海を見たことがないんだ (ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア)

Knockin’onHeaven’sDoor_poster


Knockin' on Heaven's Door (1997)


夫に薦められて視聴。ドイツ映画、全編ドイツ語。お金の単位もまだマルクの頃。

病院の検査でガンが分かったルディ、脳腫瘍と診断されたマーティン。入院した病室で隣同士になった2人。夜中にこっそり病室を抜け出しテキーラを飲みながら、海を見たことがない、と言うルディに、知ってるか?天国に行ったらみんなが海の話をするんだ。お前その仲間に入れないだろ?そして、ふたりで海へ行こう、とギャングから車を盗み、めちゃくちゃな旅がスタートするロードムービー。
ロードムービーであると同時に、ほんのりとファンタジーでもあるんだよね。あんだけみんなしてバンバン銃を撃つのに誰一人当たらないし、ギャングの親分(なんとルトガー・ハウアー!)は2人の前に現れるも、金を盗まれたのにもかかわらず彼ら2人の余命がいくばくもないことを知っていて、海を見に行くんだろう?と2人を逃がしてあげる。

そして最後、希望は叶ったんです。海を前にして、言葉がない2人。でもマーティンはそこで命が尽きる。
ラストはもちろん、この映画の題名にもなったドアーズの名曲で幕が下りる。

ふたりとも、特にルディは大人しい性格なのに、旅路の途中からどんどん行動的になって、2人ともかっこよくなっていくのが爽快!そう、私は冴えない容姿の普通の人が見違えるようにどんどん素敵になる、というストーリーが大好きで。この映画も私のストライクゾーンを直球で来ました。

関連記事

コメント

非公開コメント