人生に乾杯!

Konyec-poster.jpg


Konyec (2007)


年金生活で金に困ったおじいちゃんが銀行強盗をする話。途中からは妻のおばあちゃんも加担。ハンガリー映画。
主人公のおじいちゃんがユーモラスであり、昔若いころは公安警察の運転手だったという一筋縄ではいかない経歴の持ち主でもあり、そこがストーリーにピリッとしたスパイスを利かせていて、面白くもほろりとくる部分もあり、こういうの大好き。未見ですが今公開中の「ジーサンズ」にも似てるかなとも思ったし、後半は「ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア」(1997)に似てるなとも。

もともとさきゆきの短いお年寄り。強盗するにも開き直っちゃってて怖いものはもうありません、的なひょうひょうとした雰囲気を醸し出しているのがこの映画を重いものにしなかった勝因かな。堂々と銀行に押し入って脅し文句を言う夫に妻が惚れ直したり、彼らが同じように少ない年金で苦しい生活を強いられているお年寄りのあいだでいつのまにかヒーローになっているのも可笑しかった。


そして追われる老夫婦と追う警察の人間がどちらも男女のカップルになってて、エミルとヘディのふたりは若いころに一人息子をなくしており、ふたりを追う若い女性刑事のアギは妊娠中。エミルがちょっとだけ火遊びしたことをヘディは咎めることなく流しておしまいなんだけど、アギはが売春婦と遊んだ恋人のアンドルが許せない。この辺の対比が面白い。
人質に取ったアギを開放する際にヘディが言う「(生まれてくる子供を)大事にしてね。かけがいのないものよ」という言葉は子供を亡くした経験をしている彼女しか言えない、他の誰よりも重い言葉だと思いました。ここはほんとに泣けた……。

罪を犯して逃走劇を繰り広げたラストは悲劇になるのが多いですが、苦しい時代を生き抜いたふたりがそう簡単に自爆の最期を選ぶわけもなく。はっきりとは明かされませんでしたが、きっとふたりはあのあと海にたどりついて、海岸で手をつなぎながら水平線を眺めているはず。


ヨーロッパが舞台の映画は年代が遡れば遡るほど、東へ行けば行くほど室内が暗くなり物が少なかったり古かったりするねぇ。


関連記事

コメント

非公開コメント