ラ・ラ・ランド



La La Land (2016)

夢見る若い男女のおとぎ話。そして舞台はハリウッド(「『ラ・ラ・ランド』はハリウッドを指している」)。古き良き50年代を懐かしむ映画でもありました。これ、間違いなくアカデミー会員に受けそうなのと(レイティングもGだしねー)、2012年の第84回アカデミー賞作品賞の「アーティスト」(2011)に非常に似たものを感じました。ミュージカル映画だし、昔のいろんな映画にオマージュを捧げているシーン、私が知らないだけできっといっぱいあると思う。ポスターにもなったあのシーン、最初にセバスチャンが電灯の周りをくるりと回るのは、まんま「雨に唄えば」のワンシーンだもんなぁ。
ラストはミア(エマ・ストーン)とセバスチャン(ライアン・ゴズリング)の恋は成就しなかったけれど、お互いの夢だったミアの女優とセバスチャンのジャズの店を持つことは叶ったんですよね。パーフェクトな結末ではないけれど、でもこれくらいがほどよくていいな、なんて思いました。それに「もしふたりの恋が続いたら」の世界はラストでミアがセバスチャンの演奏を聴いている間に空想として描かれたしね。ちゃんと見せてもらったのです。

それにしても、先日見たばかりの「シング・ストリート」と共通点が多くてびっくり。A-haの"Take on Me"や、「理由なき反抗」のジェームズ・ディーン。もしかしてジョン・カーニーってデミアン・チャゼルより一歩先取りしていたのかしら?

そしてこの映画、ポスターですでに8割がた成功してるようなもの。実際このダンスのシーンはポスター用だけのポーズではなく劇中にちゃんと出てくるし、そしてその時の夕暮れの色の美しさと言ったら。これは本当に素晴らしかったです。


La La Land Soundtrack All Songs Mix | Oscar 89th Music Original Score WIN!!! 2017


関連記事

コメント

非公開コメント