POI S1 Ep21

Many Happy Returns

今回の対象者、サラ・ジェニングス役ダグマラ・ドミンスクは、なんと「モンテ・クリスト伯」(2002)でエドモン・ダンテス(カヴィーゼル)の恋人メルセデス役だった女優さん。つまり映画で共演したふたりが10年ぶりに今度はTVで再共演してるんですね。すごい偶然だ
リース君、フィンチより図書館に先に来てコーヒーを淹れ、フィンチの机の上に靴のままどっかりとあの長い足を乗せて本を読むって、とってもお行儀悪い~
上司に対して「点数稼ぎだよ」なんて言ってますが、まぁようするにこの人、番号出ないとやることないんですね…
「今日は休むといい」って言われたリースが、「…は?」って見せるこの微妙な表情…対照的に、妙ににこにこ笑顔のフィンチ
「知ってるぞ、今日は誕生日だろう?」とポケットから取り出したのはリボンがかかった小さな箱
「今日は一日好きなことをするといい」と、さー行った行った、とていよく廃図書館からリースを追い払っちゃうフィンチ。でも本当の理由は別にあって
そして残念ながらリースは仕事以外にすることがない…趣味とか一緒に過ごす友人とかそういうのは皆無で、自宅の簡素なアパートに戻ってコーヒーメーカーを火に掛けながら、ラジオか何かで野球の中継を聞く以外の楽しみがない…しかもこの時点でまだ朝の8時台
スーツの男を追うドネリーが、2011年に殺された男性の件で彼の指紋を見つけた、ということで、ドネリーとカーターが一緒に捜査。ニューロシェルに向かう前に、どうすべきかカーターはフィンチに相談するんだけれど。フィンチは自分が彼の過去の顛末をカーターに語るのは適任ではないと思っているんだね。だから優秀なカーターを信頼し、彼女自身でリースの過去を見つける方がふさわしい、と捜査に行くよう勧める
カーター不在のため、フィンチはファスコと組み行動を起こすのですが。ファスコは案の定サラの尾行に失敗、代わりに現場に出たフィンチも同じくサラを追う夫ジェニングスに声を掛けられ疑われちゃって。そこへ助けに現れたのがリース。てことはつまりいつものようにフィンチを尾行してたんですね



自分抜きで仕事をしてたフィンチに怒っているだけじゃなく、今回の対象者サラはDVの被害者ってことでリースの怒りはさらに増長
「今回は君の感受性を考慮して外したんだ」とフィンチは気遣うも、「俺の感受性の問題なんか後回しでいい」となかば脅すようにサラの情報を出させるリース。このエピのリースはずーっと瞳孔が開きっぱなし。悲しいかなそういうリースはたいへんに美しい
サラの夫ジェニングスが勤める連邦捜査局に勝手に侵入したリースが、彼の元に向かいながらスーツのボタンを外す。ボタンひとつで彼の感情やこれから彼がすることを表現するの、すごくうまい
強硬手段でサラに手を出すなと脅したのが逆に夫のジェニングスを暴走させることに。リースの強引なやり方に、仕方ないとはいえフィンチは少々怒っている
このエピのフィンチの上着。風にあおられちらっと見える裏地のピンクがすっごくおしゃれ
捕まってしまったサラを夫から取り戻して逃がすため、フィンチの車とラップトップを手に入れるとリースは一言「車から降りろ」。何も言えないままただリースに従うしかないフィンチは、カーターにリースの居場所を尋ねられても、「今どこにいるか、分からない。もう彼を止めることができない」



ジェシカの母から、以前付き合ってた人だったら娘を幸せにできたかもしれない、という言葉を聞き、彼女の遺品の中から見つけた1枚の写真。これ、見つけたのがカーターで本当に良かったと思う
ニューロシェルでの捜査を終えたカーターはリースの過去を知って、ジェニングスを殺すのではないかと言う危惧を抱いて彼を説得しようとするのだけれど
「自分がすべきことをやる。警察は助けにならない。だから俺は自分がすべきことをする」…カーターの説得さえ聞かず、そのままリースは車を走らせて去ってしまう
翌朝署に戻ったカーターは、取り寄せた資料からリースの経歴を全て知る
ここでリースの誕生日が5月1日、出生地はワシントン州ピュアラップ、ファーストネームはJohn 、ミドルネームはHで始まり、ラストネームのスペルの最後はs ということが分かるけど、リースってホントにピュアラップ出身で、ジェシカと同郷だったんですね!S1Ep15でピーターにそう言ったのは、彼の興味を自分に向けせるため嘘をついているんだと私は思ってました
そのリースの軍歴は、カーターの表情からすると、おそらくそうとう厳しい内容だったんだろうことがうかがい知れる
資料はすべてシュレッダーにかけるも、写真だけはどうしても処分できず、そのままそっと自分の上着の内ポケットにしまうカーター



