エージェント・オブ・シールド シーズン3

Agents of S.H.I.E.L.D. Season 3 (2016)

ハンターとボビーがいなくなったり、死んだウォードが体を乗っ取られてハイヴとして復活したりとか、今シーズンもいろいろあったけれど、S2までとは違い、ヒドラやインヒューマンズとの関係がメインになってきて私にはもうあんまり面白みがなくなってきたので来シーズンは見ないかなと思いました。
全体を通した感想はないですが印象に残ったエピがいくつかあったのでそのあたりだけ書き留めておこうかと。

なにがすごいって、Ep05の「4722時間(4,722 Hours)」が非常に秀逸な話で、久しぶりに「ドラマという43分間の枠でここまでできるとは!」と驚かずにはいられないエピソードでした。こういう話を考えて、それを実際に映像で表現してしまうアメリカのドラマはやっぱりすげーやと思いました。何もない星でなんとしても生き抜くシモンズが本当に素晴らしく、それでいて心細い感じも表現していて、このエピで今まで以上に彼女を好きになりました。
あの星で何年もひとりで生き抜いてきたウィルが、コールソンたちが助けに来たときにはもう殺されていたのはとても悲しかった。彼を元の世界に戻してあげたかったです。

そしてS3でものすごく成長したのはフィッツ。S3冒頭でモロッコに向かったフィッツがちゃんとジャケットとタイを着用して目的地に乗り込む姿に成長したな、男になったなー!と思いました。
そして扉の向こうの世界に行ったフィッツはとうとうウォードにとどめを刺します。彼を殺すのはフィッツというのはすごく理に適っていると思う。S1ではフィッツはウォードを慕っていたけれど、彼はフィッツが思うような理想の人物ではなかったんだよね……バス(S1でシールドが基地にしていた飛行機)の部屋に閉じ込められシモンズと一緒に部屋ごと海に落とされたとき、フィッツはウォードのことをどう思っていたんだろうか。私怨とはちょっと違うけれど、でも海に落とされた後遺症に悩まされ、それでもそこから苦しんで、でもがんばって持ち直したフィッツは、ウォードを断罪する正当な理由があると私は思ったのです。
そのウォードが謎の生物に体を乗っ取られて復活したのは、まぁそうだろうなとは思いました。ウォードと演じるブレット・ダルトンってたぶんレギュラーメンバーの中ではかなり人気あるだろうから、その彼をそう簡単に降板させることって絶対ないと思うんですよ。彼の立ち位置は「ブラックリスト」におけるトム・キーンと演じるライアン・エッゴールドに似てるなとも。でもS3ラストでは大気圏を出て行ってさらに核弾頭爆発ですから、さすがに二度目の復活はないかな。
ちなみに第一話のウォードってどんなんだっけなと久しぶりにパイロット見たら、わぁ若~い!てなった。けっこう変わるもんですね。

そしてハンターとボビーの降板。私はときどきお茶目ででも普段は口の悪い(笑)ランス・ハンターがとても好きで(そしてなぜかジャージ姿が多かった)、その元妻のボビーとのかけあいもすごく好きだったのですが、まさかのEp13で降板でした!これは本当にショックだった。もうあのふたりが見られないなんて、しかも突然のことで、嘘でしょ!?と。そしてこのエピソードもストーリーが素晴らしいだけでなく、ライティングの青が本当にきれいで、去りゆくボビーとハンターを輝かせるかのように、ふたりがとても美しく撮れていて、うっとりしました。
今後シールドとは一切かかわらないという条件で処刑を免れロシアから出国できたボビーとハンター。インターポールからずっと監視されているせいで、ふたりに接触できないシールドのメンバーは、バーの席にばらばらに座り、ふたりにショットグラスのお酒を奢って杯をかかげ、別れを告げます。これがもう号泣せずにいられないシーンで。見てるこちらはもちろんメンバーのうちマック、シモンズ、デイジー、ボビーも涙を見せるのですが、これは決して役の上だけではなく、演じてる俳優の感情から生まれた涙かなと思う。というか、そう思いたい。それほどまでに心動かされた名シーンでした。さよならボビー&ハンター……!

imdb見たらハンター役ニック・ブラッドはイギリス人なのですねー。そしてトップページの彼の写真、めっちゃ男前……!(ちょっとジョナサン・リース・マイヤーズっぽいかも?)

フィッツの男があがり、お笑い担当のハンターがいなくなったので、今後は終盤に登場したジョン・ハナ演じるラドクリフ博士がその役目を担うのかなぁ。
デイジーとリンカーンの絆というか、どちらかというと恋模様かな、こちらはあまり関心がなかったのでシーズンフィナーレも私にはあまり響かなかった。そのデイジーはどうやらシールドを出て行ったみたいですが。

アメリカのドラマはS3から大きく方向転換するのが多いかなぁという印象。それについていければその先の視聴も楽しいのかも。



関連記事

コメント

非公開コメント