SUITS シーズン1

知人から薦められて見ました。私何を勘違いしたのか、S4で完結してると思ってたんですよ。どうやら「ホワイトカラー」とごっちゃにしてたみたいで。本国は只今S6が決まったんだっけな?順調に継続中です。あー終わってないドラマに手を出してしまった…。

主人公が弁護士なのにドラマの題名が"Suits"って、セクシーよね。スーツを着た時のマナーで、座ったら上着のボタンを外し、立ったら留める、その所作が私はものすごい好きなのです。ふふふ。

さて海外ドラマは知ってる人は知ってるけど私は最近まで知らなかったのが、まず1話目(パイロット)を作って視聴率や局のトップが継続するかどうかを決めて初めてシーズンとして続けられることができるとのことで。そういう意味ではこのドラマの1話目は非常によく出来てる。超やり手の敏腕弁護士ハーヴィー・スペクターと、頭は良いものの、テストの替え玉を引き受けたり友人の頼みでドラッグの取引に手を出してる未来が描けない若者マイク・ロスという全く接点のない対極の世界に生きているふたりがどう出会うのか?という問題を鮮やかな手腕でクリアしてるのが見ごたえあって素晴らしかった。このドラマ、ダグ・リーマンがプロデューサーに名を連ねているけれど、彼は監督じゃなくて制作に廻った方がいいなとつくづく思う。

そしてこのドラマは1シーズン全13話。えーもう終わっちゃうの?もっと見ていたかったな、と思える長さなので、実はこのくらいがちょうどよいのかも。全22~23話って、そうとう脚本が練られて面白くないとどうしても中だるみしちゃう。

1話目で、ピアソン・ハードマンの経営を引退したハードマンと話す共同経営者ジェシカ・ピアソンが、「(事務所の後を継ぐ人間は、)私の心の声はハーヴィーだと言っているの」という台詞から、このドラマの最終目的地はハーヴィーが事務所のトップに就くことかなぁ。それに至るまでの過程をあれこれ描いてくれるのかな、と推測してます。

マイクの学歴詐称はどう解決するのかと思ったら、ある依頼人がハッカーで、問題解決のお礼に彼がハーバード卒という学歴をデータ操作してクリアしたけけど、アメリカのドラマは凄腕ハッカーが出てくる度合いがちょっと多すぎやしないか(笑)。まぁ今はデジタルデータが色んなことに使われるから仕方ないんだけどねー。でもハーバード卒なのはデータの上だけでのことだから、当然同窓会もどきに出席しても周りから疑いの目を向けられるし、頭が良くて勘が鋭いジェシカは早い段階でいつか絶対気付くと思う。

メインの登場人物は6名。誰もかれも魅力的で、その中でもヴィラン気味に描かれてるルイスは実はシーズン重ねるごとにだんだんいい奴になっていくんじゃないか、なんて勝手に予想。
マイク・ロスは見てて好感持てるように描いてあるから見続けていられる。彼は一度見たもの、読んだものは写真を撮ったように記憶することができるんですね。すごい才能。羨ましい…。
ハーヴィーもまた、冷酷冷徹、今まで戦った裁判は全勝っていうおっそろしいほどに仕事が出来る、そして年収もものすごい額を稼いでるのは間違いないNYでトップの弁護士。そんな彼にもジェシカには頭が上がらなかったりと時々隙があるのがこれも見てて楽しいし、彼の過去がこれから色々出てくるんじゃないかと思うと期待しちゃう人物。ハーヴィーとマイクのコンビもいいと思う。この先もこのテイストで行くのかどうかは分かんないけど。
しかしそこまで有能なハーヴィーが、ハーバードを出てないマイクを雇う理由がちょっと弱いと思うの。だって彼の学歴詐称がバレたらハーヴィーの身も当然危機にさらされるわけで。そこまでして彼を取ったのは何か別の理由があるのかなぁと勘ぐってもみたり。
秘書のドナはハーヴィーがまだ検事補だった頃からずっと仕事を一緒にしてるんですね!ハーヴィーが弁護士に転身しても彼女も一緒に職場を移ってきた、そこまで彼女が信頼を置くハーヴィーという人間の奥をもっと覗いてみたい、と思わせるエピソード。
事務所の経営者ジェシカ。ものすごく強い目力。彼女のスタイリッシュな服や言動、揺るぎない自信、仕事への思い、それでいて他者への思いやりに満ちていて素晴らしい女性。ハーヴィーはもう少し冷酷に描写されているのでよけいそう感じる。
パラリーガルのレイチェル。私は彼女が好きだな。マイクと同い年くらいかな?どうしても弁護士の試験に合格できないコンプレックス、まだまだひよっこのマイクをちょくちょく助けてあげてるけど一定の線はきちんと引いていて。でも後半はだんだん距離が縮まってきて。職場が同じで話が合ったり助けて助けられたりで、まぁ恋に落ちるのも時間の問題よね、マイクとレイチェル。

そして女性陣はみなさん毎日職場で素敵な服ばかりで、夜はそのままパーティに出席できるんじゃないかと思うくらいゴージャス。みんなこんな服装がデフォルトなの?もちろんドラマとしてデフォルメしてあるんだろうけれど、それにしてもホント素敵だしかつびっくり。

そして映画ファンの私には見てて楽しい、ちょくちょく挟まれる映画の小ネタ。そんなにマニアック過ぎず、ウィットが効いていて小気味良いのが見てて楽しい。マイクって若いのに古い映画にも詳しいからそうとうマニアだよね?

マイクを巡るジェニーとレイチェルの関係はどうなるんでしょうね。そしてマイクの友人トレヴァー。自分の彼女をマイクに取られたからって彼の職場に詐称をバラしに行くってどんだけ器が小さい男なの。もうこんなやつ友人じゃないよマイク!

1話完結で安心して見ていられるわ、と思ったらまさかのクリフハンガーで1stシーズン終了!煽るねぇ!続きが楽しみです。


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

トリみどりさーん、こんにちは。
やっとティクヴァ監督のラン・ローラ・ランを見ることができましたわ。

suits、あれから探してるけどちょっと見つからず…。でも、「ちょくちょく挟まれる映画の小ネタ」っていうの、気になるなぁ♪
引き続き、探します。

小ネタ~

こんにちは!ラン・ローラ・ラン、久しぶりに私も見たくなってきたー(最近こんなんばっかりです)。

suitsに出てくる映画ネタは私も100%理解できたわけではないのですが、台詞のやり取りにスパイスを与えていて私はとても楽しいです。S2以降もこんな感じで進むのかな?なんて、続きが楽しみです。S2~は7月になったら見ようかな?なんて思ってます。そうこうしてるうちに8月にはPOIのS5も始まりますし。

海外ドラマは見る側も長期スパンで焦らず見進める方がよいですね。今更ながら、やっとこさテンポを掴みつつあります。