シャーロック シーズン4

Sherlock Season 4 (2017)

Ep03のラストシーンを見たら、このドラマはもうこれが最後でいいかなって。
あとEp03は森博嗣の「すべてがFになる」だなぁと思った。日間賀島~。

……うーん、原作があって、それはとても有名な「シャーロック・ホームズ」で、そして私はまったく原作に詳しくないしあれこれ細かい点を突っ込むことなどできないのであくまでドラマの感想だけど。
……あのね、メアリー、出しゃばりすぎじゃないですか?死んでなおDVDや幻影として出てくるし、Ep02では死んだ彼女がジョンにあれこれあれこれ話しかけてくるのがもううるさくてうるさくて我慢ならん!てなって、最後のほうはゲンナリでした……。あれがなければもう少し好意的に見ることができたと思うのですが。
彼らの周りには友人だったり仕事仲間だったり色んな関係のひとたちがいるんだけれど、シャロとジョンのいちばん近い距離にいる人物が、見ているこちらの共感を得られない人物なのがもう苦しくて苦しくて。違う、そうじゃない、あなたじゃないの!と言いたくなってしまうのです。
ふたりが立ち直る過程がメアリーによって、というのもダメで。今までシャーロックはジョンに依存気味な傾向だなぁと思いながら見てたけど、Ep02見たらジョンもじゃん、共依存じゃん!って。わたしは自立した大人の男が好きです。そのせいもあって、ハドソン夫人のかっこよさが際立ちました。男前じゃー!
ジョンも妻を亡くして悲しみにくれているのは分かるけど、育児に向き合わずロージーのお世話を他人に任せてしまってるのでなんだよ男はいい身分だよなぁと正直思いました。

んんー、きっと私だけじゃないと思うけれど、S1、2の時のような、事件が起こってシャーロックとジョンのふたりで解決をする。レストレード、ハドソン夫人、マイクロフト、モリー、アンダーソンといった人たちが彼らを取り囲み、その人たちと関係を築き上げ、それが様々なかたちに変化していく、そういうドラマじゃダメなのかな?私の頭が悪いからだんだん話が難しく複雑になっちゃって、以前のような展開を求めちゃうのかな?

それにしてもS4は画像の美しさが非常に際立っていました。特にEp02における青色は素晴らしく美しかった。
あと、ふたりが会話をしながら夜通し街を歩くっていうのが個人的に大好きなシチュエーションなので(「ビフォア・サンライズ」(1994)は最高ですね)、シャーロックとフェイスのふたりが夜~夜明けのロンドンを歩き回るシーンが大好き。

個人的にはEp02に出てきた台詞、
"Your life is not your own. "
きみの命はきみのものではない
は他のドラマの別の登場人物のことを思い出して胸にずっしり来ました。色んな意味で。

派手に爆破された221bはもとどおりに修復され、またこの部屋を依頼人が訪れては事件を解決していく様子が描かれたけど、引っ越したりシャロとジョンの関係が解消されるのではなく、ふたりの関係はあの爆破でいったんリセットされて、再び同じ場所で一緒にやり直すことを意味していたと思うな。

モリアーティの吹替はなんとマーベル映画のコールソン役でおなじみ、村治学さんでした。言われてようやく気付いた次第。全っ然違うね!さすがプロのお仕事です……感嘆。

ハウス・オブ・カード シーズン2

HouseOfCardsS2-poster.jpg


House of Cards Season2 (2014)


ほんの出来心で無料で配信されている1話目だけ見たらば。
いきなりゾーイ・バーンズが地下鉄の線路に突き落とされて殺されたのには本当にびっくりで、いったい続きはどうなるのかと気になって仕方なくて、結局一気に見てしまいました。13話なのであっという間でした。
しかしゾーイが殺されるとは思わなかったので何度も言いますがあのシーンは心臓飛び出るくらいびっくりしたし、これでフランクは2人殺したのかよ……!と思うとすげー怖い。こんなやつが大統領でいいのかよって。これほんと政治ドラマという名のホラーだよ。
で、私はゾーイが殺されたことで仕事仲間であり恋人だったルーカスとその同僚ジャニーン、そして首になった元上司ハマーシュミットの三人でフランクを調査して追い詰めていくのかなと思ったんだけど、ルーカスはFBIに捕まっちゃうしハマーシュミットは直接フランクと会って記事を見せたけど、逆に脅しに屈してしまったのかな……そのあと出てこなかったので。ちょっとここは残念に思った。また出てくると嬉しんだけど。

