the Bourne Supremacy

The Bourne Supremacy (2004)

2004年の映画を2017年の今見ると、ボーン役マット・デイモンもキリル役カール・アーバンもわっかーい!ってなりますね(にこにこ)。でもマットをこの役にあててくれてほんとありがとう!って毎回見るたびに感謝したくなる。もう数え切れないくらい何度も繰り返しばかみたいに見ている映画でもあります。好き。

劇中での重要な台詞は以下の4つだと思うので、それを抜粋してみようかと。

MARIE : Because sooner or later, you remember something good.
BOURNE : I do remember something good. All the time.
過去の記憶が未だ曖昧で悪い記憶が悪夢となって繰り返し見るボーンを励ますように「きっといつかいいことも思い出すわ」と言ったマリーに「いい思い出は覚えてる。いつも」と返すボーン。彼にとってのいい思い出=マリーとのこと、なんですよね。記憶がないボーンが生きるあやふやな世界と自分を繋いでいてくれるのはマリーだけ。だからこそ、トレッドストーンに追われていると思ったボーンが、
"We don't have a choice." (選択肢なんてない)
と言ったことに対して
"Yes, you do." (いいえ、あるわ)
と断言したマリー。しかしそれが最期の言葉となったマリーが死んだことでボーンは生き方や考え方を変えたと思うし、アボットに対しても
"She wouldn't want me to."
マリーがいやがるから殺さない
と言ってボーンが殺すのではなく、録音した会話が入ったレコーダーと銃を机の上に置き、アボットに自首か自殺、どちらにするか自分で決めろと部屋を出て行く。
そして非公式で最初の任務となったロシアの政治家、ネスキーとたまたまそこに居合わせた彼の妻を暗殺したことを思い出したボーンは、ロシアへと赴き、事件以降孤児となったネスキーの娘の元を訪れ、
"When what you love gets taken from you, you wanna know the truth. "
愛する人を奪われたら、真実を知りたくなる
と話す。

"There's no place it won't catch up to you. It's how every story ends. It's what you are, Jason, a killer. You always will be."
アボットから「どこにいても追われるんだ。過去は変えられない。お前はこの先もずっと暗殺者だ」と言われたけれど、ボーンは続く「アルティメイタム」でやっと記憶を取り戻し、それでも殺人という罪を背負ったうえで自分の意志で正しい方へと生きてこうとするラストだったので、彼は愛する人を失っても、その先どこで何をしていようとも必ず希望がある人生を送ってると信じてる。だからこそ余分な続編は作らないでほしかったな~!って思ってます。

はー、ほんとこの映画は好きすぎる。モスクワでのカーチェイスのシーンは最高だし、アクションと撮影方法がこれ以降に生まれた作品に多大な影響を与えたことは007なんかを見ればよく分かるよね。POIも間違いなく影響を受けているし、私は最初の頃はジョン・リースはボーンにとてもよく似てるなぁと思いながら見てたくらいなので。
それほどにアクション映画のターニングポイントになった作品だし、これを映画館で観れたことは本当に幸せだったと今も思う。そしてやっぱりジェイソン・ボーンという人物の描写と解釈が素晴らしい。これに尽きる。だから何度見ても新鮮で心に響いてくる。もう本当に本当に大好きだ。

関連記事

コメント

非公開コメント