ダウントン・アビー シーズン6 (Final Season)

Downton Abbey Season 6 (2016)

大団円のグランド・フィナーレでした。そして最終話はお約束のクリスマススペシャルなので、お屋敷には恒例の大きなクリスマスツリーが飾られ、闇夜に浮かび上がる雪の積もるダウントン・アビーのなんと美しいことか。
すべての問題が解決し、誰も死ぬことのなかったファイナル・シーズン。こういうお話はいつまでも続けられることもできるし、いつやめてもいいストーリーかなと思うので、S6で終了でも私は特に不平不満なく満足でした。いいドラマだったね。

そして意外や意外、印象に残った人物はと問われたらトーマス・バロウなんだよねー!S1のトーマスはオブライエンさんと組んでさんざん色々なことをやってましたし、グランサム卿と親しいベイツさんを目の敵にしていたのですが、いまや改心してすっかりいい人に。おそらくパーキンソン病を発症したであろうカーソンさんの後を継ぐことになったのは、なんとトーマス!というくだりには非常に驚きましたが、カーソンさんにせっつかれ就職活動をして、新しい屋敷で働きはじめたトーマスはしかし暇すぎてやりがいを感じられることがなく、ダウントンを懐かしく思っているようで。
まぁカーソンさんから見たら自分の後釜がトーマスって絶対気に入らないだろうなとは思うけれど、でもでもトーマスは自分の性的傾向が理由でずっと悩んで自分に自信が持てない人物なので、せめてダウントンで生き甲斐と居場所を見つけてくれれば、と思う。それに伯爵の提案でトーマスが後を継ぐことに決まった時「私が彼を育てたんですから」という言葉はちょっと心打たれました。
メアリーの息子ジョージはトーマスによくなついてたし、トーマスって子供と遊ぶの上手だよねー!お屋敷のこともよく知ってるし、なんだよ実はものすごく適任な人物じゃん。
ずっと先の未来に、カーソンとメアリーの関係がそうであったようにトーマスもまたジョージ坊ちゃまの成長を見守りながらずっとダウントンにいてお屋敷とともに年老いていくんでしょう……?やばい、想像しただけで泣けてくる……。


良質なドラマを最後まできっちり放映してくれたNHKさんありがとう!そして吹替のうまさには本当に楽しませてもらいました。声優のみなさんありがとう!
全6シーズンあったドラマ。でもやっぱりいちばん印象に残った台詞はあれですね。バイオレットおばあさまの「しゅ、週末って何?」でした!




関連記事

コメント

非公開コメント