天空の城ラピュタ

raputa-poster.jpg


天空の城ラピュタ (1986)


なんと30年前の作品です。「ラピュタ」と「ナウシカ」を見てないとなんとなく非国民扱いされそうで、ナウシカは数年前に見ましたがラピュタは今回が初見。夫が、ジブリ作品で一番好きだよ、とお勧めしてくれたので家族みんなで見ました。

親方!空から女の子が!
40秒で用意しな
バルス

ってこの映画の台詞だったのですね!けっこういろんなところで引用されたり茶化されたりしてるけど元ネタはこの映画だったんだ。

そうだな、話はハッピーエンドだし少年少女の淡い恋も描かれてたように思う。ただ日本のエンタメは主人公の年齢は低いし、大人の描写もどちらかというと若い人のものが多いと思う。だから私は最初海外の映画やドラマを見た時どれもみんな描写されるのは大人のものばかりで驚いたんだよね。それこそ付き合ってるふたりのシーンはベッドの事情まで描かれるし。そっちに慣れると今度は日本のものが子どもっぽく感じられてしまって。どっちが良い/悪いではないんですが、一度大人のものを見てしまうとそうじゃないものには私はもう戻れない。

てことでお話についての感想は特に触れません。
好きなシーンは、最初のテーマ曲がオーケストラバージョンで演奏されるところと、パズーとシータがゆっくりと坑道に降りてきて、飛行石の光が消えて一瞬真っ暗になった後、ランタンの光がともってぱぁっと明るくなるシーン。ここは息を飲むほど美しかった。

これね、私も子供の時に見たかった。少年期にしか分からない受け止め方や感情が間違いなくあると思うので。
ちなみに我が家の反応ですが、7歳長男は大喜びで面白く見てました。4歳長女はロボット兵が攻撃してくるシーンは怖がりましたがなんとか最後まで見た。1歳の次女は、奇声を発しながら部屋中をぐるぐる歩き回ってました。そりゃそうだわな。


関連記事

コメント

非公開コメント