DVD特典映像 "Music of Interest"

ラミン・ジャヴァディが手掛けるこのドラマの音楽には非常に魅られていたので、特典映像は大変興味深く見ました。

驚いたのは、サマリタンのテーマは、マシンのテーマの旋律を逆から演奏してテンポを変えて作ってあること!その発想がすごい!!だからマシンのテーマとサマリタンのテーマを合わせても親和性が出るのですね。いやこれ1本取られたわ。

私は、S1の最終話、フィンチが拉致されて、リースがマシンに、フィンチを助けるために力を貸せって言う時に流れる、"Listening With a Million Ears"が大好きで。このドラマの曲の多くは、ドラマの内容に同じく、ほぼ全編マイナーコードで流れるんだけれど。"Listening~"では、その中でほんの数小節メジャーに転調する部分があって。それが、リースなら必ずフィンチを助けてくれる、という、クリフハンガーなラストだけれどS2への明るい展開と希望が感じられる曲調で、ものすごく気に入ってます。

オープニングのテーマ曲も、毎回毎回聞いているうちに、今じゃなくてはならない曲で。これも、ヘッドホンを使って音大きめでよーく聴き込むとかなり重厚に作ってあることが分かるし、特典映像にもあったように、オーケストラの生演奏で録ってあるので非常に美しい旋律に仕上がってて。ちなみに私のiPhoneの着信音はこのオープニングソングなんだけど、いつもマナーモードにしてあるので滅多に聞けないの(苦笑)。

海外ドラマのオープニングってたいてい1分切ってるから、すごく短くて最初は驚きました。

今、映画館でドラマ「シャーロック」が公開されているけれど、何が羨ましいって大画面もさることながら、音が大音響で聴けるのがいいなー!映画館なら当然サラウンドだし(今ってもう5.1とか7.1チャンネルなんて超えてるよね?)、私も一度でいいからPOIをTHXとかシネマシティ立川の爆音で味わってみたいよ~。

そんな願いがかなうかも?なラウンドワンのこの部屋はすごく気になる。
3月1日にDVD / ブルーレイ鑑賞ルームが登場!

あとこの特典映像、音楽を紹介するために過去の色んなシーンがちょくちょく挟まれるんだけど、久しぶりにS1Ep01のシーンが流れて、リースくんが、というかジムさんが若い若い!しかも、さすがにこれはちょっと痩せすぎでしょう!てくらい痩せててびっくりしました。

関連記事

コメント

非公開コメント