それにしてもフランクとクレアの夫婦、見応えはあるけど彼らのやっていることにとても同情はできないし応援する気にもなれない。アダムやメーガンの件については自分たちの有利になるよう先に発言して後から当事者にごめんって謝ってもそんなの言ったもん勝ちなわけで、あとからしれっと謝罪するスタイルはつくづくずるいよなと思う。
私はこのドラマはフランクが大統領の座に就くまでの過程を丁寧に描くのかなと思っていたので、S2のラストでもう就任したことには驚きましたが、トップに上り詰めたなら今度はそこから転落していく姿を見たいよねぇ。誰が足を引っ張るのか。誰が真実を暴くのか。誰がフランクの犠牲になるのか。
フランクのあの癖、木製のものを2回ノックして幸運を祈るあの仕草、いつかどこかで決定的な表現として使われるような気がするんだよね。

このドラマで私は誰が好きかといえば実はダグ・スタンパーだったりする。彼は根が優いんでしょうね。かくまっているレイチェルに恋心を抱くようになってしまい自分でもどうしていいか分からなくて揺れるのが見ててたまらない~。断酒して10年以上ですが、頑張れって応援したくなるし、立ち直らせてくれたフランクに恩があっての忠実な部下ではありますが、いやしかしこの先どうなるのかな~。ダグがもし裏切ったり見切ったり寝返ったらフランクはけっこうダメージ大きそうじゃない?
アル中だった頃のダグのエピソードを見たいなと思うほどに(もちろん演じるのはマイケル・ケリーで!)、ダグラス・スタンパーが好きです。


他に気になったこと。ルーカスがコンタクトを取ったハッカー役にジミ・シンプソン。すっごくびっくりした!でもこの人「ホワイトハウス・ダウン」(2013)でもハッカー役だったしPOIではSNSのCEOだったし、なんていうかこの人はIT系に合う顔なんだろうか?
このドラマ他にもPOIに出てきた人いっぱい出てくるよね?S1ではスノウ捜査官役マイケル・ケリーとハーシュ役ボリス・マクガイバーが出てたけど、続くS2では前述のジミ・シンプソンだけでなくアリシア・コーウィン役エリザベス・マーベルも。

エージェント・オブ・シールド シーズン3

Agents of S.H.I.E.L.D. Season 3 (2016)

ハンターとボビーがいなくなったり、死んだウォードが体を乗っ取られてハイヴとして復活したりとか、今シーズンもいろいろあったけれど、S2までとは違い、ヒドラやインヒューマンズとの関係がメインになってきて私にはもうあんまり面白みがなくなってきたので来シーズンは見ないかなと思いました。
全体を通した感想はないですが印象に残ったエピがいくつかあったのでそのあたりだけ書き留めておこうかと。

なにがすごいって、Ep05の「4722時間(4,722 Hours)」が非常に秀逸な話で、久しぶりに「ドラマという43分間の枠でここまでできるとは!」と驚かずにはいられないエピソードでした。こういう話を考えて、それを実際に映像で表現してしまうアメリカのドラマはやっぱりすげーやと思いました。何もない星でなんとしても生き抜くシモンズが本当に素晴らしく、それでいて心細い感じも表現していて、このエピで今まで以上に彼女を好きになりました。
あの星で何年もひとりで生き抜いてきたウィルが、コールソンたちが助けに来たときにはもう殺されていたのはとても悲しかった。彼を元の世界に戻してあげたかったです。

