ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

5-flights-up-poster.jpg


5 Flights Up (2014)


これはあたりだった!しかも「ブルックリン」(2015)から間を置かず見たことで場所と時間がつながってる感じがしてタイミングもばっちりだった。多分これ、一度でも家を買ったり売ったりした経験があるならめっちゃくちゃ分かるし笑えるし同感できる映画。
40年以上住んだアパートメントの5Fの部屋を売りに出すことになったカーヴァー夫妻が、売るのと同時にその後住む場所を買おうって決心したあたりから話のスピードが加速して面白かった。売買が同時進行ってもう気が狂いそうなくらいあれこれあれこれ考えることが山積みなうえに、面白いのはオークション形式で売り手/買い手が決まるようで、他にも買いたい人間がいれば当然駆け引きがあるのがスリリング。買いたいと思うと値段を釣り上げて何としても手に入れようとするし、もちろんほんとに手に入れられるのかと焦るし、でも動くお金はかなりの額だし、こんなの人生に何度もないことだから本当に売って/買っていいのかと決められない。その心理、よく分かる。すごくよく分かります……!そして保証金に手紙を付けるのもへぇーって感じでした。NYだしもっとドライなやり取りかと思ってたので、心情に訴えるのもありなのかぁ、と驚き。
揺れ動く夫婦の間にやり手の不動産仲介エージェントである姪のリリーがあれこれ指示を出してきてさらに話がややこしくなるし、でも最後は納得できないことに巨額のお金を払うのは納得いかない、と自分のアパートメントを売ることも、新居を買うこともやめると夫のアレックスは決めたのだけど。その判断、私は正しかったと思う。
あのね、本当に決められる時って、驚くほどスムーズに物事が進むんです。だからどんな些細なことでもなにか引っかかることがあるならそれはやめたほうがいい。今後のカーヴァー夫妻にはいつか必ず何かしらのご縁があってアパートメントが売れる日も、条件にあった新居が決まる日も必ず来るよ。これ、間違いない。

内覧会に来るいろんな人たちに呆れたり唖然としたり(内覧会めぐりが趣味って分かる、分かるよ……!)、売り時のタイミングが夫婦で違っててけんかしたり、もうほんと夫婦あるあるでそれが爆笑ですごく楽しい映画だったし、こういう大きな出来事を乗り越えたふたりの絆は強まったと思うよ。

キャストが絶妙で、カーヴァー夫妻役モーガン・フリーマンとダイアン・キートンはぴったりだった。M・フリーマンって副大統領とか補佐役が多いからこういう役柄はとても新鮮。ダイアン・キートンがNYを舞台にした映画に出るのはぴったりすぎでしょう。
そしてやり手仲介エージェントのリリーにSatCのミランダことシンシア・ニクソン。さらにカーヴァー夫妻が買おうとした部屋の仲介エージェントの、これまたリリーに負ける気しないミリアムにPOIのグレースことキャリー・プレストン。このふたりには水面下で火花散るやり取りが絶対あったに違いないと思わせる雰囲気が両人ともめちゃめちゃマッチしてて、想像するだけで可笑しかった。


それにしても、マンハッタンの部屋よりブルックリンEVなし5Fの部屋の方が相場が高いって本当にびっくり。まぁ広さとか周りの環境もあるから一概には言えないけれど。前述の映画「ブルックリン」の1950年代には、マンハッタンより安いから移民が多く住む治安もよくない地区だったのが、今じゃお洒落で地価も上がってリッチな場所へと変貌したんですね。面白いなぁ。
ウェブでNYの不動産広告をちらっと覗いてみましたが、サイト内には地域ごとの犯罪率マップもあってさすがアメリカというかNYというか。

関連記事

コメント

非公開コメント