「ほんとはすごく愛し合ってるの」感が足りない (Mr.&Mrs.スミス)

Mr. & Mrs. Smith (2005)

ダグ・リーマン(@ボーン・アイデンティティー)の監督だから期待しませんでしたがやっぱり話のテンポが悪く楽しめなかった。
キャストはあんなにゴージャスなのに。ふたりの心理をもっと掘り下げて描写しないと、「殺し合わなければいけない」事実と、でも「愛し合ってる」気持ちの間を揺れ動く二人の行動や気持ちがはっきりしてこないので、なんとなくダラッとした感じの話になっちゃった。

カーチェイスや爆破シーンが華やかなだけじゃダメなんだよぅぅぅぅぅ、という見本のような作品。

しかしアンジー姐さんかっこよすぎ。

ブラピは「オーシャンズ〜」を見ても思いましたが、コメディな部分がけっこういい感じですよね。閉じ込められた車内から「話し合おう!」と必死の顔なのに、そのまま車ごと落ちていったのが一番笑えました。

エイミー・グラントのBaby,Baby が流れてすっごく嬉し懐かし。でも歌ってるのは本人じゃなかったみたい。
関連記事

コメント

非公開コメント