そしてS3でものすごく成長したのはフィッツ。S3冒頭でモロッコに向かったフィッツがちゃんとジャケットとタイを着用して目的地に乗り込む姿に成長したな、男になったなー!と思いました。
そして扉の向こうの世界に行ったフィッツはとうとうウォードにとどめを刺します。彼を殺すのはフィッツというのはすごく理に適っていると思う。S1ではフィッツはウォードを慕っていたけれど、彼はフィッツが思うような理想の人物ではなかったんだよね……バス(S1でシールドが基地にしていた飛行機)の部屋に閉じ込められシモンズと一緒に部屋ごと海に落とされたとき、フィッツはウォードのことをどう思っていたんだろうか。私怨とはちょっと違うけれど、でも海に落とされた後遺症に悩まされ、それでもそこから苦しんで、でもがんばって持ち直したフィッツは、ウォードを断罪する正当な理由があると私は思ったのです。
そのウォードが謎の生物に体を乗っ取られて復活したのは、まぁそうだろうなとは思いました。ウォードと演じるブレット・ダルトンってたぶんレギュラーメンバーの中ではかなり人気あるだろうから、その彼をそう簡単に降板させることって絶対ないと思うんですよ。彼の立ち位置は「ブラックリスト」におけるトム・キーンと演じるライアン・エッゴールドに似てるなとも。でもS3ラストでは大気圏を出て行ってさらに核弾頭爆発ですから、さすがに二度目の復活はないかな。
ちなみに第一話のウォードってどんなんだっけなと久しぶりにパイロット見たら、わぁ若~い!てなった。けっこう変わるもんですね。

そしてハンターとボビーの降板。私はときどきお茶目ででも普段は口の悪い(笑)ランス・ハンターがとても好きで(そしてなぜかジャージ姿が多かった)、その元妻のボビーとのかけあいもすごく好きだったのですが、まさかのEp13で降板でした!これは本当にショックだった。もうあのふたりが見られないなんて、しかも突然のことで、嘘でしょ!?と。そしてこのエピソードもストーリーが素晴らしいだけでなく、ライティングの青が本当にきれいで、去りゆくボビーとハンターを輝かせるかのように、ふたりがとても美しく撮れていて、うっとりしました。
今後シールドとは一切かかわらないという条件で処刑を免れロシアから出国できたボビーとハンター。インターポールからずっと監視されているせいで、ふたりに接触できないシールドのメンバーは、バーの席にばらばらに座り、ふたりにショットグラスのお酒を奢って杯をかかげ、別れを告げます。これがもう号泣せずにいられないシーンで。見てるこちらはもちろんメンバーのうちマック、シモンズ、デイジー、ボビーも涙を見せるのですが、これは決して役の上だけではなく、演じてる俳優の感情から生まれた涙かなと思う。というか、そう思いたい。それほどまでに心動かされた名シーンでした。さよならボビー&ハンター……!

imdb見たらハンター役ニック・ブラッドはイギリス人なのですねー。そしてトップページの彼の写真、めっちゃ男前……!(ちょっとジョナサン・リース・マイヤーズっぽいかも?)

フィッツの男があがり、お笑い担当のハンターがいなくなったので、今後は終盤に登場したジョン・ハナ演じるラドクリフ博士がその役目を担うのかなぁ。
デイジーとリンカーンの絆というか、どちらかというと恋模様かな、こちらはあまり関心がなかったのでシーズンフィナーレも私にはあまり響かなかった。そのデイジーはどうやらシールドを出て行ったみたいですが。

アメリカのドラマはS3から大きく方向転換するのが多いかなぁという印象。それについていければその先の視聴も楽しいのかも。



LOST シーズン6 (ファイナル・シーズン)

lost-finalseason


LOST Season 6 (2010)


ついに完走しました!といってもS1は未見なので本当には完走してないんだけど最後までは見たよということで。そして、なるほどラストはこう持ってきたのねと納得はできました。ジャックが島に残ることに固執する理由が、自分にはこの島で役割がある、と考えていたのはS5でも示されていたけれど、その使命はジェイコブの後を継ぐことではなく、島を守るために自分が犠牲になり、本当の後継ぎはハーリーに託した、というのには驚いた。今までリーダーだったジャックが僕は残る、飛行機には乗らない、帰らないって意固地になって言い始めるのは正直違和感があったけれど、振り返れば、お話の幕を閉じるには彼の死はふさわしいと思う。ジャック自身の意志はともかく、彼はずっとリーダーだったからジャックがラストを〆ました感があってよかった。