そしてこのエピソードは、第1話と呼応してるシーンがいくつもあって、1話目最初のリースのモノローグとメキシコでのジェシカと一緒の休暇、そして終盤のクィーンズボロ・ブリッジたもとの公園でフィンチとリースがベンチに座って話をするシーンはこのエピでも再び繰りかえされました。特にS1Ep01冒頭のリースのモノローグは実は過去にピーターの前でリースが言った言葉だということが分かり、ものすごく胸を衝かれました。
何の接点もなかったように見えて実はふたりは過去に関わりがあったことが、シーズン終盤においてようやく全体像が描かれ、ここが着地点になったかと。よって残り2話は、マシンを巡る話へと変わっていきます。

この回は上司が部下に部屋をプレゼントっていうすごい話なんだけど、これって実は、あの部屋の大きさと豪華さはそのままフィンチのリースに対する罪悪感を表しているんだよね。そうでなかったらとてもまっとうなドラマとは思えない…同性の上司が部下に、部屋をプレゼントって…上司が、部下に、部屋を…(もうこの辺でやめとこう…)

フィンチから渡された住所を頼りに見つけた部屋。いぶかしげに思いながら先に受け取っていた鍵を差し込むと確かにドアは開き、中に入るリース。部屋の様子をうかがいながら窓際から下を見ると、そこにはいつもボードゲームを一緒に楽しむ盲目の老人、ハンの姿が見えて。その場所が見える部屋を選んだフィンチの思いを受け取ったのでしょう。やっと穏やかな笑みを浮かべるリース。そんな表情で終わって、本当に良かった。ホッとしました

 

今回の事件でフィンチがリースに強く出られない理由。それは以前から何度も番号が出ていたジェシカの死を止められなかったから。リースが訪れた病院にいた車いすの男性。それは実はフィンチで、リースにぶつかってしまい、"I'm sorry."と言うのだけど、これはもう原語で聞くに限ります。ぶつかってすいません、だけじゃなく、きみたちを助けてあげることができず、本当にすまない、という幾重にも意味が含まれているので。




リースとジェシカの経緯をまとめると
2001年9月 (S1Ep01) 付き合って半年。ジェシカは西海岸に住んでいて、リースはフォートルイス基地に勤務の特殊部隊員。メキシコで一緒に休暇中、9.11のテロが起こる
2006年2月12日 (S1Ep03) 空港でリースがピーターと婚約中のジェシカと偶然再会。リースはCIA所属
2008年11月4日 (S1Ep15)  ニューヨークのバーでリースはピーター・アーントに近づく。その時ピーターは「家を買って、妻(ジェシカ)ともうすぐニューロシェルに引っ越すんだ」と話す
2010年の多分12月 (S1Ep20)  リースとカーラ、モロッコでの任務の後オルドスへ
2011年2月 (S1Ep21)  リース、ジェシカの勤務先の病院で彼女の死を知る

リースが女性や子どもといった力の弱い人に優しいのは、彼の心根がそういう人間なだけでなく、愛する人をDVで失ったからという理由がこのエピで明かされて。それを知ってから改めてS1Ep04を見ると、デートレイプを繰り返すアンドリュー・ベントンに対するリースが、なぜあんな態度(「俺はあんたの処遇をどうしたらいいと思う?」)だったのか今ならその訳が分かるし、このエピでカーターがメキシコの刑務所からかかってきた電話に「そこには他にもアメリカ人はいますか?」という質問は、ベントンのことだろうなという推測が成り立つ。

