POI S1 Ep03

Mission Creep

さすがに全エピのレビューをするには気力が足りないですが、出来る限り続けて行きます

この頃私は、人を救うって言ってもニューヨーク限定なんだからそれはちょっと無理なんじゃないの?と思いながら見てたので、今思うと初期にこのドラマに乗り切れなかったのはそれが原因かと。人助けを通して人間ドラマを描いているのと、フィンチとリースのふたりのやり取りのクールさや面白さに惹かれるようになってやっとこさエンジンかかって見るようになった。
あと、マシンが特定の人物の番号を出すのなら、その反対側の加害者or被害者の番号は出てこないのか?という疑問もあった。

冒頭から突然廃図書館に現われたリースに対して"Don't you knock!?"(ノックしろよ)とマジ切れのフィンチ
前エピで、自分のせいでフィンチに会社を辞めさせることになってしまって多少の罪悪感はリースにもあるみたいで。まぁほんとに「多少」だろうけれど…
あーこのエピは白シャツに黒スーツのリースだ
出掛ける間際に、運動しろよ、とフィンチにアドバイスするリース
で、その言葉にむっとしたのか案外負けず嫌いなのか、廃図書館内でフィンチはTシャツ姿(!!)で腕立て伏せしてるんだよね、しかも本を読みながら(笑)
リースの偽の身分の名前がトニー・ミラー。偽IDでファーストネームが「ジョン」じゃないのは多分これっきりでは?
"Not every ex-soldier meets a reclusive billionaire."...全ての元兵士が金持ちに出会うわけじゃない
今の時代は頭を使うんだ、とバーでエリート銀行員に絡まれたリースが、そうだな、とばかりに頭突きをお見舞いして、まさしく「頭」を使ってボッコボコにしちゃうのが…(笑)。いつも直球で行くリース君
このエピで初めて名前が出てきた「イライアス」
今回の対象者ジョーイ(演じるジェームズ・カーピネロは、ルート役エイミー・アッカーの夫です)は、亡くなった戦友の妻と娘のために、手に入れたお金をその親子にコツコツ送金する目的で金がほしい、という非常にまっとうな人物で。犯罪に手を染めてはいたけれど、彼に人生をやり直すチャンスを与えたいと思うリースの気持ちもよく分かる。だからこのエピはいいラストだったのでは。そして彼にリースは自分自身の過去を重ねるのもまぁ当然かな
カーターの無線での呼びかけに遠くから姿を見せずに応えるリース。この時の、無線機を逆さに持つリースがいちいちかっこよくて仕方ない

フラッシュバックは2006年、空港で偶然ジェシカに会ったリース。この頃もうCIAにいたリースは、自分には愛する彼女を幸せにする自信や資格はもうないと思ってて、自ら彼女を手放してしまう。このことが後々彼にどれだけの影響を与えることになったのか…
「人は結局最後は独りだ 助けは来ない」
もしジェシカに"Wait for me."(待っていてくれ)、と言えたら、言える勇気がリースにあったら。おそらく何かが大きく変わっていただろうね。ジェシカから「リスクを取ってよ」と言われるも、リースはここぞという時に強く出られないんだよなー。フィンチに対してもそうだけど、大切に思う相手となるとリースは臆病になってしまうのも事実。過去になにかしら大きな出来事があって、そのせいで無意識に恐れを抱いているのかもしれない。それはこの先描かれるのかもしれないし、今回のような描写のみで終わるかもしれない。あと残り13話でそれを期待するのはちょっと無理かな。

エンディング
Massive Attack - Live With Me

関連記事

コメント

非公開コメント

このドラマ

実はジム・カヴィーゼルが結構好きだったので(キリストのは痛すぎでしたが)このドラマ、結構期待して見たのですが、最初の辺(2話ぐらいかな)でこけてしまいました。
なんか設定に無理があるだろうと。

俳優さんが気に入りでも、ストーリーにリアリティがないとこけてしまいます。

でもとりさんが面白いとおっしゃるならもうちょっと見てみようかな?

HULUにあったかなあ・・・

昔録画していたのですが、消したような記憶も。

さがしてみます(こればっかですね)

最近のヒットは、ブログでも書いてますが、ゲーム オブ スローンズ、ダウントン・アービー、シャーロックなどなど。
古くはブレイキング・バッド、ボーンズ、モンク、ローマ、ディスパレートな妻たち、などなど、書ききれないほどいっぱい。

人助け

こちらにもコメントありがとうございます。
海外ドラマ、特にアメリカのものは長いので、乗り切れないと苦痛に感じてしまうかもしれませんね。映画は約2時間で終わるので、飽きずにここまでこのドラマに付き合っていることに自分でも驚いています。

jesterさんの映画ブログで10年前にジム・カヴィーゼル祭りしてましたね。どれもじっくり読ませていただきました。「エンジェル・アイズ」は良かったですが、この人はちょっと作品選びに甘さがあるかな~。もうちょっとシビアに選択してもいいかなって思いました。

ゲーム・オブ・スローンズの人気の高さはちょくちょく耳に入ってます。今年のエミー賞のノミネートもすごい数ですね。これ以上視聴するのを増やすと映画観る時間がますます取れなくなっちゃうので困る!と悲鳴を上げております。

ダウントンはNHKでの放映をのんびり楽しんでおり、今はS4を見終わったところです。これは私の母も気に入っております。

今はレンタル店に行かなくても配信で見られるのも、時代が変わったなーって感じてます。

103再見で思ったこと

こんにちは!
S1は何度も見返してるエピソードもあるのですがこの103は初めての再見でした。
久しぶりに見るとヤサグレ感が残る頬のこけた初期リースの風貌と、途中のカーキ色のジャケットがやけに合ってるなとか(カヴィーゼルって色黒い?)、茶系のスーツはかなりレアねとか、銀行で銃を抜こうとする警備員のホルスターに手をやる指が本当に美しいねとか、中々楽しかったです(笑)

今回の再見でジェシカの見方が変わりました。最初は勝手にハズレ男と結婚したメンドくさい系だけど、リースほこういう守ってあげたい女性が好きなんだからしょうがない、と思ってたんですが。
「ほんとは1人が気楽なんでしょ」って、これ420でリースがやっとカーターに語った本音ですよね。
カーターに、その言葉でカウンセラーも騙すのねと言われたように、リース自身ずっとジェシカと別れたのは自分が戦死するからだと思い込んで自分を騙して来た。でも7年前にジェシカはちゃんと気づいてた。
ジェシカは待ちたかった。「待っててくれと言ってくれたら待つ」なんて卑怯だなって思ってたけど、自分と向き合ってくれない相手に、他にどんな方法があっただろうと、今は思います。

もし9.11がなくても、リースはなんだかんだ理由をつけて別れてそう。リースの恋愛は、誰かと一緒に生きるとか分かち合うとか、他人を背負う大人の関係に至らなかった。選ぶ相手も子供っぽい。カーターが生きていれば、あの信頼関係から恋愛に発展する最強の恋人になる可能性もあったでしょうかね?そう思うと少し救われます。
1-14でダレンに「俺の相場」と言ったあの自己肯定感の希薄さ。子供時代に何かあったのでしょうけど、ジェシカと幸せになるには未熟だったんですね。
って、架空の人物の幸せについてよくこんなに考えてるよって我ながら呆れます(笑)

Take a risk.

こんばんは。このエピの感想、読み返すと短いしあっさりで自分でもびっくりです。読んでてすごくもの足りない……。今書いたらもっといっぱい書いてるに違いありません。またレビューしようかな(笑)。

ちなみに銀行強盗の場に居合わせて床に這いつくばるリースのアングルは最高だなって思います。何言ってるんでしょうねわたしは。

101見るとリース君、というかカヴィーゼルの今との肌の色の違いにびっくりですが、本人あんまり気にしてないみたいでがっつり日焼けしてますよね。せっかくの美貌なんだからもう少しお肌に気を遣ってくれてもいいのに~って思う(笑)。

フラッシュバックでは髪が短めだし、証拠品を盗みに警察署に侵入する時はスーツにネクタイ締めてるのも新鮮です。初期のリースはけっこう色んな服装してて、見返すと驚きます。


さてこのエピは、対象者のジョーイ・ダーバンは恋人と新天地に旅立ち新しい人生を始められるハッピーエンドな終わり方だったのとは対照的に、長距離バスに乗り込むふたりを見つめるリースが思い起こすジェシカとのできごとは、別れで終わる悲しい過去だったといううまい演出でした。S1におけるリースの過去と、現在起こる事件をリンクさせているのはとても素晴らしいなと何度見ても思います。
リースにとってのジェシカの存在や人を愛するということ。リースは愛に対して間違いなく臆病ではあるんだけど、その理由は420ですべて明かされたので、本編でちゃんときっちり描いてくれたことには感謝です。
リースと別れたジェシカはどうしようもないDV男と結婚してしまい、涙ながらにリースに助けを求める電話をしていたことからも、別れたあともリースとジェシカはお互い気持ちは相手に残しているまま。だからこそリースはジェシカとの件を後悔していてどれだけ時が経っても振り払えない。
実はわたしはジェシカがけっこう好きで、ジェシカのほうがリースを引っ張って行ってくれそうなちょっと気の強いところも気に入ってるんです。
そのジェシカはこのエピで"Take a risk."(リスクを取ってよ)と強い口調でリースを責めるように言うんだけど、リスクを取らずに自分の気持ちに蓋をしちゃったんですよね、リースは。お相手がだれであろうとその相手がどんな人物であろうと、自ら願わない限り、リースは幸せになれないと思います。いつも相手の幸せばかりを願ってそれで終わりになっちゃうリースの性格をジェシカは見抜いていたんでしょうね。

