はじまりへの旅




Captain Fantastic (2016)


とてもとても考えさせられて、そして胸にずっしりと響きました。子供を持ち、子育てをして、これでいいのかな、とかこれが本当にベストな道なのかとか、迷わなかったことが一度もない親なんていない。この映画のお父さんベンも悩んだり迷ったりして選んだ道はとてもとても極端だけど、たくさんある選択肢の中からほとんどの人は選ぶことのない、森を買ってその中で生活して学校には行かず自宅学習をするという道を選んだけれど、子供たちは他の選択肢を知らないし選べない。周りの人たちは「学校に通わせていないなんて」、「みんなと同じことをしていないのは間違っている」「子供たちがかわいそう」とい言ってくるけれど、いいか悪いかを判断できるのは誰だろう?とも思う。

家族みんなが住むところにあるのは、とにかくたくさんの本、本、本。ベッドがあるテントの中にも、スティーヴと名付けたバスの中にも、たくさんの本。お父さんは本から得られるものに重きをおいていて、子供たちにはちゃんと自分の言葉で説明しろ、と言う。そして"interesting"(興味深い)は使っちゃいけない。きっと抽象的で便利な言葉だからつい使っちゃうんだろうね。でもそれ分かる!「すごい」「面白い」「興味深い」「よかった」あたりで終わらせてはダメなんですよね。もーすごいよく分かる。
そういう考えのお父さんだから、ベンは相手が何歳の子供であろうとも包み隠さずすべて話して説明する。お母さんが自殺したことも。興味があることは何でもやらせる。だから妹夫婦の家で出されたワインに興味を示したら未成年でも飲ませちゃう。それ見たらふつうは顔をしかめたり怒ったり問題ありとみなされるだろうし児童虐待で警察に通報されそうになっちゃうけれど、しかしベン側がすべて悪いのだろうかと疑問にも思える。


なんとしても妻の遺体を取り返したい、土葬をやめさせたいベンが墓場へ押しかけようとするのを子供たちは必死になって止めようとするその時の言葉、「お母さんが死んだのに、この上お父さんまで失ったらぼくたちはどうすればいいの!?」の叫びはベンの心にぐっさりと刺さったはず(私はここ号泣した)。子供たちにはお父さんが必要。そして同じくらいお母さんも必要。それを痛いほど実感したに違いない。おそらくベン自身は多分一生森の中で生活してもやっていける人物。妻を亡くし、もし子供たちがいなかったらこの人あっさり世捨て人になっちゃうだろうね。欲のない人だと思う。
文明社会から離れて森の中で生活して6人の子供たちを立派に育て上げることは、ベンにとって妻のレスリーが病気から快復するようにと一種狂信的な願掛けのようなものだったのかもしれないね。だから彼女の死で今まで必死でやってきたエネルギーがふっつりと途絶えてしまったのと、成長した子供たち自身が自分の人生を選び取ろうとする時期に差し掛かってきたのがもしかしたら同時に来たのかもしれない。森の中での生活を否定はしないけれど、外の世界も見たいと願うようになった長男ボウ。彼の大学受験の手続きを手伝ってくれていたのは入院中の母親だった。子どもたちだっていつまでも森の中に留まるわけではない。外の世界を知りたい、外に出たいと思った時が自立の時かなぁ。学校に通ってないのならなおさら本人自らそう思った時がそのタイミングなのかな、と。でもとても自然でいいなとも。
ノーム・チョムスキーの考えがとても色濃く話に反映されているんだけれど、ごめん、私はそっちは全然知識ないので分からなかった。多分そこを詳しく理解していないとこの映画の本質は見抜けないんだろうな。
劇中、妻のレスリーがどういう人柄だったのかは、もう亡くなってしまっていていまいち掴みにくかったのですが、彼女を火葬して「ママの好きだった歌を歌おう!」って言って歌い出したのが、なんとGuns N' Rosesの"Sweet Child O Mine"!そして遺灰はトイレに流してねっていう遺言を実行した家族みんなが狭い便器をのぞき込んで思わず吹き出してしまうシーン。「バイバミ、マミー!」の言葉とともにレバーを押してじゃあっと流してそれでおしまい。あぁ彼女は本当にユーモアを忘れない人だったのだな、というのが伝わってきてすごく素敵だった。

ラストを見ると彼らはスティーヴに乗って移動することはやめてひとところに留まり、子供たちは学校に行くという生活を選んだようなので、それはそれで子供たちはその先どんな人生を送っていくのだろうと続きを見たかった。
ナミビアに旅立つ長男を見送るベン。アドバイスをいくつかするんだけど、最後は「死ぬな」と。生き続けろ。人生は理不尽なことばかり。でも生きている限り、美しいものを見られたり素晴らしい経験をすることができる。人生はファンタスティック。ベンの生き様をまさしく題名が言い表していると思いました。まだ見ぬ未来に向かって足を踏み出そう、と語り掛けてくれる美しいラストでした。

「普通ってなんですか?」がこの映画のキャッチコピーだけれど、まさしくそれに尽きると思う。
塾に通ったりして一生懸命勉強して中学受験に合格していい学校に行くのも人生の選択肢。でも私は人生にいちばん必要なのは無人島でも生きていけるような生き抜く力を身に着けることかな?("live"というより"survive"のニュアンス)と思っているので。そしてそういう力こそ現代社会において身に着けるのはとても難しいとも。この映画はすごく共感できたし(でもスーパーで万引きはダメだと思うよ!)、何よりベンを演じたヴィゴ・モーテンセンという俳優自身がそういう能力が非常に高い人物だと私は思っているので、もうほんと、この役は彼以外の誰が演じればいいというの?と思うほどにベストマッチでした。もしかして最初から彼を当てて書いたのかなぁ。ヴィゴ自身、多彩な才能があるしきっと他の職業についたとしてもそれなりにちゃんと食べていけるに違いない人ですが、こんな素晴らしい作品を見ると、彼が俳優という職業を選択してくれて本当にありがとう!と感謝したいし、アカデミー主演男優賞にノミネートという形で評価されたことは言葉にできないほどとても嬉しい。

それにしてもあの真っ赤なスーツ!似合ってるのがまたすごい。そしてその赤スーツの中に着ているシャツ。これ「インディアン・ランナー」で着てたものと同じですよね……?(下の写真だと腰に巻き付けているそのシャツ!)



テンガロンハットは多分「LotR/二つの塔」で来日した時にかぶってたのと同じものだろうと思うし。ほんとに物持ちいいねぇ。

「偽りの人生」以来久しぶりにスクリーンでヴィゴを見ることができてうっきうきでしたが(笑)、しっかしこの人なんだかまた若返ってませんか?私の中で三大年齢不詳俳優のうちのひとりだよ(あとのふたりはキアヌ・リーヴスとマイケル・エマソン)。

captainfantastic-poster-02.jpg



新宿ピカデリーで見た布地のポスター(縦が2mくらいある)。これもし家の壁に飾ったらそうとう大きいに違いないですし、物欲じたいあまりない私ですがそれでもこれは欲しいなー!と思った。






関連記事

コメント

非公開コメント