人気海外ドラマの法則21 どうして毎晩見続けてしまうのか?



フィルムアート社 ISBN:978-4-8459-1577-4

去年から海外ドラマにご縁があるせいか、本屋の棚で目に入ってきたこの本。面白く読みました。内容は多分TVドラマの脚本家を目指す人向けに書かれた内容なんだけど、43分間のドラマがいかにして構成されているか、メイキングみたいな感じで私は読みました。
以前から、アメリカのドラマはどれもよく練ってある話だなぁ、くらいにぼんやりと感じていたことがはっきり言語化して説明してあり、どれも納得、頷きながら読み進めました。
そして凄まじいまでの生存競争。パイロット版を作っても、それが連続ドラマへと続くのは本当に一握り。シーズン23話を走り抜くことなく打ち切りはもちろん、シーズン更新されても視聴率が悪ければこれまた容赦なく打ち切り。そりゃそんな生き馬の目を抜く世界で続くドラマが面白くないわけないよ!こんなのに比べたらさ、正直日本のドラマは出来レースじゃん…。

ということで、シーズン14のCSIとかシーズン10のスーパーナチュラルってすごすぎる。そこまで続けてこられるなんて、ものすごい努力を重ねてるんだし、熾烈な競争を10年以上に渡って勝ち抜いてきたんですよね。もう泡吹いて倒れそう。


私の軸足は今までもこれからも洋画だけど、海外ドラマも積極的に楽しんでいきたいです。ちなみに今猛烈に「LOST」が見たくて。huluに加入すると全エピソードが見られるんだけど、それを友人に話したら、廃人確定だから止めておけって言われました(笑)。

関連記事

コメント

非公開コメント