かおりんさんが指摘されたリースの自己肯定感の低さ。あれはほんとどこから来るんだろうっていつも考えてしまいます。あんなにハイスペックな能力を持ち合わせ、おまけに顔もいいのに(「俺の魅力を使うか」って冗談交じりとはいえ言ってるから自覚はあるはずだよね!)、自分の価値をまったく見出していないリースはとても孤独で悲しい人物だとも思います。
なのでたとえこちらが思い描くのとは違う形になったとしても、ラストのリースにはなにがなんでも幸せになってほしかったな、とときどき悔しいような口惜しいような気持ちになります。


>って、架空の人物の幸せについてよくこんなに考えてるよって我ながら呆れます(笑)

本編のリースの人物造詣が非常によくつくられているからこんなふうに深く考えられるんですよきっと! 薄っぺらい人物描写だったら想像も妄想も広がらないですもん。
本編が終了しても彼のことはまだまだ色々考えていきたい所存です。かおりんさんもぜひどうぞご一緒に(握手ぎゅ)!

トリさん、ミス ミー?

(なわけないですね、すみません調子こきました…)こんにちは。

銀行で這いつくばるリース、犯人が出て行った直後にフレームインしてくる所、私もテレビ停めて写真撮りました。人がうつ伏せになってる所をカッコ悪くならずに描くのは中々難しいんですが、何故にリースはカッコいいんでしょうか?顔の前の手がねぇ!ついでに起き上がって出て行く所までずっとカッコいいのは(ry
因みに夜、夫が見てた映画でも銃を両手で構えてましたが、普通そうなんですよ。両手で構えてるだけでカッコいいなんてリースだけ!左右の肩が、引金を引く側が上がって支える側が下がるんですがその角度がいいんですよ!ここでも首と肩の角度が!(熱い)

ジェシカは、この103をしっかり見ておかないとこれ以降は弱い所ばっかり出て来ますもんね。2人は好きなまま別れて、ジェシカに至っては捨てられた様なもんだから、DV夫に悩んでリースに頼りたくなるのは至極当然。420でカーターに自分を責めないでと言われたけど、やっぱりどう考えてもリースの罪は大きいです。フィンチのせいでオルドス行くことになってジェシカに間に合わなかったのだけど、フィンチの責任は2割くらい。可哀想だけど、自分を責めてボロボロのリースの傷口に塩を擦り込んで、「そうだあんたが悪い!」と言ってやりたいです!(不憫萌えなんでいいんです)Take a risk!もっと言ってやれ〜!一緒に幸せになることを他人に丸投げして逃げたアンタが悪い!
トリさんが仰る様に自分の幸せを願わない者は、他人を幸せにすることもできないのですね。

そんな可哀想なリースくんなんですが、ジョーイの様に彼女に待ってくれと言えなかったのは、悲しいことにあの自己肯定意識の低さから来てると思うんです。好きでそうなったわけじゃないでしょうに、悪いと責めるドSな私。
私は児童心理学とかその辺は全然詳しくないのですが、幼少期に無条件の愛を与えられ無かった子供は自己評価が低い、という話を聞いたことがあります。で勝手な推測なんですが、トリさんのブログでリースは養子だったかも?とあったこととか、カヴィーゼルかインタビューで「子供の頃兄弟が暴力振るわれるのを止められ無かった」と言ってたことから、リースは幼少期を施設で過ごし、そこで他の子が虐待されるのを見ていたのでは?という仮説に辿りつきました。立場や力の弱い者が理不尽に傷つけられる様は誰でも許しがたい怒りを覚え、それは視聴者やフィンチや他の登場人物も同じなんですが、リースがそういう時悪鬼の様に加害者を(怒りを通り越して)憎むのは、過去に自分が弱い存在だった時に理不尽に傷つけられた経験があるからなのかもしれない、と勝手に脳内補完しています。
制作陣がそこまで考えてたかは分かりませんが私の「勝手にリース妄想」は止まりません(握手返し ぎゅ〜)

