気分転換

ひょんなことで「ブレイキング・バッド」を見られる機会に恵まれ、今必死に(苦笑)視聴してるのですが、これが面白いんだがこれでもかというくらい殺伐とした話で、登場人物もハゲとクズとカスしか出てこないんじゃないかという荒れっぷり。久しぶりに目の保養が欲しい!!ってことで息抜きに「大脱出」見てました。

視聴済なのでゆる~く楽し~く見てましたが、この映画のジムはなんかいつもと違う。何が違うんだろう?って考えたら、そうだよ銃やペンを右手で持ってるんだ。まぁこの人両利きっぽいしこれはこれで見てて新鮮です。


そして珍しくFワードを言いまくってる!!中でも通話中に「その逆だバカ野郎」て悪態ついてる時だけ相手に聞こえないよう衛星携帯電話を口元から離すシーンが好き。


所長が付けてる腕時計が随分おしゃれだなーって調べたら(劇中に出てくるアイテムが気になる人です)、Patek Phillipeというメーカーのもので、なんとお値段約2,000万円。にせんまんえん!世の中にそんな高価な腕時計があるなんて泡吹きそう。美しいローズゴールドがよく似合っております。

Spot the Watch: Escape Plan and a Patek Philippe Sky Moon Tourbillon

Watches in Movies -Escape Plan (2013)


他にも、いつもは青みがかった灰色の瞳がここでは緑がかって見えるなぁとか(でもこのスクショじゃあんま分かんないな…)


雰囲気が猫っぽいなとか


相変わらず睫毛長いなぁとか


堪能させていただきました。
あと後頭部にちっちゃなハゲがあって可愛い。



おまけ。ブルーレイのオーディオコメンタリから面白ネタを抜粋

ロケはほぼニューオーリンズ。ブレスリンのオフィスがある設定のL.A.もニューオーリンズで撮影.
「墓場」(刑務所)のセットはNASAのスペースシャトルを造っていた施設を利用した。おかげでだいぶ予算が抑えられた
ホブス所長役はジム・カヴィーゼルのエージェントの方からアプローチがあって出演が決まった
所長が手入れするのは最初は銃の予定だったがセットでガラス箱の蝶の標本を目にした監督がそれに変更。ホブスは子供の頃蝶の収集をしていて今は囚人をコレクションしている、という設定に
ブレスリンは菜食主義者
ロットマイヤーに紙と鉛筆を渡した後にホブスが笑っているのは演技ではなくてカヴィーゼルの素の顔。シュワルツェネッガーと共演できたのが嬉しくて思わず笑顔になってしまった

EscapePlan_jimc.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント