パシフィック・リム

Pacific Rim (2013)

この映画の大ファンの友人がいたので見てみました。
多分これは子供の時にウルトラマンとかマジンガーZとかの、大型ロボや怪獣が出てくる作品を見ていれば見ているほど盛り上がって面白い映画だと思います。そして残念ながら私にその下地はまったくなかったので、流すように見て終了しちゃいました。
主演(?多分彼が主演だと思うんだけど…)のチャーリー・ハナムは人気出そうな容姿だなぁ。菊池凜子とのペアも良かったし、2人の脳をシンクロさせてロボットを動かすっていう発想がよく出来てる。その設定ちょっとセクシーだよな、と思いつつ。


で、わざわざ記事を立てた理由は彼です。

pacificrim_gottlieb.jpg

なんとイギリスドラマの脇役常連かと思われるバーン・ゴーマンが、ハーマン・ゴッドリーヴ博士役で出てた!しかも黒板にびっしり数式を書いたり、衣装がベストにスーツって、めっちゃアラン・チューリングやん!彼をこんなハリウッド大作で目にするとはほんっとうに驚きでした。「あんたこんなところで何やってんの!おかあさんは聞いてないよ!」という気分。
その科学者もパイロットたちと同じようにペアで描かれてて、ゴッドリーブと仲が良いんだか悪いんだかの相方が、こちらニュートン・ガイズラー。

pacificrim_newt.jpg

誰もが「えっJ.J.エイブラムス!?」と思うこの容姿。私も最初そう思いました(笑)。

後ろからちらちらと見てた夫は
「これって車が変身するヤツだろ?」
…それは多分「トランスフォーマーズ」だと思います。まぁ気持ちは分かるよ。


関連記事

コメント

非公開コメント