で、2010年、リースはピーター・アーントを最後はどうしたのか。私なりに出した答えはS4Ep16のレビューで書いてます。


オフショット。「ジェシカとリースの写真」の撮影風景



The Flaming Lips - Revenge



さてここから下は激しくネタバレ。この先のエピを未見なら絶対読んじゃだめです。


オルドスでの出来事と、それに伴うジェシカとの顛末はここでいったん終結し、私は初見ではこのエピでもうすべて描き切ったと思ってたんです。でもそうではなくて、それどころか話が進むに従い、上の時系列には実はフィンチが大きくかかわっていた。だから"I'm sorry."の意味は、番号が出ていたのにも関わらずジェシカを救えなかっただけじゃなく、リースがジェシカの元に間に合わなかったのはあのラップトップ、つまりフィンチが仕込んだウィルスが遠因だということも明らかに。業が深すぎる。
さらにここがフィンチとリースが初めて出会った接点かと思いきや、さらに遡って2010年のダニエル・ケイシーの時が出会いだったという(ただしリースはこのことも知らない)。この時間軸の活かし方が素晴らしいし、このドラマの面白さはこういうところに詰まっていると思う。
S4Ep20では、このエピでカーターが上着のポケットに入れたあの写真。それがカーターの死後、あんな形で再登場するなんて。あの写真をカーターはどうしたんだろう?と疑問に思うも、まさか回収されるとは思ってもいなかったので、本当に驚きのエピソードでした。

関連記事

コメント

非公開コメント

過去と現在

このドラマは過去のエピソードがちらばって出てくるので、一回観ただけではそのつながりがわかりにくいです(私には)
なので、トリみどりさんのレビューを読んで、『おお、そうだったのかー』と納得したり補完したり・・・とても助かっております。
リースとジェシカの経緯も書いてくださり、すごくありがたいです!

フィンチさんが病院でリースとぶつかるとこ、テンション上がりました!

私も分かんなかった

こちらにもコメありがとう♪

私も1回見ただけではさっぱりでした。なので他の方のレビューをたくさん読ませていただいて、自分なりに解釈しているところです。
私はどうしてもリース寄りの見方をしてるので、彼の辿った経緯や心境はすごくすごく深く洞察してあれこれ考えるのが好きなのですが、フィンチのことは難しい…多分私の頭がとっても悪いからだと思います(キリッ)。

最初に出てきたぶつかった人が、最後に同じシーンがまた出てきて実はフィンチだったっていうの、うまいですよね。

映画もそうだけど、ほんとに面白いドラマは見ててよく分からない部分があっても、それでもこの先どうなるんだろう、ってぐいぐい引っ張っていく吸引力がありますね。それはやはり脚本がよく練られているからじゃないかなって思います。
私自身が、どんなにキャストや監督の知名度が高かろうが、演技力がすごかろうが、まず脚本ありきで見る人なのでよけいにそう思うかな?


はじめまして

今ごろ配信で一気見してPOIとリースくんにハマってしまい、色々なブログを拝見しています。

こちらの沢山の記事、洞察、語彙が素晴らしく楽しませて頂いてます。
私的には今がピークで、すみません古い話題へのコメント…。
私ヒアリングができないのですが、所々に英文を書いて下さってるのでそこは聞き取りが出来て、分かると更に面白くなり、また、時間軸が複雑なので人様の記事に理解の助けを頂いてます(だいぶ頭が悪い)。
それでも、冒頭でバスの中でリースが子供たちと話した時腹に血糊ついてるんですが、どのタイミングなのかが謎です(笑) まさかオルドスでの被弾ではないはず…ピーター に撃たれた??
それと、米軍では日本と近いYYYYMMDD方式を取ってるんですね!
長文失礼しました。このエピソードは何度見ても発見があり、フィンチがあの日ニューロシェルにいたのは、ジョンかピーターの番号が出たからなのかというのはただの思いつきです。

初めまして

かおりんさん初めまして、こんにちは。数あるブログの中から辺境のここへお越しくださりコメントまでありがとうございます。
そうですか、POIにはまりましたか、リースくんに夢中ですか、分かります、よーく分かります!わたしはもう2年近くずーっとピークなので新旧問わず記事へのコメント大歓迎です。

私はエピソードガイド(話の解説)はせずに感想を箇条書きで書いているのでちょっと読みづらい、分かりづらい部分が多々あるかと思いますが、洞察、語彙が素晴らしいと仰って頂けるのはとても嬉しいです。

さて、このエピは実は私も1回見ただけでは時間軸が前後してよく分かりませんでした。
冒頭のリースは出血してますが、これはオルドスでの被弾だと思います。順に追うとダニエル・ケイシーを逃がしたのが2010年12月、その後モロッコに向かいそのあとオルドスに行ったのも2010年。ニューロシェルには2011年2月に訪れているので、オルドスで死んだことになっているリースは誰にも見つからないよう命からがら祖国に戻ってきたはずなので、被弾した部分を医者に診てもらうとか安静にしているということができず、傷は2か月近く経っても塞がり切ってないんだと思います。

リースが訪れた病院にタイミングよくフィンチがいたのは、マシンを通してフィンチはリースを見ていたからだと私は思ってましたが(S1Ep01「ずっときみを見ていた」)、ピーターかリースの番号が出た、もありですね。それは考え付かなかったです!

