ブレイキング・バッド シーズン1~4

breakingbad-poster.jpg


Breaking Bad Season1-4 (2008-2011)

S5Ep11まで見たところでちょっと休憩。残り5話をいつ見るかまだ分からないので今まで見た分の感想を。書いておかないと忘れちゃう。

このドラマはほんとにほんとにとーってもえげつない話で、見ていて気分がいいとはとても言えない。「人間死ぬ気になれば何でもできる」ってよく言うけど、その方向が悪事に向かうとこうなるのだ!といういい(悪い?)見本のような話。黒澤明の映画「生きる」と真逆ですわ。
何の取柄もないごくごく普通の中年教師、ウォルター・ホワイト。収入を増やそうと勤務時間外に洗車場での仕事もしてる、そんな彼にガンが見つかり残りの命は数か月。愛する妻、高校生の息子、そしてこれから生まれてくる娘のために苦労をかけないようお金を少しでも多く残したい、と目を付けたのが、自身の専攻分野である化学の知識を生かしたドラッグ作り!1話目から砂漠の真ん中に仁王立ちのブリーフ姿のおっさんに否が応でも目が釘付け、いったいこれはどういう話なんだ!?という強烈な掴みでした。そして2話目は死体を溶かしたポリ容器(その中身は…書くこともはばかられるほどエグイものです当然)ごと2階の廊下から階下にどっっしゃーん!!と落下っていう、すさまじいエピソードが雪崩を打って投下されたらもう後はひたすら続きを見ずにはいられない、それくらい強烈なエピソードの連続でした。

そしてこのドラマの登場人物はなぜだかハゲとクズとカスしか出てこない。特に男性陣はハゲてなければ出演できないんじゃないかと思うくらい見事なハゲっぷり。だって最後の砦だったジェシーもS4でとうとう坊主になっちゃったんだもの。ジェシーよお前もか!

中年教師のウォルター。とてもかっこいいとは言えない容姿のおっさんが主人公。体のたるみはリアルだし、普通なら俳優をいちばんかっこよく美しく見せるために施されるメイクも、他のドラマより薄目なんじゃないかなぁ?って思いました。だからウォルターが身近に感じられるし普通の人である彼がどんどん変わっていく、それも悪い方に、という姿がなおさらリアルでね。途中からは、いったい彼はどこまで堕ちていくのかって恐怖すら感じる。

そのウォルターと手を組んだジェシー。ウォルターの勤める高校の卒業生で今はドラッグのディーラー。このウォルターとジェシーの切っても切れない腐れ縁がドラマの核かなぁ。協力したかと思えば意見の相違で仲違い、お互い殺す殺さないの憎悪を抱きつつも、肝心な所では「ホワイト先生を殺すな」「ジェシーに手を出したらどうなると思う」ってな感じでお互い助け合っていることもあり。その関係がシーズン通して度々描かれるのがループ入ってて、あぁまたか、という感じも無きにしも非ずでしたが、それがこのドラマのふたりなんだよな。それは子弟愛のようでもあり親子愛のようでもあり。
そしてウォルターはなぜかお金に縁がないように思える。危ない橋を渡って命の危機にさらされながらもメスを造って稼いだお金がなぜか、ジェシーを助けるためだとか、取引のための前払いだとか、スカイラーが勤め先の上司・テッドを救うために使っちゃったとか。毎回毎回、手にした大金がするりと彼の元から逃げ去っていくのです。話を盛り上げるためとはいえ見ててだんだん哀れになってきます。

ドラッグ作りという違法なことをしているから見つかったら即逮捕なのはもちろん、そこに更なるハラハラドキドキが加わるのはウォルターの義弟・ハンクがDEA(麻薬捜査官)ってところだろう。身近かつ身内に自分をいつか捜査するであろう人物がいるっていうのはすごくスリリングな設定だし、そのハンクのキャラクターがいい味出してるのです。私が最後に見たS5Ep11は、ハンクがとうとうハイゼンベルグ=ウォルターなのではないか?ということに気付いたところなので、おそらくそこが最後のクライマックスかな、と。果たしてウォルターとジェシーの運命はどうなるのか。ハンクはウォルターを追い詰めるのか。

…と面白くも思いつつ、ただS4のラストはガス・フリングと車いすに座ってベルをちんちん鳴らすおじいちゃん(名前なんだっけ?)が爆殺されて、もうここでこのドラマは終了でも良かった終わり方だったので、S5でまだまだ金に執着するウォルターに対してもう私は感情移入は出来なくなってしまっていて。メス作りは止めて抜けたい、と言いだしたジェシーの方がよっぽどまともに見えてくる不思議。

中途半端なレビューではありますが、あと5話、今年中には完走したいなと思っております。


そうだ、このドラマ、ずっと字幕で見てたけれど途中ちょっと疲れてなんとなしに吹替に切り替えたら、なんとウォルター役は牛山さん。どこをどう聞いても悪事をたくらむ腹黒い腐ったフィンチにしか聞こえなくて私には見続けるのはムリ!すぐに字幕に戻しました。

関連記事

コメント

非公開コメント

お久しぶりです!

とりさん、お久しぶりです!
ホントにご無沙汰してしまって。

先日は拙ブログにご訪問ありがとうございました!

さて、ブレイキングバッドですが、何年か前に見ました~~

ちょっとお薬作りたくなっちゃう展開で・・・・

とっても印象に残っているウォルターの言葉があって、どこかにメモしたのですが、ちょっと探してみたのですが、みつかりませんでした。

病院で検査を待っている間に待合室にいた人と話すときの言葉です。

どこかにメモしてあったと思うので探してみますね。

こんばんはー!!

jesterさんこんばんは!コメントとっても嬉しいです。ほんとにほんとにお久しぶりです。私もこのブログこそこまめに更新してますが、7年間であれよあれよと子供を3人も出産しまして…。い、いそがしいです…映画や海外ドラマ鑑賞が現実逃避となりつつあります。

うふふ、jesterさんはこれご覧になっておクスリ作りたくなっちゃったのですね。ちょっとヤバいですね(笑)。

病院で検査待ちのシーン、私もなんとなくですが覚えております。でも何て言っていたかまでは定かではなくて…。もしメモ見つかりましたら教えてくださいませ。

rulesでのデート、お疲れ様でした♪
007/spectreにrulesが出てきたので、わーって感激しました。訪れたことはないのに内装だけは知ってたので。
またjesterさんのブログに遊びに行きますね。コメントほんとにありがとうございました。

ええええ!

ええええ!
もう三人も!!!!!

たしか前にお話ししていたころ、お一人目を妊娠なさってたと記憶が。

いや~~
時の流れるのは早いですね!

こちらのサイトは、映画ブログにブックマークしていたと思うのですが、最近の事情((爆)
のため、もう一つのブログにも ブックマークさせていただきますね♪

こんにちは!

jesterさんようこそ。そうなんです、2008、2013、2014年にそれぞれ出産して、今じゃ3児の母!3人目は、どうしても、という夫の願いに絆されるような形でした。

いちばん上が今小学2年生です。そして明日から夏休みです(げんなり)。

ブックマーク、恐縮です。ほんとにしょうもないことばっかり書いてるブログなのに、ブクマしていただいていいのかしら…?
最近ドラマの感想ばっかり書いてるので、いい加減映画のコトも書きたいです。

最近はTwitterに流れてるようで、新たにブログを始めたり、続けて書かれる方が減ったように感じます。
継続だけなら得意な私。こんなブログで良ければまた遊びにいらしてください♪