モールス

let_me_in_japaneseposter.jpg


Let me in (2010)


「ぼくのエリ、200歳」(2008)のリメイク。いずれこちらも見たいなと思いつつ。
残酷でホラーでサスペンスで悲しいお話でした。12歳の設定である男の子と女の子を演じたコディ・スミット=マクフィーとクロエ・グレース・モレッツの演技のすばらしさに尽きる。大人の世界に足を踏み入れつつある年齢をすごくうまく捉えていて感心しました。
救いはないんですよ、この話の何もかもに。ヴァンパイアのアビー(モレッツ)。血を飲まないと生きていけない。でも一緒に住んで人を殺してはアビーにそれを運んできてくれた父親が事故で亡くなってしまった後はなおさら。
一方のオーウェン(マクフィー)も学校で執拗で陰湿ないじめに遭ってて、一度は相手に立ち向かうも相手が逆上してさらにひどいやり方でいじめられるっていうかなりひどい扱いをされているのですが。そんな、他とは距離を置かざるを得ない環境に追いやられているふたりがギリギリのところで、一線を越えない友達(この年齢ならどういう関係かと訊かれたらやっぱり「友達」かな)になって。でもオーウェンは結局アビーの本当の姿を知ってしまったし、アビーは知られたけどオーウェンを殺すことはなかったのが、ふたりの友情が本当に成立した瞬間かなぁ。
その過程や心情が丁寧に描かれていたからこそ、ラストの電車の中でのふたりが泣けてくるし虚しさも感じるし、未来はないのです…。12歳の子達に、何ができるのと問うたら、多分何もできないんですよ…この年齢設定が悲しさをよけいに際立たせてますよね…。

はー、ほんと、コディ・スミット=マクフィーとクロエ・グレース・モレッツのふたりが素晴らしい。最初から最後までこれしか言ってませんが(笑)。


とても美しいので今回は日本版のポスターを貼っときます。

関連記事

コメント

非公開コメント