POI S2 Ep15

Booked Solid

タイトルは「(ホテルやレストランが)フル稼働している(満室・満席)」という意味。知らなかった!
Ep14に続いて今度はロッカールームでお着替えシーンのジムさんが結婚指輪を外し忘れてます。スタッフしっかりー!
ふたりの制服が全くお揃いではなくて色がリンクしてるのがまたいいわね…
そしてリース君はなぜ制服系のコスプレがこうも似合うのか
リース君確かにその年でベルボーイってどうなの???(ホテルマンはまずベルボーイからキャリアをスタートだったと思う)
支配人の話は全く聞いてないし、しょっちゅうコンシェルジェ・フィンチの元に来て喋ってるし。すごい使えない従業員…
一方コンシェルジェとして大活躍のフィンチ。人当たりがいいからこういう職業がとってもよく合ってる!リース君と大違い(笑)。こんな素敵なコンシェルジュがいたら色々聞いちゃうよ私
思いがけない場面に突然遭遇するとリース君は嘘をつくのがものすごく下手だよね~
ファスコは意外にも突拍子もない嘘をでっちあげるのがうまいというか面白いというか。「俺のチワワ見なかったか?」って。なんでチワワ(笑)
ファスコは相変わらず張り込みに呼ばれてるし本人も「またバーかよ」ってぼやいてるし。そして彼は確かに一貫してノンアルコールの飲み物しか頼んでない
リースが客室の盗聴ワイヤを見つけるシーンで、踏み台や椅子を使わずに天井に手が届くってちょっとびっくり
今回はずっとホテルの制服だったので、リース君いつものスーツ姿に着替えるといかにこの服装がぴったりかを実感
見所は厨房でのリースvsハーシュ。なぜわざわざ武器になるものばかりある場所にやってくるのかがまず疑問なんだけど、まぁこういう所だとアクションシーンが映えるからね。ふたりとも同じくらいの身長と体格だからか格闘するとものすごい迫力あるし、ハーシュもけっこう互角に渡り合って最初はリースが押され気味。けど包丁手にしてのファイトシーンからリース優勢な上に何のためらいもなくハーシュを刺すのが私はけっこうぞっとした。銃より刃物の方が見てて痛い感じがする。ハーシュを即死で殺さなかったのは意外だったけど
お互い包丁を構えて対峙するシーン。その直前に顔を殴られて多分目が霞むのか、リースが視界をクリアにしようと顔をほんの少しだけ振る動作がすごくリアルなんですよ!!アクションシーンはスタントコーディネーターが付いて動きを細かく指示するけど、これは演じるジムがその場で素で出た仕草だと思う。こういう細かいところを見つけるのはすごく楽しい
ハーシュってS2で最初にちょっと登場して次がライカーズでリースを殺り損ない、今回もリースに刺されてるし、こいつ使えないなー、大丈夫なのか?ていうのが私の第一印象だったので、S3のラストであんなに活躍するとはねー!
今回の対象者ミラ・ドブリカはちょっとペネロペ・クルス似でしっかり美人さん。好きです
ペンツーの秘書がルートなのはこれはもうすぐに気付くよね。何を企んでるやら

FBI転職への必須事項ということで、近々嘘発見器にかけられることになったカーター。フィンチにアドバイスを求めると「あれはただの機械だよ刑事さん」と。カーターも「そうね、ただの機械よね」。もちろんフィンチにとっては"a Machine"という言葉はただの機械でもなんでもなくずっとずっと意味があるもので。こういう時、このドラマのもうひとつの主役、フィンチが生み出したAIを何か特別な名前を付けずただ「マシン」と呼んでいるのはなかなかに奥が深いと思う




「1泊してくか?」って。バーにいるからとはいえ珍しくお酒を口にしてるし。ゾーイ&リースのシーンはアダルト度高め


撮影中のアウトテイク

Iowa's 'Person of Interest'

エマさんにネクタイを直してもらった後彼に付いて歩いて行くも照れ隠し(?)でそのまま直進して撮影中のカメラにかみつくジムさん。その様子がかわいすぎてかわいすぎて。エマさんは14歳年上の余裕と落ち着きが感じられます~

関連記事

コメント

非公開コメント