でもジェシカの時の失敗から学んで、ジョーイにはすぐ一緒になれって。たぶん同じことがまた起こったら今度はWait for me.が言えたと思います。(実際は起こらず、自分の腕の中でカーターを看取るというorz)
9.11が起こる前はジェシカのために除隊して、一ヶ月後にはボートを買ってジェシカをfirstmateにするって言ってたので(スクリプトより)、世界と繋いでくれる人に出会っていい様に変われていたのに、傷ついた人のために何かしなければという思いから再入隊してあんなことに。不運で幸薄いリース、本当に絆の少なかったリース、世界と繋がりたかったリースは悲しいけどもう逝ってしまいました。でも誰かの心の中に残れば生き続けられるそうなので……

新たな103レビュー、ぜひお願いします!

I did miss you!

こんばんは。わたしもリースみたいに一度は言ってみたい、"Miss me?"って!
そしてかおりんさんは床に這いつくばるリースの姿を撮ったんですね……(笑) でも分かる。よく分かります……!あのシーン、すっごくセクシーですもん。普通這いつくばる姿ってすごい不格好になるはずなのに、この人はどうしてこういちいちやることなすことかっこいい上に、色気ダダ漏れなんでしょうか。身を翻して出ていくその最後のシーンまできっちりかっこよいジョン・リースでした。

わたし久しぶりにこのエピ見返したんですが、銀行を襲ったジョーイは客の中にのちに仲間に入れてくれって現れる男がいたことには気がつかなかったのかなって。
あんな美形が床に這いつくばってたら嫌でも目を引くような気がしてならないんですが……。


DVDの101にはオーディオコメンタリーが付いてまして、制作のジョナサン・ノーランが言ってましたが、カヴィーゼルは「G.I.ジェーン」の時から軍の施設で銃器や戦闘訓練を受けてるって言ってました。ということはもう20年近い月日が流れているわけで、そりゃうまいはずだよ! ってめちゃくちゃ納得しました。 
ドラマについては分からないですが、他の俳優さんたちが1本の映画のために短期間(とはいえ撮影前の準備期間は6ヶ月~1年とかなり長いですが)のあいだアクションシーンの指導を受けるのに比べたら、カヴィーゼルはそうとう筋金入りですね(決して他の俳優さんを下げる意味合いはありません)。
アクションやガンファイトにリアリティが出るだけでなく、すでに銃器の取り扱いは完璧だから、身体の隅々まで神経を行き渡らせることが可能な結果、所作の美しいシーンを生み出すことができるのではないかなと思いました。


わー、かおりんさんはけっこうリースに厳しいですね? 愛あるゆえの厳しさですね。
わたしはジェシカとの件は「まぁ仕方ないよねぇ……」って思いながら見てるくらいですからリースにすごく甘いです~。だから120でジェシカにやっと"wait for me."って言えたけど時すでに遅しだったシーンはとても胸が痛みました。電話越しとはいえ、やっと言えたのに……!って。
ジェシカは"Take a risk."の前に"You wanna be brave?"(確か字幕は「勇気を出してよ」だったかな)ってリースを焚きつけるような言いかたをしていて。 さぁ、勇敢になって、リスクを取って! と言うジェシカは、たった半年だけのお付き合いだったけどリースの性格や過去を見抜いてたんですねきっと。


幼少期に褒めてもらったことが少なかったり愛情が足りないと自己肯定感が低い大人になるのは事実だと思います。またまた101のオーディオコメンタリーを引き合いにしてしまい申し訳ないですが、「リースがしていることはいじめっこ退治」ってノーランとプロデューサーのグレッグ・プレイグマンも言ってました。
ですので過去いじめられっ子だったり、目の前で暴力を振るわれても何もできなかった幼少期の反動が今のリースの言動の元になっているというかおりんさんの説は、おおいに支持したいです(細かく書いてくださったことを大雑把にまとめてしまいすみません)。


リースはどんな過去を持つ人間だったのか、すべて知りたかったような。でも本編ですべて描かれていたら、それはそれでつまんないな、などと勝手に心が揺れます。実際は描かれなかったので迷うことも困ることもないんですけどね。


見応えのあるエピは何度レビューしても楽しいので(実際310と316は二度書いてます)、いつかこのエピも再レビューするかもです。でもあまり期待はせず、どうか長い目でみてやってくださいませ。

いつも楽しくかつ鋭い洞察のコメントありがとうございます。感謝です。

アイリスが指摘してました!