年号表記はアメリカとイギリスで月と日の順が違うから私はYYYY/MM/DD表記はすごく助かります。軍の記録だし誰が見ても絶対に間違えないようこの順なのかな、と思いました。


それにしても本当に本当にジョン・リースはかっこいいですよね。かっこいいだけでなく美しいとも思います。私がどれだけ言葉を積み重ねても、その魅力はとうてい筆舌に尽くしがたいです。なので毎回ドラマを見ては、はぁああああ~~~~かっこいい~~~、と語彙力ゼロで床を転がりまわってます……(苦笑)。

またご訪問お待ちしております。


はぁああああ~~~~♡って

すっごい分かります♪

私は滅多にドラマを完走することも、 何度も見返すこともないのですがPOIは、こういうブログに感化されることもあって何度でも見返し 、見返すたびに同じ所ではぁ〜〜♡って なります。(しかもまだS5が未配信という…)
猫が何やっても可愛いように、リースはなにやってもカッコいいです!(時々可愛い) 身のこなしが美しいんですよね、前任者のデリンジャーくんも同じ場所で同じことやってたけど全然違います!( 中の人ごめんなさい)
リースの所作には訓練された舞踊のような美しさがあります。特に銃を構える姿や、大きなライフルを打つ前にする一連の操作の動き。少し首を左に傾けてスコープを覗く時の右の首のライン!(ああ、視点がマニアックで恥ずかしい)w

ええーっ!あれはやっぱりオルドスの傷なんですかーー(涙) このドラマって腹部に被弾してもみんなわりと元気ですよねなぜか(^_^;) ファイナルのフィンチとか(←youtube)。その割にS4の『偽装』では腕を貫通した時のリースが痛そうでした(笑) もともと綺麗な男が苦痛に耐えてる顔は好きなのでいいんですけど(変態w)

すみません、語り出したら止まりません。またどこか別の記事にも出没して変態リース萌え爆弾を投下すると思いますが、生暖かく見守って頂けたら嬉しいですm(__)m

同感しかありません

こんばんは。かおりんさんはS5は未見なんですね。そして最終話だけはもうご覧になっている、ということでしょうか……?

あぁ~~分かります、常にかっこよくて、時々可愛い。分かる。あの前髪の分け目の分けきれてない短い髪がぴよぴよしているのが最高に可愛いです。しかし冷静に考えるとあんな美形な元CIAがいてたまるかとも思います(笑)。

所作や身のこなしが非常に美しい、というのも同感です。演じるカヴィーゼルの姿勢がたいへん美しく、足を高く蹴り上げる時でも上半身が絶対にブレないのを見ると、体幹がしっかりしてるんだなと感じます。
ソースが不明で申し訳ないですが、毎エピのファイトシーンは10分もあればだいたいこなせるようになる、とも言っていたので役者さんの運動神経が抜群によいんですねきっと。この人の流れるような動作のアクションや迫力あるガンファイトだけでもこのドラマを見る価値があります。

>少し首を左に傾けてスコープを覗く時の右の首のライン!

ちょっと待って下さい!わたしはそれには気がつきませんでした。さっそく見直してみないと。多分S1Ep08のライフルで車のボンネットを撃つシーンかな、と推測しますが違っていたらごめんなさい。
 

そうなんですよ、きれいな男が苦痛に顔を歪めるのはもう最高としか……過去のレビューでリースは血に濡れれば濡れるほど美しいと書いているのでもう同意しかありません。それを私は不憫萌えと呼んでいるのですが。ヤバいですねわたしも。すみません。

