アメリカン・サイコ

americanpsycho-poster.jpg


American Psycho (2000)


2000年の映画なのになんでこんな古臭いNYなんだろう?と思ったら、1980年代が舞台のお話だった。そしてクリスチャン・ベイルがヤバい。そうとうヤバい。私はこの俳優の特徴がいまいちつかめなくて、いちばん印象に残っているのはガン=カタが繰り出される「リベリオン」かなっていう……。ビジュアルは「プレステージ」がいちばん好きですが。なのでこの映画のベイルはものすごくインパクトあったしとにかくヤバい。さっきからこれしか言ってない頭の悪い感想。

ベイル演じる主人公のパトリックは間違いなく精神異常者だと思うのですが。それは何億という大きな額を動かすウォール街のエリートだから日々のプレッシャーからそうなったのかなと推測したのですがそうでもないみたいで。もともとそういう欲望があって、大金を手にできるようになったことで自分の望みを叶えられるようになっちゃったのかなぁ。夜な夜な殺人を犯して朝になるとフツーに高級スーツを着て出勤して仕事するってその時点でもう普通じゃないよね?
しかし巨額の金を手にしたエリート同士が張り合う姿はまったくもって意味不明だしはたから見ればそうとうに滑稽。予約がなかなか取れない超人気の高級レストランで食事をすることが彼らにとってはステイタスだし(だからオープニングで美しい高級料理の数々が映るのですが、どことなく嘘っぽい作りものにも見えるのはそのせいかと)、オーダーした名刺がどの紙で作られてでどういう書体で印字されてるかなんてほんとどーでもいいだろ!と思うのですが(笑)。
こんな感想なのでつまりお話はあんまり面白くありませんでしたがキャストが豪華でした。パトリックの婚約者にリース・ウィザースプーン。パトリックのオフィスの秘書にクロエ・セヴィニー。同僚にマット・ロス。この人は俳優ですが同時に「はじまりへの旅」の監督でもあります。パトリックを調べる私立探偵にウィレム・デフォー。
そしてそして、出番はほんの10分ほどでしたがパトリックの自宅に招かれてそのまま斧で斬殺されたポール・アレン役にジャレッド・レト!きゃー、相変わらず美しい瞳にうっとり。ええもん見させてもらいました。


パトリックの住む高級マンションの部屋に飾られていた一連の作品。これは私は見覚えがありまして、ロバート・ロンゴの"Men in the Cities"の中の作品でした。思わぬところで再会できてびっくり。というのは、アーティストでもあるロンゴを知ったのは監督作の「JM」(1995)でしたが、映画としての評価は低いですがすごく私好みだったし、その後ロンゴの展覧会があると知ってわざわざ当時住んでた名古屋から大阪まで足を運んで見に行ったこともあったので。当時のことを思い出して懐かしくなりました。

americanpsycho_robertlongo.jpg

(画像はこちらからお借りしました)



関連記事

コメント

非公開コメント