こんばんはトリさん!
偉そうに仮説立ててたらほぼ似た様なことを408でアイリスが、歩きながら、サクッと言ってるじゃないですかーー(笑)
昔いじめられっ子で後にいじめっ子を叩くヒーロー願望とかなんとか
主人公の人助けの最中に邪魔しに入る、というアイリスの描き方はどう転んだって脇役クラスで、後に主人公が結婚を考える相手の描き方じゃないのでこの回の脚本ホント拙いです。
そもそも精神科医は人の内面を上から目線で診断する立場の人なので、脚本も役者も好感度を持たせるように描かないと見てる方はイラっと来るのですね。しかもこの場合リースが自分で受けに行ったわけではなく強制されてるカウンセリングだからよっけいイラっと来ます(笑)
しかもこの医者リースに騙される無能なんですよ。彼は本音を医者ではなく臨死体験中にカーターにだけ語るわけですから!そしてリースにヒーロー願望はないから!

余談ですが123のキャロライン・トゥーリングは好感度の高い精神科医でした。ルートはめーーーーっちゃムカつきますけど!(女優さんすごいです !)

その点ジェシカはいい女だったんですね・・・・。恋人の弱い所をちゃん見抜いていて。リース、女見る目はあるね!カーターも、いい女でしたしね、男としては見てもらえなかったけど。(なのに なんで最後にそんな浅い女に引っかかった、家庭に飢えていたのか)

リースの過去、幼少期の描写はなくて良かったと思います。同じ経験をしても皆が同じ様になるわけじゃないので、変な言い訳になってしまってはリースのカッコよさが褪せてしまいますから。

トリさんのお持ちのブルーレイはS1のオーディオコメンタリーが入って1-01が70分バージョンなんですよね?私も買おうかなと思うんですが、アマゾンで似た様なのが値段違いで色々あってわからなくて手が出せません。
私にはアクセス出来ないコメンタリーの情報教えて下さってありがとうございます。

なんですと~!?

え、408でアイリスがそんなこと言ってましたか! だめだすっかり忘れている。私の脳内でもはやリース君と彼女とのことはなかったことになっているので……(ひどい)。
アイリスをカーターやジェシカと同じくらい人物描写や背景がきっちりしていたり
、恋に落ちるまでの過程が丁寧に描かれたらまた違った見方ができたかもしれないですが、なんかよく分からんうちに突然出てきたと思ったら、リースとえーそれー!? な関係になるのがダメでしたね……。どうしてそうなった!?ってあまりにも急な展開にこっちはただただポカーンとしてました。
ただでさえS4やはースとフィンチの刑事と教授という仮の身分がどうもしっくりこなくて、もにょりながら見てたのに。

そしてそう。それです。リースが必死になって敵をつぶそうとしている時にアイリスが横から話し続けるのももうほんとダメで。この人ほんとどうにかしてくれーって。
んんん、思い出すとどんどん腹が立ってきちゃうのでこの辺でやめときますね。もう終了してしまったドラマなので、せめていいところを積極的に見つけていきたい所存です。


キャロライン・トゥーリングからルートへの変貌はほんとすごかったですね! 仕事ができる有能な人物なんだけど女性としての弱さも伏せ持った精神科医、ていうフェイクの人物をルートが完璧に演じていて。
リースはリースで、対象者である彼女の本性を知らないまま、血を流しつつも全力で守ろう、守りたいと思うのがまたたまらない。ホテルでキャロラインにチョコレートを手渡すリースのシーンとその時の台詞が大好きです。

ブルーレイは特典に101のオーディオコメンタリとエクステンデッドエディションの54分版(ごめんなさい、70分は間違いでした)と、さらに54分版にもコメンタリが入ってます。NG集もあり、とても充実しています。
それに比べるとS5のブルーレイとDVDの特典は何も入っていないに等しいので、いまいち食指が動きません。

 S1、2はUS版のDVDとブルーレイ両方に日本語字幕と吹替が入っているんです。ですので安く買うならそれがおすすめですが、画面が飛んじゃうとかの初期不良もけっこうな頻度であるので、品質を求めるなら間違いなく国内版を買うに限ります。なにかあったら返品・交換できますし。
 かおりんさんは、もういっそS1~5の本編も特典も全部入ったコンプリートボックスを買うのがよいんじゃないかな! 発売当時よりだいぶ値が下がって来てますよ(と甘い誘惑を囁いてみる)。