フラッシュサイドウェイズの描写は、んー、どうなんだろう……やはり必要だったのかな。リビー、チャーリー、アナ・ルシアといった、シーズン途中で姿を消した懐かしい面々をふたたび拝見できたのは嬉しかったですが。オーシャニック航空815便がもしL.A.に無事到着していたらどうなっていたか。そこから先は誰もが決して幸せな道を歩めたわけではないんだけど。なんかね、私はもし飛行機が落っこちなかったら、少なくとも誰の助けも来ない、どこにあるのかも分からない、何もかもが怪しい島に着いてそこでサバイバル生活を送るよりは絶対幸せな人生を送れたんじゃないかって思ってたのですが、そうでもないんだよね……。飛行機が落ちても落ちなくても彼らの人生は辛かったり不幸なままで、そうたいして変わらなかったようで。
島での生活は過酷で、結局は最後まで自分ではなく島とそこに住むジェイコブの意志に翻弄されるままだったけれど、でもその島で誰かに出会い、その人を大切に思い愛するようになった、そんな相手が見つかったという意味では人生にいちばん大切なものを見つけられた、ということを言いたかったのかな。愛が大切だよってことが6シーズンかけて言いたかったことなのかな、と。きっぱりとは言い切れなくてあいまいな感想ですが。
ただ、ジェイコブには実は双子の弟がいたことが描かれたあたりで、あーこれはキリスト教の考えに基づくお話だな、と分かったので、私はこのドラマに対しての理解はたいして深くはありません。ラストでジャックがロックに刺された場所は脇腹だったしね。父のクリスチャン・シェパードと息子のジャック・シェパード、どちらも意味深な名前だし。そういや名前と言えば、ロック、ルソー、ファラデー、みんな著名な学者の名前ですね。

あとは雑感。
島の人を襲うあの黒い煙の正体はジョン・ロックだったのにはびっくりでしたが、黒いもくもくは誰かの体を借りて人の姿になってるってことで合ってる?ロックの姿をしているのは、ロックが死んだから彼の体を自由に使えるようになったってこと?
島を出るにはメンバー全員が揃ってないとだめ、って劇中で何度も言われてたのに、サイード、サン、ジンとどんどん死んで行っちゃうから、いやいやこれじゃ出られないのではと思った。
島から出るのはオーシャニックの乗客だけだと思ってたのですが、マイルズやリチャードも一緒だったんですね。そして機長のラピーダス。飛行機を飛ばすには彼がいないと話にならないから絶対外せないキャラクターだったかとは思いますが、思うにこの人、島の運命とはまったく関係ないのにいちばん派手に巻き込まれた人物ではないかと。なのに案外ひょうひょうとして生きてるし。彼の生き方はちょっとうらやましいかも。
そのラピーダスが操縦桿を握って飛ばしたアジュラ航空の飛行機。息を引き取る直前、竹林に体を仰向けにしたジャックが見上げた空に飛んで行った飛行機。あれは無事飛んで行ってどこかに着陸したのでしょうか。
ファイナル・シーズンでやっとチャールズ・ウィドモアが島にやってきて、今頃になってようやく島に来たの!?という印象はあった。でも彼の最期は素晴らしかったねー。まず彼の隣に立つナンバー2のゾーイはロックにあっさり首を切られて死亡だし、ロックの隣にいたベンもベンで躊躇なくウィドモアを撃ち殺したのには、驚きましたが正直すっきりもしました。ベンはついに娘の復讐を遂げたんですね。ロックとベンの人を殺すことに対するこの迷いのなさってやっぱりすごく似た者同士だなと思う。
島を守る後継者にハーリーがなったのは正直びっくりしました。彼の良いところは自分をよく見せよう、かっこよくなろうっていうのがなくて、私はそれがとても好きで。だから同じく島に残ると決めたベンに「ここをよく知る人の手助けが必要なんだ。手伝ってくれる?」って素直にお願いできるし、それを聞いたベンはすごく驚いていたけれど、でも彼は今までずっと思いが報われなかったのがここでようやく初めて誰かに頼られ、役に立てる存在になれて嬉しかったと思うよ。ベンはもう裸の王様ではないね。
ラストの教会。ここで島に関わったメンバーが全員集まるんだけど、彼らは全員どこかの時点でもう死んでいる。そしてベンだけは「外にいる」と言っていたので、彼はハーリー亡き後、島を守って今も生きていると解釈してます。

