないので、これは私の勝手な希望です(笑))
ファスコは息子がいるから無茶してほしくないよ。それこそカーターの二の舞じゃあないの
「他人を巻き込みたくはない。でも独りでは無理だ」
「以前同じことを悩んだよ。結局君を雇ったんだがね、Mr.リース」そう言って少しだけ見せた寂しげな笑顔のフィンチに、なぜか猛烈に泣けて泣けて。号泣しました
このシーンはS1Ep05のエッグベネディクトのシーンと対になってるかなぁ。あの頃はまだ純粋に人助けをしてて。でも今は、色んなものを失って、苦悩に満ちた世界を生きている2人
関連記事

コメント

非公開コメント