まだまだ語りつくせない魅力がたくさんありますね。またコメント残していってください。

ぴよ毛♪

何度もすみません!ぴよ毛が余りにツボでw
カヴィーゼルは白人には珍しく毛質が硬いようで、ジェルで固めてもすぐ立ってきちゃうんですよね。仔猫かひな鳥の産毛みたいになって本当にピヨピヨです♪
1-03で対象者の恋人とカフェで話す時も向かって左に一本だけぴよ毛立ってて、デジタルテレビってすごいですね(笑)

おっしゃる通り1-08のボンネット吹っ飛ばすシーンです。とりさんも写真を上げてらっしゃいますね。銃をボンネットに乗せる瞬間の首の角度、その後一連の流れるような動きの中で首から肩への線(はカメラアングル的には分かりにくいんですが)とても綺麗だなと。ツマミを動かす所で風が吹いて、リースのジャケットが翻ったり、色々神的なシーンです!
首のラインと言えば、1-23の貨物エレベーターから出た時の左の首もオススメです(笑)

そうなんです。S5は未見なんですが、youtubeに断片的に上がってて、字幕がないのもあり、みなさんのブログのあらすじを参考に見ました。イマイチ上手く繋がっていませんが、ファイナルは屋上のシーンから見ました(切ない)。

傷ついた男性に色気を感じるのは、なんなんでしょうねぇ?誰しもドSっぽい所を持ってるのでしょうかwリースは痛くてもあまり顔に出さないので、もうちょっと苦痛な顔が見たかったです(やっぱり変態)

ジョン・リース というのはちょっと今までのアクションキャラとは一線を画していると思いませんか?アクション俳優ってボディビルダー系が多かったし、あんなスマートなアクションあんまり見ないです。銃撃シーンも数えきれないくらい見ましたが、銃を撃つ所がカッコいいなんて思ったのは初めてです。その理由の一つがカヴィーゼルの視線だと私は思っています。視線の先にターゲットがいることを感じるんです。

またまた熱く語ってしまいました。本当は、リースだけじゃなく脚本やカメラのカット割など、このドラマの稀有なクオリティのこともいっぱい語りたいことはあります。またお邪魔しますね。

チェックしてきました

こんばんは。かおりんさんが挙げられたシーン、すべてチェックしてきました。見てる部分がめっちゃマニアックです~。おかげ様で私も新たな視点でまた見ることができました。ありがとうございます。
108のあのシーンは風が吹いてリースのジャケットの裾が煽られるの、分かる、分かります!「分かる」ボタンがあったら100回くらい押したい。あれのおかげですごく動きが出て画になるシーンになってて、ほんと神がかった場面ですね。最高です。
カヴィーゼルは両利きなので、銃を持ち替えたりどっちの手でも自在に操れることでアクションシーンにバリエーションが出て見応えあるんじゃないかと勝手に思ってます。

個人的にお気に入りのピヨ毛は312終盤、フィンチに別れを告げるシーンかな。悲しい場面なのでそぐわない発言ではあるのですが、でもめっちゃぴよぴよしてます、しかも黒い背景にその部分だけ髪が真っ白でめっちゃ画面映えします。
しかし髪の毛一本一本までくっきりはっきり映る今の撮影技術では、俳優さんたちはなにかと大変かもしれませんね。

強くてたくましいリースはしかし精神面では繊細な人物に描かれたので、肉体的なダメージを受けたシーンはそう多くはありません。まぁその辺りは視聴者が各自で想像してくださいってことかもしれませんね。
私はあまり海外ドラマは見てなくて、普段は洋画ばかり鑑賞しているので他のドラマとの比較はできないのですが、主人公が分かりやすいマッチョな男ではないのが個性的で、それはフィンチにも言えるかな、とも。おしゃれで億万長者でスマートで、問題は頭脳で解決。暴力を嫌い、知恵とアイデアと現代では必須のITの知識をフルに活かして敵と渡り合うスリリングな部分がこのドラマの魅力かな、と思います。
リースに関して言えば、アクションはもちろん、やはりあの瞳と鋭い視線、言葉はなくとも目線だけで語ってくる強い目力は、語彙が多く台詞の多いフィンチと好対照で非常に魅力的です。
かおりんさんの仰るとおり、視線の先に何があるのか、常に視聴者である私たちの注意や興味を惹いてくれるリースは無言のストーリーテラーでもありますね。


S5に関しては、予想通りだったとはいえ最終話は未だに見返すことができないくらいの衝撃を受けたのでうまく言い表せません。かおりんさんがS5をご覧になった上での感想も楽しみにしております。