S6は島の歴史となぜジェイコブが島を守らないといけなくなったのか、ということに時間が割かれたので、目まぐるしく変わる人間関係や力関係の変化が少なかったのはちょっと寂しかった。そういう意味では全話通して一番面白かったのはS2、3、4でした。ジャックとソーヤー、協力し合う時もあれば反目することも多々あって、私はこのふたりのいざこざや連帯はすごく面白かったし、だからこそラストの教会で肩を抱き合う姿はすごく泣けました。


さてシーズン通して好きなキャラクター、印象深い人物を挙げてと問われると、とてもひとりには絞れないのですが。
ソーヤー……1974年に吹っ飛ばされてからのソーヤーが実はすっごく好きで。ダーマ内で頼れるリーダー格にまでなってて性格も前より落ち着いた感じになってたんだけど、でもそれは明らかにジュリエットのおかげだと思うのです。そしてあの口の悪さ、とてもとても好きです(笑)。あと、よく眼鏡をかけてるのですが彼は近眼なんですか?さすがに老眼鏡って年じゃないよねぇ?
ジュリエット……彼女は島を出たい、元の生活に戻りたいってずっと願っていたのに結局最後までその願いはかなわなかったのが私は本当に悲しかった。なんとしても島を出て姉と甥っ子に会わせてあげたかった。S6では死んだはずのサイードが生き返ったのにジュリエットは死亡だなんて、それって単にソーヤーとの関係を悲恋に終わらせたかったからじゃないの!?と思えてちょっと腹が立ちました。
サイード……好きではないんですが、印象深いという意味で。彼、ほんと強いしだいたいのことはこなせるので、無人島にひとりになっても絶対生きぬける人物ですね。
ダニエル・ファラデー……実は彼の体型がめっちゃ私の好みです!うん、それだけ!!(笑) こういうひょろっと痩せっぽちでしゅっとした男性大好き。いつもきちんと白いシャツを着て細身のネクタイを締めてたのも超好み。ふふふふふ。
ベン・ライナス……多分このドラマ内でいちばん数多く殴られてた人。フラッシュサイドウェイズの中でも善人にも関わらず相変わらず殴られてたからさすがにちょっとかわいそうになった。
私、もしLOST→POIの順で見てたら、このフィンチって人、本当は悪い人なんでしょ、きっとS1ラストあたりで本性が明かされるに違いない、くらいには思いながら見てたかも。それくらい強烈なヴィランだったし、そして何と言ってもあの目力!何もかも見透かしているようで怖いくらい。JJとPOIの製作陣は、あの目はすごすぎるから今度の役には眼鏡を掛けさせとこうって考えたね絶対。


下記のサイトで島の地図が紹介されてて面白かったので。
人気テレビシリーズ「LOST」を鑑賞する時、お手元に!!、プロのカルトグラファーが作った謎の島の完璧な地図!!

