エマさんの舞台!

もう始まってるのか?2/7~3/26(→4/2まで延長)までNYのSignature Theatreにて、マイケル・エマソンが舞台"Wakey, Wakey"に立ってます。

……行きたいなぁ!!約180席(そのうち4席は車いす用だよ)しかないちっちゃな劇場(そして小さければ小さいほど舞台との距離は当然近いわけで)、しかもチケットの価格は$30~50ですよ!こんなに安くていいの?大丈夫?儲かってる?と心配になりますが、儲けより舞台作家を応援することに力を入れているNPOの劇場だからこんなに低い価格になってるってのはあるかも(そして当然ですが寄付を募っている)。
"Wakey, Wakey"は劇自体75分ととても短い。劇中でストロボライト、煙幕、ラテックス素材のものを使用、ってあるし、いったいどんなお話なんでしょう?とても気になるし面白そうだ。行った人のレポをぜひ聞きたい……誰かいませんか~?


ロンドンで演劇沼に落ちかけて早3年ですが(でもあの時落ちなくて良かったのかなとも思いますが)、何度でも撮り直しが出来、入念な編集を経て音楽や効果音も付けられて完璧な姿で公開される映画とはまた違い、舞台という独特の雰囲気がとてもとても大好きで。生ものである舞台は公演の一回一回、同じものは決してなく、一瞬一瞬がどれもすべてその場限りのはかないもの、というのがたまらなく魅力的。
そして千秋楽での、役者が最後の力を振り絞って演じる姿から生まれる、途方もない存在感と圧倒的な演技力。あれはもう、見たら最後、病みつきになるというか、あの瞬間のために彼らは生きているのではないかと思えてくる、そのくらい私は最終日の公演が好きです。それは大学の時に演劇部に所属していた友人が誘ってくれた、本当に小さな小さなハコで見せてもらった舞台で見たワンシーンだったけれど、初めて見た時は衝撃であり、同時に涙が出そうなくらい役者の尊い姿でした。

にしてもロンドンもそうだけど、この辺とか見ると、チケットさえ確保できればあちこちの劇場でフツーに俳優や歌手を舞台で見られるなんて夢のようだ……こんな世界が現実に存在するなんて……色んな意味で恐ろしい……。


いつかまたご縁があって、好きな役者さんの出演する劇を観に行ける日が来たらいいなと願っています。


劇場HPのエマさん、とても素敵な笑顔。そしてほんとに62歳なの?怖い……。

wakeywakey.jpg wakeywakey-2.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント