2005年は

家を建てた事が一番大きな出来事でした。
さて恒例の年末映画ベスト選出。どれが1位、ではなく、今年観た映画で良いと思ったもの

バタフライ・エフェクト…アンハッピーなハッピーエンドが素晴らしかった

RotK SEE…もうここまでくればSEEも観ないと!LotRに4年間を費やしました(笑)

運命の女…映画というエンターテイメントを余すことなく使い切った素晴らしい脚本、ストーリー、キャスト、映像

ボーン・スプレマシー…マット以上に存在感があったカール・アーバンに拍手を。スピード感ある音楽も良かった

インファナル・アフェア…ストーリーのうまさに脱帽。いさぎよくこの1作だけでよかったのに…

ビフォア・サンセット…人生を共に過ごしたい映画、と言ったらいいのか。また10年後にジェシーとセリーヌに会いたい


なんだか最近こぢんまりした質の良い作品に出会えなくなってきました。もっと色々勉強して沢山映画見ないと!来年も頑張るぞー!
関連記事

コメント

非公開コメント