あとNG集も楽しませてもらいました。シリアスなドラマであればあるほどキャストが出すNGはギャップがあって面白い……大好き……。


ワイアット・アープ、ジェシカおばさんの事件簿 S11Ep16

カテゴリはdramaに突っ込んじゃいましたが「ワイアット・アープ」は公開翌年にすでに視聴済なのでいいかな、と。

Wyatt Earp (1994)

「ダンス・ウィズ・ウルヴス」、「ロビン・フッド」、「JFK」、「ボディガード」と、当時出る映画出る映画どれもヒットを飛ばしまくり、「アメリカの良心」とまで呼ばれていたケヴィン・コスナー主演の西部劇。私は前述の映画はすべて映画館で観てますが、これだけは観てないんだよ~。ウエスタンなうえに、上映時間がなんと3時間11分。さすがに長すぎる……。
アメリカ人男優にとっては、いちどは古き良きフロンティア時代の話に出演するのは夢や憧れなのかな~と思いました。バッジを付けた保安官が街を治め、馬に乗り銃を撃ち、先住民や荒くれものと戦うっていうお約束なシーンが満載なのはもちろん、ワイアット・アープという多分アメリカ人ならだれもが知ってる正義の人物を演じたいって思う人は多数いるんじゃないかな。
当時売れっ子のケヴィンの元にはきっと脚本は山のように届いてただろうし作品は選び放題だったと思いますが、その中からこれに出演を決めたのも、そんな理由だったんじゃないかな、とまぁこれはあくまで私の勝手な想像ですが、でもあながち間違ってないような。
しかし映画としてこれはどうなの?面白いの?わたしにはさっぱり分からないんですけど!?さらにこの時代特有の衣装がみんな似たり寄ったりで、そのうえカウボーイハットをかぶるととたんに人物の見分けがつかなくなってしまって誰が誰だかよく分からん!と逆ギレ状態。
ということで、確かこれ公開翌年に友人が貸してくれたソフト(2本組のVHSテープだった)を見たんだけど、途中で寝た……(笑)。大好きな俳優が出ていても睡魔と退屈さにはどうやっても勝てませんでした。
そして今回久しぶりに(なんと23年ぶりだ!)に見たけど、やっぱり退屈だった……(笑)。しかもワイアットの兄弟姉妹がやたらとたくさんいて(全部で9人だったかな?)、ワイアットの身に危機が迫ったり兄が死んだりとなにかしらあるたびに弟たちが順番に現れるもんだから、だんだん誰が誰だかごっちゃになってくるという始末。
で、カヴィーゼルはアープ兄弟の末っ子ウォーレン役で、公開当時26歳(おそらく撮影時は24、5あたりかと)。わっかーい!ていうか可愛いぞ~!そして若い時からダークな色合いの服が似合う人だったんですねぇ。終盤ほんのちょこっとだけ登場の、多分合計10分もないくらいの出番でした。




で、彼はこのあとドラマ「ジェシカおばさんの事件簿」に1話のみゲスト出演しているのですが。

Murder, She Wrote S11Ep16 "Film Flam" (1995)

カヴィーゼルはハリウッドスターを目指す新人俳優のダリル・ハーディングという役なんだけど、売れなくてお金もなければ住むところもないからL.A.に数あるスタジオ倉庫のうちのひとつに不法に侵入してセットの片隅で寝泊りしてる超貧乏な駆け出し俳優。それをスタジオを警備してる人間に見とがめられて、スタジオ会社のお偉いさんらしき人物に「そいつはどんなヤツだ?」って訊かれた警備員が「若くてケヴィン・コスナーみたいな感じでIDはつけてなかった」って言うんですよ。これって絶対「ワイアット・アープ」の楽屋落ちネタだと思うんだよね。なので私はこの台詞に爆笑しちゃいました。
ダリルは映画会社の社長を親に持つ女性と知り合いになって、その彼女から「父に紹介するわ」とコネを作る絶好のチャンスが到来したというのに「誰の助けもなく実力で成功したいんだ」とか言っちゃう超ピュアな青年で、もう見てるこっちの背中がむずむずしてきそうなくらい純粋な役でした。かわゆい。

「ジェシカおばさんの事件簿」はずっと昔NHKで放映されていたのをたま~に見てたけど、てっきりイギリスのドラマだと思ってました。多分ポアロとかミス・マープルといったミステリードラマと一括りにしてたんだと思う。ファンが聞いたら怒りそうな勘違い。