芸術の秋だから (追記あり)

ようやく子供たちの夏休みは終わったし、涼しくなってきたし、見たい映画がぽろぽろと出てくるしで、うれしい季節になりつつあります。
例によって予告はいっさい見てません。

コロニア (9/17公開)

エマ・ワトソンの目は鳶色なんですね。ダニエル・ブリュールが長髪だ。

ハドソン川の奇跡 (9/24公開)
これ当時ニュースを見てたので覚えてますが、ハドソン川ってNYのハドソン川だったのか、と今更認識する次第。一歩間違ってたらマンハッタンに突っ込んでたのかと思うと怖すぎるし、ジャンボジェット機じゃないとはいえ、幅の狭い川によく不時着できたな、と。
監督はイーストウッドですが、こういう映画、ポール・グリーングラスに撮ってほしいなと思ったら、そういやこの監督にはすでに「ユナイテッド93」という作品があったのだった。
機長役に手堅くトム・ハンクス、副機長役のアーロン・エッカートも期待。

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ (10/14公開 10/7~ シャンテ先行公開)

コリン・ファースはもちろん、最近のジュード・ロウはいい仕事してるよね。ペプシ奢ってくれるし。

奇蹟がくれた数式 (10/22公開)

こちらはジェレミー・アイアンズとデヴ・パテルのコンビ。こっちの2人もいい仕事してます!

「シング・ストリート」も9月に予定しているし、10月7日は「ジェイソン・ボーン」だし、これから映画館に行く楽しみがたくさんあって嬉しい。ボーンの公開日は、どうせならマット・デイモンの誕生日の10月8日に封切ってほしかった!
ボーンはきっと公開前にTVで過去3作品が放映されると思うけれど、夫に「(放映されたら)また見るんでしょ?」って言われてもちろん見るよ、副音声にして字幕で見るよと言っときました。何度見ても面白いんだよ、ボーンシリーズは。何度見てもかっこいんだよ、ジェイソン・ボーンは!
近いうちに前売り券買ってこなくっちゃ。
関連記事

コメント

非公開コメント