マダム・イン・ニューヨーク

english-vinglish-poster.jpg


English Vinglish (2012)

公式サイト

インド映画は日本でも増えて来てるけど、この作品は歌やダンスが少なめでとっつきやすくしてあるし、舞台がNYであることでインド映画の色を薄くはしていると思う。そして異国の人間が言葉が不自由な国に来て、それを克服していくだけならその主人公の国籍は英語が母国語ではない国ならどこ出身でもこの話は成り立つと思うけれど、それだけで終わらなかったのは、主人公の女性、シャシが英語を学ぶことを通して自分の人生の可能性が大きく広がっていくのと、周りから低く扱われていたことに気付き、それに対して抵抗を彼女なりにだんだんと示すからなんですね。女性はおそらくこの映画に共感するだろうし、多分どの国の女性が見ても大なり小なり頷ける部分があると思う。

御多分に漏れず私もそうやって共感した人間のひとりで。そしてシャシがとても清らかな心の持ち主だからこそ、彼女がそんな目に遭っているのがよけい理不尽に思えてくる。知らず知らずに彼女を応援したくなるし、自分自身の初めて外国へ行った時、現地で言葉が通じなかった等の経験。いいことも悪いことも、思い出せば出すほど彼女への共感度は加速しちゃうね、これ。

シャシのインドでの生活が最初に描かれるんだけど、ここで彼女に感情移入できる描き方は導入部としてとても上手だな、と思いました。夫は仕事で英語を使うし、子どもたちも英語が公用語の学校に通っているから問題なく話せるんだけど、シャシだけは苦手でそのことにコンプレックスを持っている。さらに、思春期の娘は母が英語ができないのを馬鹿にしているフシがあるんだね。
そして、女性は公の場で他人と渡り合わず、そういう場面は男性である夫が出るもの、という、シャシ自身の考え(というか、本人の意思に関係なくそうしないといけないと思わされている)と社会での通例。そういったものが、シャシを奥ゆかしく、時に無力な人間に見せているのだけれど、彼女だって自分の意志がある。彼女が内に持つその本来の気質は、ニューヨークという異国で、自分がそうしなければいけない、といういつもの制限や他人の目や社会とは切り離された土地で、だんだんと現れて彼女は解放されていく。

姪の結婚式のお手伝いという形でまさか自分だけが先にアメリカへ、しかも5週間近くも滞在しなければいけなくなってしまい、英語が不安、初めての外国が不安、さらに家族と別々、子どもたちにもしばらく会えない。そんなシャシは、とうとう出発の日の朝泣き出してしまって。他の家族、しかも同居している義理の母まで、アメリカに長く行けるシャシを羨ましがってると言うのに、シャシの気持ちはもうそれどころではなくて。もうここで、なんて清らかな心の人なんだろう!って私はいっぺんにシャシを好きになった。
サリーをまとい、空港のチケットカウンターでのチェックインやドルへの両替。何もかもいっぱいいっぱい。でもそんなシャシを勇気づけるように、飛行機の隣の男性がまたいい人で色々と助けてくれるのです。彼がNYに到着後に言う、「どんなことにも『初めて』がある。恐れずそれを楽しんで」という言葉。すっごく良かった。その彼、機内で吹替えや字幕が付いていないのでシャシが楽しめないアメリカ映画(「ミッション:8ミニッツ」でした!)をわざわざ全部ヒンディー語に訳してシャシに伝えてあげて。爆発シーンでふたり一緒にぎゃってなるのはすごいウケた。

そんなやっとの思いでNYに到着するも、ひとりでは街のカフェで注文をうまく伝えられない上、店員から嫌味なことを言われ続けてショックのあまり店を飛び出してしまったシャシ。そんな彼女の目に入ったのは、街中を走るバスに載っていた英会話学校の広告。4週間コースのレッスンは今日から、と知った彼女はすぐさまその学校に出掛けて入校。もうその勇気だけでもすごいと思うのです!拍手!

少しずつ英語を理解できるようになり、クラスメイトたちとの絆も深まり、でも4週間の英語クラスの最後の日は姪の結婚式と重なってしまい。当日は試験は午前、お式は午後。試験は受けられる!となるはずが、シャシはダメになったお菓子・ラドゥーを作り直すため最終試験を受けられなくなってしまったけれど。
その代わり、姪の結婚式で英語でスピーチをしたのが彼女にとっての卒業試験。その結婚式にはシャシの英語のクラスメイトが全員駆け付けてくれて。しかもちゃんと、クラスで習った相手に許可を求める時に使う"May I?"を最初に使ってて、これうまいです!インド映画は本当に丁寧に描写してくれるのでこのラストは読めたけれど、それでも涙、涙でした。というか私は最初から涙しながら見てました。あーもうほんと最近涙もろくて仕方ない。
同時に、妻が自分の知らない世界に飛び込んでいくのを夫は面白くなく感じているのも描かれてるんですが、あーこれね、こういう夫いるよね!何がそんなに不満なんだろう。妻は狭い家庭の中だけで生きて自分の世話をしてればいいって思ってるんだよね?もう考えるだけで腹立たしい。噴飯ものですよ!ぷんぷん。

ラストはお約束のダンスと音楽。でもこの音楽がとってもキャッチーで、思わず一緒に踊りだしたくなるハッピーなラスト。これは「きっと、うまくいく」でもそう感じたので、最後が幸せな気持ちになれる映画ってとっても素敵。だって見終わって、あぁ良かった!って思えるもの。

English Vinglish (Full Female Version) | Sridevi

シャシ役のシュリデヴィの透き通るような美しさと吸い込まれそうな大きな目、そしてゴージャスなサリー。うっとりするような素敵な女性で、彼女がたどたどしくも一生懸命英語を身に付けて行く過程がとてもとても、本当にとても共感できました。
知り合いからおすすめされて見ましたが、出会えて良かった!


関連記事

コメント

非公開コメント